ベルギーの電源事情
コンセント C・SEタイプ/電圧 220V/周波数 50Hz

海外旅行の準備で確認しておきたいのが現地のコンセント形状と電圧。

ベルギーはどちらも日本と違うので、事前にしっかり必要なものを用意して、到着してから困らないようにしましょう。

ベルギーのコンセントは?変換プラグは必要?

ベルギーでは、CタイプとSEタイプのコンセントが混在しています。

どちらも丸ピンタイプのコンセント形状なので、日本のAタイプのプラグを挿し込むには変換プラグが必要です。

ただし、変換プラグは、CタイプとSEタイプの両方を用意する必要はなく、Cタイプだけで大丈夫です。

変換プラグはCタイプを用意

CタイプとSEタイプの違いは、ピンの直径だけです。

Cタイプが直径4mm、SEタイプが4.8mmなので、SEタイプの方がよく見ると少し太くなっています。

それ以外のピンの長さや間隔は、全く一緒です。そのため、SEタイプのコンセントにもCタイプのプラグに挿し込んで普通に使用できます。

Cタイプの変換プラグ→Cタイプ・SEタイプどちらにも対応!

Cタイプの変換プラグだけ用意しておけば、どちらにも対応できるので困りません。

Cタイプのみに対応した変換プラグなら、日本メーカーのものでも1個200円~300円ほどで購入できます。

海外旅行の必需品

ベルギー以外にも周遊旅行で他のヨーロッパの国を訪れる方や、海外旅行で他の国にも行ってみたい方は、1つで世界中のコンセント形状に対応できるマルチ変換プラグを購入したほうが、荷物が少なく、リーズナブルかもしれません。

コレ1つで世界中のコンセントに対応

スタッフ
変換プラグを万が一破損・紛失すると、旅先で電子機器の充電が全くできなくなって大変困ります。予備も含めて2つは用意しておきましょう。

100均の変換プラグはイマイチかも…

実は100均のダイソーでも変換プラグは販売されています。

値段はもちろん100円です。

ただし、筆者も100均のトラベルグッズはいろいろ活用していますが、変換プラグに関しては…あまりおすすめしていません

普通に使えるものもあるにはるのですが、緩くて勝手に抜けてしまうものや、差し込みづらいものもあります。

海外で変換プラグが普通に使えないと本当に困ります。しっかりしたメーカー製のものと100円前後の差なので、海外旅行で快適に過ごしたいなら、日本メーカーのちゃんとしたものを購入することをおすすめします。

ベルギーの電圧は?変圧器は必要?

ベルギーの電圧は220Vです。

日本の電圧が100Vなので、2倍以上の差があります。そのため、日本の100V電源用の電化製品などを使ってしまうと、「ボンッ」と音をたてて一瞬で壊れます。最悪の場合、発火したり、ホテルのフロアが停電になったりするので気をつけましょう。

日本の100V電源専用の電化製品をベルギーで使用するには、変換プラグとは他に、電圧を下げるための変圧器が必要になります。

関連記事:変圧器と変換プラグの違い|海外旅行の豆知識をおさらい

ただし、海外旅行でよく使う電子機器の多くは、全世界の電圧に対応しているマルチボルテージ仕様なので、変圧器は必要ありません。

iPhoneなどのスマートフォンは全世界の電圧に対応

iPhoneを例に、電子機器の電圧の対応範囲を確認してみましょう。

対応電圧は、電子機器本体や充電アダプターに表記されています。

iPhoneの場合は充電アダプターのプラグ部分です。

(画像出典:Apple

Input:100-240V 1A 50-60Hz

対応する電圧について『Input:100ー240V』と表記されています。これは100Vから240Vの電圧で使用できるという意味なので、iPhoneはベルギーでも変圧器に繋げずに充電してしまって問題ありません。

他にもスマートフォンやモバイルバッテリー、デジタルカメラ、海外WiFiのルーターなどは、全世界の電圧に対応している場合が多いです。

ベルギーで使用する予定の電子機器を確認してみましょう。

逆に、対応電圧のところに『Input:100V』とあれば、日本の電源専用なので、ベルギーで使用するには変圧器が必要になります。

関連記事:変圧器の選び方|海外10年目が伝授!3ステップで選ぶ旅行用変圧器

海外に持って行きたい物の中で、100V電源専用の場合がほとんどなのがドライヤーです。

ドライヤーは海外の電圧対応を用意!

海外ホテルの備え付けのドライヤーは風量がイマイチだったり、使いにくかったりで、日本からドライヤーを持って行きたいという方も少なくありません。

ただし、日本のドライヤーはほとんどが100V電源専用です。

そして消費電力が大きいため、ドライヤーが使える変圧器となると、大きい・重い・高いため、旅行用としてはあまり現実的ではありません。

日本で普通にドライヤーを買うような値段で、海外の電圧にも対応したものも購入できるので、海外旅行好きの方は1つ用意しておくと、重宝しますよ。

コンパクト&大風量のベストセラー

旅行にピッタリ

変圧器内臓のため、200Vの地域でも変換プラグさえあれば使用できた。
大きさもコンパクトだが風量も十分で、旅行用として十分満足できる。
国内のホテルでもこれより風量の弱いドライヤーしか置いていないところも多いため、海外以外でも活躍するだろう。


コンセント・電圧について確認を忘れずに

ベルギーのコンセント事情についてまとめてみると、

コンセント形状 C・SEタイプ/電圧 220V/周波数 50Hz

となります。

日本とはコンセントの形状が違うので、変換プラグは必須アイテムです。変圧器は必要に応じて持っていくようにしましょう。

また旅の前には、外務省が用意している海外安全情報のご確認をお忘れなく。

安全で楽しい海外旅行を!

▼ワンコイン価格でCD付き!トラベル英会話はコレ1冊で大丈夫ですよ。▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう