フィリピン・セブ島の電気事情
コンセント A・B3・Cタイプ/電圧 220V/周波数 60Hz

海外旅行で必ず確認が必要なのがコンセント形状と電圧の違い

フィリピンやセブ島は、電気事情が日本と異なるため、到着してから困らないように、事前にしっかり確認しておきましょう。現地のコンセント形状や電圧について、わかりやすくご紹介するので、旅の準備にお役立て下さい。

フィリピン・セブ島のメインコンセント形状はAタイプ

(画像出典:New Design Philippine Standard

フィリピン・セブ島では、日本と同じAタイプのコンセントがメインです。

そして他にもB3タイプCタイプのコンセント形状が混在しています。

少し複雑に感じますが、フィリピンやセブ島のコンセントはほとんどが上記の写真のように、Aタイプ・B3タイプ・Cタイプの全てに対応できる汎用型のコンセントになっています。

日本のコンセントにはない穴が空いていますが、これはB3タイプに対応するための穴なので、気にせずAタイプのコンセントプラグを挿し込んでしまって問題ありません。

そのため、フィリピンやセブ島に旅行や留学で行く場合には、変換プラグは必要ありません。

スタッフ

コンセント形状が一緒なので油断してしまう人が多いですが、電圧は日本と違うので、使用する電化製品の対応電圧のチェックは必須です。

確認方法は下でご紹介します。

フィリピン・セブ島の電圧は220V

フィリピン・セブ島の電圧は220Vです。

日本の電圧は100Vなので、2倍以上の差があります。そのため日本の電源にしか対応していない電化製品を直接コンセントに差し込んでしまうと、一瞬で「ボッ」と音を立てて壊れます。最悪発火することもあるので、注意しましょう。

(フィリピンやセブ島は、コンセントがそのまま差し込めるので、油断して日本から持ってきた家電製品を挿して壊してしまう方が非常に多いんです…ご注意を!)

日本の100V電源専用の電化製品を使用するには、変圧器が必要になります。

コレ1つで変圧器・マルチタップになる万能変圧器

関連記事:おすすめの海外用変圧器|3年使ってわかったBESTEKを正直レビュー!

フィリピン・セブ島に留学や移住予定の方は、変圧器を1つ用意しておくと、日本で使い慣れた電化製品が使用できるのでおすすめです。

変圧器は使用する電化製品によって選ぶ種類が変わってくるので、詳しくは関連記事を御覧ください。

 関連記事:変圧器の選び方|3ステップで選ぶおすすめの旅行用変圧器

ただし、海外旅行でフィリピンやセブ島を訪れるほとんどの方は、変圧器はあまり必要ではありません

海外旅行で使用するような電子機器は、全世界の電圧に対応しているものが多いからです。

iPhoneなどスマートフォンは変圧器なし

iPhoneを例に見てみましょう。

使用する電子機器の対応電圧は、電子機器本体や充電アダプターに表記されています。iPhoneの場合は充電アダプターのプラグ部分です。

(画像出典:Apple

Input:100-240V 1A 50-60Hz

対応する電圧範囲のところに『Input:100-240V』とあり、これは100Vから240Vの地域なら、そのまま使用できるという意味です。

そのため、iPhoneなどのApple製品を充電・使用するのにフィリピンやセブ島で変圧器は必要ありません

他にも全世界対応(マルチボルテージ仕様)の電子機器には以下のような物があります。

全世界対応の場合が多い電化製品
  • スマートフォン
  • ノートパソコン
  • 電気シェーバー
  • モバイルバッテリー
  • レンタルWiFi

海外旅行で必要になる電子機器の多くは全世界対応になっているので、変圧器を使用せずにそのまま挿し込んでしまって問題ありません。

フィリピン・セブ島に持っていく予定の電化製品や電子機器の対応電圧を確認するようにしましょう。

もし、電圧の対応範囲のところに『Input:100V』とあれば、日本の電源専用なので、フィリピン・セブ島で使用するには変圧器が必要になります。

繰り返しになりますが、フィリピンやセブ島で日本の電源専用の電化製品はそのまま使用すると一瞬で壊れるのでご注意下さい

海外旅行で必要になる物の中で、100V電源専用の代表格がヘアドライヤーです。

フィリピンであると便利な海外用ドライヤー

ホテルに備え付けのドライヤーってパワー不足なことが多いですよね。そもそもリーズナブルなホテルだとドライヤーがないこともあります。留学先の宿舎も備え付けのドライヤーがないことがあるので注意が必要です。

ただし、ドライヤーは消費電力が大きいため、日本で使っているほとんどが100V電源専用で、そのままでは海外で使えません。

そしてドライヤーが使える変圧器となると、サイズがドライヤーより大きくて値段も高くなるか、ドライヤーのような熱器具にしか使えないタイプの変圧器になるため購入するのはあまり現実的ではありません。

海外旅行によく行く方や、フィリピン・セブ島に長期で滞在する予定の方なら、海外対応のドライヤーを用意することをおすすめします。特に女性の方は、海外旅行好きなら海外対応ヘアドライヤーは旅の必需品の1つと言えます。

コンパクトサイズでパワーもバッチリ

旅行にピッタリ

海外旅行で使用。変圧器内臓のため、200Vの地域でも変換プラグさえあれば使用できた。
大きさもコンパクトだが風量も十分で、旅行用として十分満足できる。
国内のホテルでもこれより風量の弱いドライヤーしか置いていないところも多いため、海外以外でも活躍するだろう。

フィリピン・セブ島の電圧の違いに注意!

フィリピン・セブ島のコンセント・電圧事情をまとめてみると…

フィリピン・セブ島の電気事情
コンセント A・B3・Cタイプ/電圧 220V/周波数 60Hz

フィリピン・セブ島は旅行から海外移住先、留学先としても人気の高い国です。

ただし、電気事情は日本と異なるため、注意が必要。特に電圧は220Vで日本の2倍以上なので、使用する予定の電化製品の対応電圧は必ず確認するようにしましょう。

万が一の時にも安心!
海外旅行に必須なクレジットカードはコレ!

 ・海外旅行保険が自動で付いてくる!
 ・年会費が永久無料
 ・カードを作るだけで数千円分をゲット
 ↓↓安心して海外旅行へ行きたい方はコチラからどうぞ↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう