シンガポールのコンセントはBFタイプで、電圧は230V です。

コンセントのタイプ BFタイプ/電圧230V

海外旅行先として、また海外移住先としても人気が高いシンガポール

日本とはコンセントのタイプが異なるため、旅行で訪れる場合には変換プラグが必須になります。また海外移住先としてシンガポールに住む場合には、変圧器があると重宝します。

シンガポールのコンセントはBFタイプがメイン

世界中には様々なサイズ・形状のコンセントが存在し、日本で普段使っているのはAタイプと呼ばれるものです。

海外のコンセントの形状が異なる国では、そのままプラグをコンセントに挿すことができません。

シンガポールのコンセント

シンガポールのコンセントはBFタイプと呼ばれる角型3本のものが基本になります。

その他にも丸型ピンのB3タイプも少数ながら使用されていますが、ホテルなどでの滞在ならBFタイプを用意しておけば問題ありません

スマートフォンやタブレット端末の充電するのに、日本のAタイプはそのままでは使えないので、変換プラグが必要になります。

海外では入手が難しいこともあるので、事前に購入しておくことをおすすめします。

変換プラグは300円前後で購入可能

変換プラグは、Amazonや楽天市場などのネット通販で簡単に購入可能です。値段の相場は、日本メーカーのしっかりした商品でも300円前後とリーズナブルです。

  • シンガポールに移住予定でBFタイプしか使わない
  • めったに海外旅行はしない

という方なら、BFタイプのみに対応した変換プラグでも全く問題ありません。

スタッフ
コンセント関連で一番大変なのは、“変換プラグが故障・紛失して、電子機器が充電できなくなること”。購入する時には、少なくとも予備も含めて2つは用意しましょう。

ダイソーなど100均の変換プラグはイマイチかも…

実は、最近では、ダイソーなどの100均でも変換プラグが購入できます。

もちろん値段は100円です。

筆者も使い捨てスリッパなど、100均商品で重宝している旅グッズはたくさんあるのですが、変換プラグに関しては、あまりおすすめはしません

確かに普通に使える物もありますが、中には作りが甘くて挿し込めなかったり、挿し込んでも緩くてすぐに抜けてしまう商品もあるようです。

「海外で試したら使えなかった…」となると、本当に大変です。日本メーカーの商品とは100円ちょっとの差なので、ここは節約せずにしっかりしたメーカーの変換プラグを購入することをおすすめします。

快適性を求めるなら海外用マルチ変換プラグ

シンガポールの旅行だけならBFタイプのみの変換プラグでも問題ありません。ただし、

  • 年に1,2回は海外旅行に行く
  • いろいろな国に行ってみたい

という方の場合、海外旅行先の国に合わせて変換プラグを毎回購入するのも面倒ですし、荷物もかさばります。

マルチ変換プラグなら、世界中のコンセントに1つで対応できるので便利です。


シンガポールの電圧は230V

シンガポールの電圧は230Vです。

そのため日本の100V電源のみに対応している電化製品は、そのままではシンガポールで使用できないので変圧器が必要になります。

ただし、iPhoneやスマートフォン、ノートパソコンといった電子機器は、充電器が全世界対応になっていることが多く、その場合は変圧器は必要ありません。

iPhoneやスマートフォンの充電に変圧器は必要なし

普段使っているiPhoneやスマートフォンの充電器のアダプターの裏に表記されている小さな文字を確認してみましょう。

(画像出典:Apple)

多くの電子機器のアダプターには以下のような表記があります。

Input: 100-240V 1A 50-60Hz

確認するのは100-240Vのところです。これは電圧が100Vから240Vであれば使用できることを意味します。

そのため、自分が使っているデバイスの充電器アダプターにこのような表記があれば、変圧器を使用せずにシンガポールでも充電できます。iPhoneなどのスマートフォンやその他のデバイスは、全世界対応の場合がほとんどです。そのため海外旅行では変圧器は用意しなくても困らないでしょう

逆に、使用しようと思っている家電製品に…

Input: 100-110V 1A 50-60Hz
のような表記がある場合、使用できるのは100V-110Vなので、230Vのシンガポールで使用する場合には、変圧器が必要になります。

シンガポールに海外移住するなら変圧器は便利

シンガポールへ海外移住する場合には、出来るだけ日本と同じような快適な生活環境を作ることが重要なので、小型の変圧器を用意することをおすすめします。

変圧器で使えるようになる家電
  • 使い慣れたドライヤー
  • お気に入りの電気シェーバー
  • 日本製の蚊取り線香など

変圧器があると、日本で使い慣れた家電をそのままシンガポールへ持ち込んで使用できるので、安心できる生活環境が確保できます。

シンガポールのコンセントはBFタイプ 電圧は230V

海外旅行や海外移住先として人気の高いシンガポール。

多くの方が気にするシンガポールのコンセントと電圧は…

コンセントはBFタイプ 電圧は230V

シンガポールは、コンセントのタイプが日本のAタイプとは異なるので、海外旅行でも海外移住でも変換プラグは必須になります。

電圧は230Vで日本の100Vとは異なりますが、海外旅行で持ち込むようなデバイスの充電アダプターは全世界対応の場合が多いので、海外旅行なら変圧器は必要ないでしょう。

海外移住なら、小型の変圧器を用意しておくと、生活をより快適にできます。

シンガポールは、ゴミやタバコのポイ捨てにも厳しい罰金刑が処されるなど、日本と同じ感覚でいると問題になることもあります。海外旅行や海外移住でシンガポールを訪れる際には、まず外務省が用意しているシンガポールに関する旅行情報を確認するようにしましょう。

安全で楽しい旅行を!

シンガポールのコンセント BFタイプ|電圧の違いに要注意!
5 (100%) 1 vote

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう