タイのコンセント形状はAタイプ・B3タイプ・Cタイプの3種類。電圧は220V

コンセント Aタイプ・B3タイプ・Cタイプ/電圧 220V

海外旅行で必ず確認が必要なのがコンセント形状電圧

タイの場合は複数のコンセント形状が混在していたり、電圧が日本と違うため、事前に準備しておかないと『持ってきた電子機器が使えない…』なんてトラブルになる方もいます。

必要になる変換プラグや電圧事情をわかりやすくご紹介するので、タイ旅行の準備にお役立てください。

タイはいろいろなコンセント形状が混在

タイで使用されているコンセント形状はAタイプ・Cタイプ・B3タイプの3種類です。

Aタイプのコンセントは日本と同じ形状なため、海外対応の電子機器ならそのまま変換プラグなしで挿し込めます。

他に2丸ピンのCタイプと3丸ピンのB3タイプのコンセントもあり、形状が違うため本来は日本のプラグは挿し込めませんが、タイのホテルなどでは3タイプとも使用できる凡用型のコンセントが設置されている事が多いため、タイ旅行では変換プラグはなくても困らないことがほとんどです

ただし、歴史のあるホテルなど行くと、時々Aタイプのコンセントがなかったり、口数が少なくてスマートフォンやデジタルカメラなど複数のデバイスを充電するのに困ることがあります。念の為、変換プラグを用意しておくと安心かもしれません。

変換プラグはネット通販などで、200円~300円ほどで販売されています。

100均の変換プラグはちょっと不安かも…

実は、最近では、ダイソーなどの100均でも変換プラグが購入できます。

もちろん値段は100円です。

筆者も使い捨てスリッパなど、100均商品で重宝している旅グッズはたくさんあるのですが、変換プラグに関しては、あまりおすすめはしません

確かに普通に使える物もありますが、中には作りが甘くて挿し込めなかったり、挿し込んでも緩くてすぐに抜けてしまう商品もあるようです。

「海外で試したら使えなかった…」となると、本当に大変です。普通の商品とは100円ちょっとの差なので、ここは節約せずにしっかりしたメーカーの変換プラグを購入することをおすすめします。

関連記事:100均のトラベルグッズ|海外ガイドおすすめ13選&買ってはダメな物は3つ!

タイの電圧は220V

日本の電圧が100Vなのに対して、タイの電圧は220Vと2倍以上の差があります。

そのため日本の電源にしか対応していない電化製品をそのまま使用してしまうと、ショートして壊れたり、最悪発火したりする原因になります。

100V電源専用の電化製品を使用するには変圧器が必要です。

 関連記事:変圧器と変換プラグの違い|海外旅行の豆知識をおさらい

ただし、旅行に持っていくiPhoneなどのスマートフォンやデジタルカメラといった電子機器は、全世界の電圧に対応している場合が多いです。

iPhoneなどのスマートフォンなら変圧器は必要なし

スマートフォンやデジタルカメラなどの充電器は全世界対応のマルチボルテージ仕様のものがほとんどです。

電子機器本体や充電アダプターに表記されている対応電圧を確認しましょう。

iPhoneなら、充電アダプターに対応電圧が記載されています。

(画像出典:Apple

Input:100-240V 1A 50-60Hz

対応電圧のところに『Input:100-240V』とありますが、これは100Vから240Vまでの電圧に対応しているという意味なので、220Vのタイでも変圧器を使用せずにそのまま充電して問題ありません

他にも全世界対応のマルチボルテージ仕様の電化製品には以下のようなものがあります。

全世界対応の場合が多い電化製品
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • デジタルカメラ
  • モバイルバッテリー
  • モバイルルーター

海外旅行で必要な電子機器の多くは全世界対応なので、旅行でタイに行く方なら変圧器は必要ない方がほとんどでしょう。

逆に使用したい家電のところに『Input:100V』とあれば、日本の電源専用です。どうしてもタイで使用したい場合には電圧を変えるための変圧器が必要になります。

スタッフ

タイ旅行にはレンタルWiFiがあると便利です。タイの文字はアルファベットでも漢字でもないので、メニューすら読めない事も…。レンタルWiFiがあれば、翻訳アプリや地図アプリをスマートフォンで使えるので旅行がもっと楽しくなります。

タイのコンセント・電圧事情をしっかり確認して旅の準備!

タイのコンセント・電圧事情をまとめてみると、

コンセントはAタイプ・B3タイプ・Cタイプの3種類のコンセント形状が混在しています。電圧は220Vです。

日本とはコンセント形状も電圧も異なるので、旅の前にはよく確認して必要に合わせて変換プラグや変圧器を用意しておくと、タイに着いてからのトラブルを防ぐことができます。

お得な旅のポイント


同じホテル、フライトでも、旅行会社によって料金が数千円~数万円違うこともあります
航空券なら「スカイスキャナー」、ホテルなら「トリバゴ」最安値をまとめて検索・比較できる無料サービスを利用すると、もっとお得に旅行できるかもしれません。

タイを訪れる方は、万が一の時の連絡先の確認や、外務省が用意している海外安全情報の確認もお忘れなく。

在タイ日本国大使館

住所:
バンコク都パトゥムワン区ルンピニ町ウィタユ路177番
177 Witthayu Road, Lumphini, Pathumwan, Bangkok. 10330

電話番号:02-207-850202-696-3002

タイのコンセント・電圧事情|旅行前に日本との違いをチェック!
5 (100%) 1 vote

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう