インドのコンセント・電圧事情
コンセント B3・B・BF・Cタイプ/電圧 220~240V/周波数 50Hz

バックパッカーの聖地と呼ばれ、「行くと人生観が変わる国」とも言われるインド。

海外旅行でインドを訪れる予定の方も多いですが、コンセント形状と電圧が日本とは異なるため、出発前の確認が重要です。

インドの電気事情についてわかりやすくご紹介するので、旅の準備にお役立て下さい。

インドのコンセントは複数のタイプが混在

(画像出典:foxnomad

インドのコンセントは、B3タイプ・Bタイプ・BFタイプ・Cタイプの4タイプが混在しています。

多くのコンセントは、上の写真のように見慣れない5つの穴が付いています。これは、B3タイプとCタイプの凡用型で、どちらも挿し込むことができるようになっているためです。

ただし、場所によってはBタイプとCタイプしか使えない2つ穴形状のコンセントのところもあり、「変換プラグは、これだけあれば大丈夫!」と言えないのが現状です。

そのため、インドを旅行する際には、変換プラグではなく、1つで全てに対応できるマルチ変換プラグを用意しておくと重宝します。

*一応記載してありますが、BFタイプは最近の建物ではほとんど見かけなくなりました。

コレ1つで世界中のコンセント形状に対応

安宿・ホステル滞在なら海外旅行用電源タップが便利

インドでの滞在先が、リーズナブルなホテルやホステルなら、マルチ変換プラグとあわせて用意しておきたいのが海外旅行用の電源タップ

ホステルでは、朝の時間や夕方の時間にコンセントの争奪戦になることがあります。ホテルでもリーズナブルなところだと、あまり設備が充実しておらず、コンセントが1口しかないところも…。

スマートフォンやデジタルカメラ、モバイルバッテリー、レンタルWiFiなど、旅先では充電しなければいけないものがたくさんあるのに、コンセントが1口しか使えないと、本当に困ります…。

そんな時に海外用電源タップがあればコンセントの口数が増やせるので、スムーズに電源が確保できます。

コンセント位置が悪い時なんかにもコードを伸ばしてきて、ベッドで充電しながらスマートフォンをいじったりできるので、旅が快適になるアイテムです。

コードもスッキリまとまる海外用電源タップ

スタッフ
普通の電源タップは、日本の100V電源専用なものが多く、インドでは使用できないので注意しましょう。海外の電圧に対応した旅行用電源タップを用意する必要があります。

 

では、続いてインドの電圧についてご紹介します。電気事情自体がかなり日本と異なるので、注意しましょう。

インドの電圧は220V~240V

インドの電圧は220V~240Vです。

日本が100Vなので、2倍以上の差があります。そのため、日本の電源専用の電化製品を繋ぐと「ボッ」と音をたてて一瞬で壊れます。最悪、発火することもあるので、注意しましょう。

ただし、海外旅行で必要になる電子機器は、もともと全世界の電圧に対応したマルチボルテージ仕様な場合がほとんどです。

使用する電子機器の製品本体や充電アダプターのところに対応する電圧範囲が表記されています。

iPhoneの場合は、充電アダプターのプラグ部分を確認します。

(画像出典:Apple

Input:100-240V 1A 50-60Hz

対応電圧の部分に『Input:100-240V』とあり、これは100Vから240Vの地域で使用できるという意味です。なので本来、電圧を変えるための変圧器は必要なく、変換プラグでプラグの形状だけ変えればそのまま使用できます。

 関連記事変圧器と変換プラグの違い|海外旅行の豆知識をおさらい

ほとんどのスマートフォンやデジタルカメラ、モバイルバッテリー、レンタルWiFiなどは、基本的には世界中どの場所でも変圧器がなくても使用できます。

ただし、インドの場合、発展途上国ゆえに電圧が不安定なので、高価な電子機器を使う時には、変圧器を使用することをおすすめします。

電圧が不安定なため、変圧器の使用を推奨

インドでは、一応電圧は220V~240Vという事になっていますが、電気供給が需要に追いついておらず、今でも頻繁に停電がおこっています。

そして怖いのが“不安定な電圧”です。

電気の需要が大きくなる朝方や夜の時間は電圧が低くなってしまい、逆に日中の時間などは電圧が異常に高くなる傾向にあります。場所によって、160V~250Vの間を電圧が行ったり来たりします。

そして不安定な電圧は、電子機器にダメージが大きく、電子機器そのものが壊れたり、充電アダプターがダメになったりします。

(筆者も低電圧で一度パソコンをダメにしてしまいました…。海外でパソコンやスマートフォンなどの電子機器が壊れると、かなり困ります。)

変圧器には、不安定な電圧で流れてくる電気を100Vに調整して流してくれる機能もあるので、インドでは電子機器を使用・充電する時には基本的に変圧器を通すと、トラブルを避ける事ができます。

電子機器と相性の良い万能変圧器

関連記事:おすすめの海外用変圧器|3年使ってわかったBESTEKを正直レビュー!

インドの注意点:ドライヤーはないのが基本

インドでホテルを利用する際の注意点ですが、基本的にドライヤーはないと思ったほうがいいです。

設備はまだまだなホテルがほとんどです。部屋の設備やアメニティは、ベッドと扇風機と石鹸1個のみ…みたいなところが多いです。

なので、特に女性の方は、海外でも使えるドライヤーがあると良いと思います。6月から10月までは、湿度が80%を超えるような日が続くので、しっかり乾かさないとかなりベタついて気持ち悪いです。

最近のマイナスイオンやナノケアなどの機能がついたドライヤーは変圧器を繋いでも使用できないので、海外旅行では、国内・海外両用のドライヤーが必要になります。

コンパクト&大風量のベストセラー

旅行にピッタリ

海外旅行で使用。変圧器内臓のため、200Vの地域でも変換プラグさえあれば使用できた。
大きさもコンパクトだが風量も十分で、旅行用として十分満足できる。
国内のホテルでもこれより風量の弱いドライヤーしか置いていないところも多いため、海外以外でも活躍するだろう。

コンセント事情を確認してインドを満喫しよう

インドの電源情報をまとめてみると…

コンセント B3・B・BF・Cタイプ/電圧 220~240V

 インドは複数のコンセント形状が混在、電圧も不安定なため、海外旅行でもマルチ変換プラグ&変圧器を用意しておくことをおすすめします。

しっかり事前に準備して、インドの魅力を十分に堪能しましょう。

お得な旅のポイント


同じホテル、フライトでも、旅行会社によって料金が数千円~数万円違うこともあります
航空券なら「スカイスキャナー」、ホテルなら「トリバゴ」最安値をまとめて検索・比較できる無料サービスを利用すると、もっとお得に旅行できるかもしれません。
インドは日本と比べると、治安も良くないので注意が必要です。出発前には、外務省が用意している海外安全情報を確認するようにしましょう。
 
安全で楽しい海外旅行を!
インドのコンセント形状は?旅行では不安定な電圧にも要注意!
4.7 (93.33%) 3 votes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう