海外旅行や海外出張、留学の準備で確認しておきたいのがコンセントの種類電圧

コンセントの種類は国によって異なるため、日本と違う形状の場合、そのままでは使用できません。

電圧が違う国で日本の電源専用の電化製品を使用してしまうと、ショートして発火する可能性もあります。

そのため、旅行前に訪れる国の電気事情を確認するのが重要です。

そこで今回の記事では…

旅行先のコンセント形状や電圧が知りたい
海外で日本の電化製品を使いたい
変換プラグの選び方が知りたい
こういった疑問にお答えします。

海外のコンセント形状について

コンセントの形状はそれぞれの国によって異なり、種類が違うコンセントには挿すことができません。

主要なコンセントの種類は6タイプに分けることができます。

細かく分けるとさらに、それぞれの形状からさらに枝分かれした亜種のコンセントもありますが、6タイプが主要なコンセントの種類になります。

日本の場合は、『Aタイプ』で統一されています。

Aタイプ…日本、南北アメリカ、台湾、中国など

BFタイプ…イギリス、シンガポール、香港など

B3タイプ…インド、モンゴル、ケニアなど

Cタイプ…ヨーロッパ、韓国、インドネシア、タイなど

SEタイプ…フランス、韓国、インドネシアなど

Oタイプ…オーストラリア、ニュージーランド、中国など

*最後にそれぞれの国のコンセントタイプと電圧をまとめた一覧表があります。

国によっては、数種類のコンセントが使用されているところもあります。

そして、日本のAタイプのコンセントの場合、他のタイプのコンセントプラグには挿し込めません

そのためコンセントの種類が違う国に海外旅行で行く場合は、その国の種類に合ったコンセント変換プラグが必要になります。

海外旅行にはマルチ変換プラグが便利

1つのコンセント形状に対応した単体の変換プラグは300円前後で販売されています。

ただし、海外旅行の目的地に合わせて、毎回コンセントの種類を調べたり、買いに行くのも面倒ですし、変換プラグは種類が増えると荷物としてもかさばるようになります。

  • 1,2年に1回は海外旅行に行く
  • いろいろな国に行ってみたい

という方におすすめなのがマルチ変換プラグです。

マルチ変換プラグを1つ持っているだけで、世界中のほぼすべてのコンセントに対応できるようになります。

世界158カ国以上で使用可能

便利!
世界どこでも持って行ってます。便利。
韓国などの奥ばったコンセントにも刺さる。他の四角いタイプは刺せません!これはいい。

海外の電圧について

日本のコンセントに流れる電圧は100Vです。

ただし、世界的には100Vはかなり特殊…。

スタッフ
日本の他には、台湾やメキシコ、エクアドルなど中南米の国々が110V。その他の国や地域は、アジア・ヨーロッパ・北米どこでも基本的に220V~240 Vです。

 

そのため、100V電圧の電化製品を海外で使用するためには、高い電圧を100Vにするための変圧器が必要になります。

ただし、変圧器を購入する前に、使用する予定の電化製品の対応電圧を確認しましょう。

全世界対応の電子機器は意外と多い

現在販売されてる電化製品の多くは、海外の電圧にも対応しています。

iPhoneの充電アダプターを例に見てみましょう。

(画像参照:Apple

アダプターには、以下のような表記があります。

Input: 100-240V 0.45A 50-60Hz

対応電圧が『Input:100~240V』とあり、これは電圧が100Vから240Vであれば使用できることを意味します。

つまり、基本的に世界中のどこに行っても、アップル製品の充電に変圧器は必要ありません。

他のメーカーのスマートフォンやシェーバーなども全世界対応になっている場合が多いです。

海外旅行に持っていくつもりの電子機器や充電アダプターに表記されている対応電圧を確認して、変圧器が必要かどうか判断しましょう。

電圧の対応範囲が『Input:100V』とあれば、日本の電源専用なので、海外で使用するには変圧器が必要です。

長期滞在なら小型変圧器があると便利

どうしても旅行先で100V電圧の電化製品を使用しなければならない場合や、海外出張や海外留学で長期間海外で過ごす場合には、小型の変圧器が一台あると重宝します。

筆者も3年ほど愛用しているのがBESTEKの変圧器です。

電子機器と相性の良いBESTEKの万能変圧器

 関連記事:おすすめの海外用変圧器|3年使ってわかったBESTEKを正直レビュー!

変圧器は使用したい電化製品の消費電力(W)と、使用したい電化製品の種類に応じて選びます。

 関連記事:変圧器の選び方|海外10年目が伝授!3ステップで選ぶ旅行用変圧器

海外旅行先で人気の国別一覧 コンセントの種類&電圧

国別の一覧から、旅行で訪れる予定の国のコンセント形状と電圧を確認しましょう。国名をタップすると、その国の電気事情に関する詳細情報が確認できます。

また、各国の大使館や観光省が用意している観光用のページも「観光情報」のボタンをタップして確認できます。旅行計画にお役立て下さい。

アジア・オセアニアのコンセント&電圧

国名電圧コンセントプラグ形状観光情報
韓国220VCタイプ/SEタイプ
タイ220VAタイプ/B3タイプ/Cタイプ
シンガポール230VBFタイプ
マレーシア220VBFタイプ
中国220VAタイプ/Oタイプ
台湾110VAタイプ
インド220V-240VBFタイプ/B3タイプ/Cタイプ
フィリピン220VAタイプ/B3タイプ/Cタイプ
ベトナム220VAタイプ/Cタイプ
オーストラリア220V-240VOタイプ

アメリカ・カナダのコンセント&電圧

国名電圧コンセントプラグ形状観光情報
アメリカ110Vー120VAタイプ
ハワイ120VAタイプ/Bタイプ
カナダ120VAタイプ

ヨーロッパのコンセント&電圧

国名電圧コンセントプラグ形状観光情報
イギリス240VBFタイプ
イタリア220VCタイプ
フランス220VCタイプ/SEタイプ
スペイン220VCタイプ
ドイツ230VCタイプ/SEタイプ
ロシア220VCタイプ
ベルギー220VCタイプ/SEタイプ
ポルトガル220VCタイプ/Fタイプ
スイス230VCタイプ/Jタイプ

中南米のコンセント&電圧

国名電圧コンセントプラグ形状備考
メキシコ110VAタイプ
ペルー220VA/C/SEタイプ
ブラジル110V/127V/220VC/Nタイプ
ジャマイカ110VA/Bタイプ
アルゼンチン220V~240VO2/O/Cタイプ
エクアドル120VA/Bタイプ
バハマ120VA/Bタイプ
チリ220VC/Lタイプ
ウルグアイ220VCタイプ

コンセント形状&電圧を確認して、快適に海外旅行を楽しもう

国によってコンセント形状と電圧は異なります。

そのため海外旅行の前には、必ずその国の電気事情を確認するようにしましょう。

必要に合わせて変換プラグや変圧器を用意して、快適に海外旅行を楽しみましょう。

国別一覧|海外旅行のコンセントの種類と電圧の違いについて
4.5 (90%) 2 votes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう