おすすめのスーツケースベルト

 

トラベルグッズの定番アイテムの一つであるスーツケースベルト

今回の特集をご覧の方の中にも

  • 「空港でスーツケースの目印になるスーツケースベルトが欲しい」
  • 「盗難予防にしっかりしたスーツケースベルトを探している」
  • 「スーツケースのアクセントにおしゃれなスーツケースベルトが欲しい」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ドンキやロフトからAmazonや楽天市場まで、人気のスーツケースベルトを実際に購入して試して感じたメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

ピッタリの1本を見つけるのにお役立て下さい。

ジンベエ
海外ガイド歴12年。世界散歩のトラベルグッズレビュー担当。トラベルグッズマニアならではの正直な“生”の声をお届けします。

サクッとスーツケースベルトの選び方

3タイプのスーツケースベルト

まずは簡単にスーツケースベルトの選び方を確認しておきましょう。

スーツケースベルトは固定方式に応じて3種類に分けられます。

それぞれメリット・デメリットがあるので、ニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

1.バックル式のスーツケースベルト

バックル式のスーツケースベルト

スーツケースベルトの中で一番ポピュラーなのがバックル式のスーツケースベルトです。

TSAロックが搭載されているのもバックル式になります。

メリットは、ポピュラーな形式なので選択肢が多いこと。
デザインなども自分好みのものが見つかるはずです。

デメリットは、商品によっては非常に樹脂部品が粗悪で、すぐに壊れてしまう商品もあること。

ジンベエ
今回のランキングでも人気の高いスーツケースベルトを検証したところ、強度が十分でない樹脂が使われているものがありました。お気をつけください。

2.ダブルリング式のスーツケースベルト

金属製の2つのリングに通して締め付けるタイプがダブルリング式です。

昔ながらのスーツケースベルトの締付け方法ですが、締め付け力が強く、スーツケースもしっかり固定できます

メリットは、シンプルな構造で樹脂部品もないため、非常に長持ちなこと。
そして、価格もスーツケースブランドのしっかりした商品でも2,000円以下で購入でき、リーズナブルです。

デメリットは、TSAロックが搭載できない点でしょうか。

ジンベエ

筆者のプライベートで使用しているベルトもダブルリング式でかれこれ15年ほど使ってます。全然壊れないので、なかなか新しいモノに手を出せないのが悩みです…。

3.マジックテープ式のスーツケースベルト

マジックテープのスーツケースベルト

最近少しずつ人気が高まっているのがマジックテープ式のスーツケースベルトです。

メリットは抜群の装着のしやすさ
バックル式やダブルリング式と比べると、ほとんど装着に力がいらないので、女性や子供でも扱いやすいのが特徴。

デメリットは、固定がマジックテープなので、締め付け力はそこまで期待できない点。
「パンパンに膨らんだスーツケースが壊れないように固定する」みたいな使い方には向きません。

おすすめスーツケースベルトの判断ポイントは3つ!

たくさんのスーツケースベルトからおすすめを選ぶ

できる限り公平なランキングを作成するために、今回は3つのポイントでそれぞれのスーツケースベルトを評価しています。

  • 装着のスムーズさ
    同じようなバックル式でも、意外と装着するのに力がいるものと、スムーズに取り付けられるものがありました。
  • 樹脂部品の耐久性
    バックルのツメや、TSAロックの樹脂部分の耐久性を確認。1,2回で壊れてしまいそうなものもありました。
  • ベルト生地のしなやかさ
    しなやかさは簡単に取り付けるためにも重要。
    ゴワゴワしているものからなめらかなものまで様々です。

ジンベエ
特にTSAロックを搭載したスーツケースベルトは、耐久性が低いと勝手に暗証番号が変わってロックが解除できなくなって困ることがあるのでお気をつけください。
*暗証番号が狂うと、全部の組み合わせを試すか、カッターで切るしか方法がなくなります。

おすすめのスーツケースベルト8選ランキング

スーツケースとスーツケースベルト

では実際に試してみたスーツケースベルトを3つのポイントに基づいてランキング形式でご紹介したいと思います。

順位商品名価格
1位ACE TABI TOMO
スーツケースベルト
1,650円~
2位Concise
タイトフィットベルト
3,000円~
3位ALIFE
LUGGAGE BELT
1,900円~
4位siffler
スーツケースベルト
2,420円~
5位DABADA
TSAロック付きスーツケースベルト
1,242円~
6位クロース
TSAロックスーツケースベルト
(十字形)
1,573円~
7位レジェンドウォーカー
スーツケースベルト
1,730円~
8位グリプトン
TSAロック付きスーツケースベルト
1,000円~

1位:ACE タビトモ スーツケースベルト

ACEのスーツケースベルト

日本最大手メーカーのスーツケースベルトは意外とコスパ◎

  • 装着性: 
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,650円~(ダブルリング)、3,000円~(バックル式)

スーツケースメーカーとして世界的に展開している老舗鞄メーカー・エース。

ACEのスーツケースベルト

スーツケースベルトもラインナップされていて、品質は安心のエース基準です。

ダブルリング式には先端部分が人工皮革になっていて高級感があります。


ちなみに筆者が15年以上愛用しているエースのスーツケースベルトも同じ構造ですが、人工皮革がボロボロになったりすることもなく、非常に耐久性が高いです。

ACEスーツケースベルトの生地

スーツケースベルトの生地も柔らかく、購入して初めて使用する時から扱いやすいのが魅力
デザインに関しては“レトロ”な雰囲気のものが多い印象です。

そしてエース製のスーツケースベルトということで値段が気になりますが、ダブルリング式なら1,600円ほどで購入でき、かなりお買い得感があります。
TSAロックを搭載したバックル式だと少し値段が上がって3,000円ほどします。

スーツケースベルトのネームタグ

ネームタグも取り付けられていて、こういった気配りがスーツケースメーカーが作るスーツケースベルトの魅力かなと思います。

商品名ACE タビトモ スーツケースベルト
タイプダブルリング・バックル
長さ205cm
機能ネームタグ、TSAロック(バックル式)

2位:コンサイス タイトフィットベルト

コンサイスのスーツケースベルト

お値段以上の高い品質!

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:3,000円~

今回のランキングの中ではもっとも高額なコンサイスのスーツケースベルト・タイトフィットベルト

コンサイスは創業60年以上の歴史を持つ日本でも有数のトラベルグッズを製造販売するメーカーです。

ジンベエ
コンサイスは、お値段は決して安くないですが、信頼できるトラベルグッズが多いのでガイド仲間の間では有名な企業です。

 

コンサイスのタイトフィットベルト

コンサイスのタイトフィットベルトの最大の特徴がこのゴムバンド
*裏側なのでスーツケースベルトを装着すると見えません。

スーツケースベルトの生地は伸縮性がないため、普通微調整はOリングでベルトの長さを変えなければいけません。

でもコンサイスのタイトフィットベルトはこのゴムバンドが伸縮してくれるため、簡単にスーツケースにピッタリと装着できるのが魅力です。

インディケーター

また、スーツケースが空港でチェックされた場合には、こちらの緑の表示が赤に変化するため検閲されたことがひと目で確認できます。

バックル式のスーツケースベルト

そして秀逸なのがバックルです。

他のスーツケースベルトはみな横からプッシュする方式なのですが、コンサイスのスーツケースベルトは上から指一本で軽く押すだけで開閉が可能です。

スーツケースベルトの側面

ダメージを受けやすいTSAロックのダイヤルも、内側に搭載されているため、スーツケースを雑に扱われても衝撃が伝わりにくい設計になっています。

スーツケースベルトの生地

スーツケースベルトの生地も今回のランキングではトップの柔らかさで非常に扱いやすいです。

唯一のネックになるのがお値段でしょうか…。
もう500円お安ければ、ダントツの1位になれる高品質スーツケースベルトです。

商品名コンサイス タイトフィットベルト
タイプバックル
長さ190cm
機能TSAロック、インディケーター

3位:ALIFE LUGGAGE BELT

ALIFEのスーツケースベルト

大人買いしたくなる可愛さ

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,900円~

スーツケースベルトだけでなく、パスポートカバーやラゲージタグなどいろいろなトラベルグッズをラインナップしているALIFE(アリフ)

特徴的なのがパステルカラーを使った丸みのあるおしゃれなデザイン
身の回りのトラベルグッズをALIFEで揃えたくなるくらい魅力があります。

スーツケースベルトも先端部にエナメル素材が使われていて、スーツケースのアクセントになるので空港でもすぐに自分のスーツケースが見つけられます。

マジックテープのスーツケースベルト

ALIFEのスーツケースベルトはマジックテープ式で、とにかく装着が楽ちん。
*フック式もあります。

ALIFEのスーツケースベルトの生地

ベルト生地も今回のランキングの中では比較的柔らかく、扱いやすいです。

スーツケースに取り付けたALIFEのスーツケースベルト

キャリーバッグにもうひとアクセント欲しいという方には一番おすすめなスーツケースベルトです。

カラーもオレンジのほかに、レッド・ブルー・ブラウン・イエロー・グレー・グリーン・オレンジ・ローズと好みの色が選べます。

商品名ALIFE LUGGAGE BELT
タイプマジックテープ・フック
長さ165cm
機能

4位:siffler スーツケースベルト

sifflerのスーツケースベルト

スーツケースメーカーならではの品質

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,700円~

ゼログラなど、雑誌などのメディアでも評価の高いスーツケースを製造・販売しているsiffler

トラベルグッズも数多くラインナップしていて、「3秒圧縮」で注目された圧縮袋・ペタコもsifflerの製品。

スーツケースベルトもエースと同じく、スーツケースメーカーの名前を背負っているのでしっかりとした品質です。
*画像はsifflerのスーツケース購入時に一緒に買ったもので、約7年使用しています。

sifflerのスーツケースベルトのバックル

今回のランキングでは唯一コンサイスと同じく側面ではなく、上面からワンタッチで開ける方式が取られています。
*ただ、コンサイスよりちょっと硬い…。

sifflerのスーツケースベルトのバックル

TSAロックのダイヤルもしっかりと隠れていて、衝撃が伝わりにくいようになっています。

sifflerのスーツケースベルトの生地

もう7年ほど使用していますが、生地もなめらかで使わない時にも畳みやすいです。

ただ残念ながら、TSAロック付きのスーツケースベルトは現在完売中で、TSAロックなしのバックル式スーツケースベルトのみが販売されています。

サンリオやマーベルとコラボしたスーツケースベルトなど、他のメーカーにはないデザインのスーツケースベルトが数多くラインナップされています。

商品名siffler スーツケースベルト
タイプバックル
長さ178cm
機能

7位:レジェンドウォーカー スーツケースベルト

レジェンドウォーカーのスーツケースベルト

レジェンドウォーカーを使っているならありかも

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,730円~

1万円前後から品質の良いスーツケースをラインナップしている人気スーツケースブランドのレジェンドウォーカー

TSAロック付きとなしのスーツケースベルトがあり、TSAロックが付いていないものにはレジェンドウォーカーのロゴがプリントされたネームタグケースが付いています。

レジェンドウォーカーのバックル

バックルの品質は、スーツケースベルトの値段を考えると値段相応といった感じです。

レジェンドウォーカースーツケースベルトの生地

細かいラインが特徴的なレインボーカラーは高級感があっておしゃれです。
生地の品質は値段以上の価値があると思います。

レジェンドウォーカースーツケースベルトとスーツケース

TSAロックなしのスーツケースベルトはかなり「レジェンドウォーカー」の主張が強いので、スーツケースでもレジェンドウォーカーを使っている方にはおすすめです。

TSAロック付きの方は落ち着いたデザインでどのスーツケースでも使いやすいです。
価格もTSAロック付きで2,000円~とコスパにも優れています

商品名レジェンドウォーカー スーツケースベルト
タイプバックル
長さ190cm
機能ネームタグ、もしくはTSAロック

6位:DABADA TSAロック付きスーツケースベルト

DABADAのスーツケースベルト

安いが品質もそれなり…

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,242円~

Amazonでも200件以上のレビューが載せられている人気のスーツケースベルト。

激安スーツケースを販売しているDABADAのスーツケースベルトで、探した中ではTSAロック付きで最安値です。

ただ、結論から言えば、おすすめできません。

DABADAのスーツケースベルトのツメ

まず、こちらがDABADAのスーツケースベルトのツメ…

かなり薄く、頼りないです。
バックルに差し込む時に曲がるのを見ると、折れるのが心配…。
*実際にAmazonレビューにも「使い始めてすぐに折れた…」というコメントもあります。

コンサイスとDABADAの比較

ちなみに、こちらが2位のコンサイスとDABADAのツメ部分です。

全く安心感が違うのがわかりますね。

DABADAのTSAロック

TSAロックについては、両脇にプロテクターが付いているので、そう簡単には壊れないと思われます。

DABADAスーツケースベルトのベルト

DABADAスーツケースベルトのベルト生地はちょっとゴワついています。
これは1,200円なら許容範囲かもしれません。

DABADAのスーツケースベルトとスーツケース

ただし、DABADAのスーツケースベルトはツメが折れた瞬間使い物にならなくなるため、基本的には避けた方が無難でしょう。

商品名DABADA スーツケースベルト
タイプバックル
長さ200cm
機能TSAロック

7位:クロース TSAロックスーツケースベルト(十字型)

クロースのスーツケースベルト

TSAロックのダイヤルに欠陥あり

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,573円~

リモワ風のスーツケースを格安で販売しているクロース

スーツケースベルトも十字形で1,500円からでTSAロックも付いていると非常にリーズナブルです。

ただ、安物買いの銭失いになる確率はかなり高いです。

TSAロックのダイヤル

一応TSAロックのダイヤル横にプロテクターが付いていますが、なぜかダイヤルの方が高いです

バックルの中で一番高いのがTSAロックのダイヤルになるので、スーツケースを預けている間にバックル側から落とされたら、一発で壊れます。

TSAロックのツメ

また、バックルのツメは太そうに見えますが、中の稼働している部分は非常に細く、かなり頼りないです。
*レビューにも「割れた」というコメントあり。

十字のスーツケースベルト

このように十字で取り付けるのが特徴なのですが…

ネームタグ

十字の常に擦れる部分に紙製のネームタグが取り付けられています。
基本的に旅行者のニーズを考えて作られていないのがよくわかります。

安いですが、空港でスーツケースを探す時に常にヒヤヒヤしなければいけないスーツケースベルトです。

商品名クロース スーツケースベルト
タイプバックル
長さ200cm
機能TSAロック、十字タイプ

8位:クリプトン 1,000円TSAロック付きスーツケースベルト

ノーブランドのスーツケースベルト

クロースのスーツケースベルトと同じ工場?

  • 装着性:
  • 耐久性:
  • ベルト品質:
  • 参考価格:1,000円~

Amazonや楽天市場でよく1,000円前後で販売されているグリプトンのスーツケースベルトです。

バックル部分はクロースのスーツケースベルトと全く同じ部品、柄が違いますがベルトの質感も全く同じなので、おそらく中国の同じ工場で製造されているものではないかと思われます。

同じ部品なので、当然同じ問題を抱えています。

TSAロックダイヤルむき出し、ツメ極細、などなど。

スーツケースベルトの比較

2位のコンサイスとバックル部分の樹脂の厚みを比較してみてください。

グリンプトンの方はペラペラです。手で挟むだけでもたわみます。
価格はコンサイスが2倍しますが、確実にコンサイスの方が2倍以上長持ちしてくれます。

海外旅行先でストレスを抱えないためにも、安さに惑わされてこういったスーツケースベルトを買わないようにお気をつけください。

商品名グリプトン スーツケースベルト
タイプバックル
長さ200cm
機能TSAロック

頼れるスーツケースベルトを選ぼう

トラベルグッズの定番アイテムであるスーツケースベルト

価格帯は1,000円~3,000円ほどですが、すぐに壊れてしまいそうなものから、しっかり考えつくされた機能が搭載されたスーツケースベルトまでいろいろです。

今回は実際にすべて自腹購入して作成したレビュー&ランキングなので、本当に使いやすいスーツケースベルトを見つけるのにお役立ていただけたら幸いです。