【レビュー】PackBag+は旅先バッグとしての“最適解”へアップデート!

圧縮バッグとしては高級品ながら、圧倒的な機能性と品質で旅を愛するユーザーから支持され続けているPackBagが「PackBag+」としてリニューアルアップデートされました。

実際に使用感や使い心地について詳しくレビューしてみたいと思います。

*リニューアル前のPackBagのレビューと見比べたい方は↓↓をチェック

HOLICC PackBag+

この記事の筆者:ジンベエ
海外ガイド歴12年。世界散歩ではトラベルグッズレビューを担当しています。現役ガイドならではの視点から本当に役立つ“生”のトラベルグッズ情報をお届けします。

PackBag+は旅先バッグとしてさらに使いやすく!

PackBag+のイメージ画像
リニューアルでPackBag+となって変わったところを一言で表すなら…

PackBag(リニューアル前)“旅先バッグとしても使える圧縮バッグ”
↓↓
PackBag+(リニューアル後)“旅先バッグとして大活躍する圧縮バッグ”

といった感じでしょうか。

目的地に到着した後の旅先バッグとしての機能性が大幅に向上しました。

機能性が上がって、旅行の時だけでなく普段からPackBag+を持ち出す機会が増えました。

PackBag+になってバージョンアップされた3つのポイントをご紹介します。

1.リュックスタイル&ショルダーバッグスタイルに対応

PackBag+のリュックスタイル
PackBag+にリニューアルされて大きく変わったのが旅先バッグとしての持ち方です。

これまでSサイズ・Lサイズともにショルダーバッグとしての持ち方一択でしたが、Lサイズはリュックスタイル、Sサイズはボディバッグスタイルに対応しました。

もともとのPackBagのLサイズは14インチのノートパソコンに対応しているため、旅先でカフェなどにPCを持ち込んで作業する時に使用していました。

ただ、ノートパソコンにタブレット、ガジェットまで入れると、肩掛けで持ち歩き続けるにはちょっときつい重さになっていました。


しかし、PackBag+になりリュックスタイルでも持てるようになったので、今までと同じ荷物を入れた状態でも持ち歩くのが格段に楽になり、見た目もスッキリとスマートな印象です。

さらに“リュックスタイル+抜群の撥水性能&汚れの落としやすさ”で、旅行先のアクティビティリュックとしても使いやすいです。

スキーでPackBag+
こういう使い方をする方は少ないかも知れませんが、スキー用のリュックとして使って何度か転倒しましたが雪が染みることもなく便利です。

旅行先でプールやハイキング、アウトドアなど、幅広い使い方に対応してくれます。

形状のアップデート*上:ハンドルが細く太くなったPackBag+ 下:ハンドルが太いPackBag

SサイズのPackBag+の細かい変更ポイントですが、メインのハンドル部分が細く太い仕様へと変更になり、ハンドルにもショルダーベルトのストラップが掛けられるようになりました。

こうすることで、これまで真っ直ぐ縦にかけるショルダーバッグの持ち方がメインでしたが、下画像のように体に密着するボディバッグスタイルにも対応しました。

PackBag+のショルダーバッグスタイル

ジンベエ
妻や周りの反応では、ボディバッグスタイルの方が従来のショルダーバッグスタイルよりもスッキリして見えるそうです。歩きながらも身体にフィットしてくれるので、パタパタせずに快適です。
HOLICC PackBag+

2.インナーポケットで小物を整理整頓

PackBagのインナーポケット
PackBag+で大きく変わった2つ目のポイントはインナーポケットの充実です。

これまでのPackBagも旅先バッグとして重宝していましたが、バッグの中に幅の広いメッシュポケットがあっただけなので、財布やスマホ、モバイルバッテリーなどは基本メイン収納にまとめて入れることが多かったです。

PackBag+は、中にサイズの異なる収納ポケットがあるので、旅先バッグとしてしっかり小物類やガジェット類を整理整頓して入れられます。

Sサイズのインナーポケット
Sサイズは、旅歩きの必需品である…

  • スマホ
  • パスポート
  • 財布
  • モバイルバッテリー

が収納できるポケットが搭載されています。

PackBag+のアウトサイドポケット
また、PackBag+のSサイズ限定の機能として、外にもスマホや財布が十分入るサイズの比較的大きなポケットが搭載されています。

メインのラウンドファスナーを開かなくてもスマホや財布が取り出せるので重宝します。

LサイズのPackBag+のインナーポケット*A4ファイルが入るメッシュポケットは反対面にあります。

Lサイズのポケットは、ビジネス的な使い方にも対応していて…

  • A4ファイル
  • ACアダプター
  • 財布
  • 充電ケーブル

が収納できるポケットが搭載されています。

ジンベエ
一つ注意点として、Lサイズのポケットに角張ったものを入れると、リュックスタイルの時に背中に当たる感覚があります。リュックとして使う時には、ポケットは平べったい物メインで収納しましょう。

ポケット収納が充実することで、PackBag+は旅先バッグとしての機能性が抜群に上がりました

もともとユニークな発想で他に似た製品のない唯一無二な印象のトラベルグッズでしたが、今回のアップデートで“圧縮バッグ×旅先バッグ”の完成形を見たような気がします。

HOLICC PackBag+

3.カラーバリエーションが3色から選べるようになった!


PackBagシリーズに興味を持っている方の多くは、持ち物にこだわるオシャレ好きの方かと思います。

PackBagはメタルブラック一択でしたが、PackBag+は3色から選べるようになりました。

  • メタルブラック
  • アースグレー
  • エターナルホワイト

アースグレーはジャケットなど少しカチッとしたビジネススタイルに合う落ち着いたカラーです。

エターナルホワイトは、公式サイトの商品写真以上に明るい光沢のあるホワイトです。他の圧縮バッグでは見たことのないカラーで、旅先バッグとして持ち歩いても旅行スタイルのアクセントになってくれます。

ジンベエ
「白って汚れが目立つんじゃ…」と心配していましたが、PackBag+は水を弾くのと同じように汚れも付着しにくいみたいで、タオルで拭き取ればすぐにきれいになります。勇気を出して選んで正解でした。個人的にはエターナルホワイト、おすすめです!
HOLICC PackBag+

圧縮バッグとしての使いやすさは初代からしっかり継承

公式サイトより

 

ここからは「PackBagシリーズの存在はPackBag+で初めて知った」という方のために、PackBag+でもしっかりと継承されている特徴についてご紹介したいと思います。

PackBagシリーズで荷物のサイズは半分に

PackBag+の圧縮力

PackBag+は衣類を入れてラウンドファスナーを閉じるだけでサイズを約50%圧縮できるファスナータイプの圧縮バッグです。

ジンベエ
昔ながらのビニールタイプの圧縮袋の進化版です。

画像のように、ワンステップで簡単に衣類のボリュームが小さくなるので、より省スペースで荷物のパッキングができるようになり、その分をお土産や他の荷物に使えます。

また、スーツケースを開けた時にも衣類の中身が見えないので、スッキリした見た目です。

ジンベエ
圧縮バッグのパッキングした際の見た目の美しさは、ビニールタイプの圧縮袋にはない魅力です。
PackBag+の容量の目安
  • Sサイズ:1泊2日分の衣類
  • Lサイズ:2泊3日分の衣類

水が踊るように流れる抜群の撥水性

PackBag+の撥水力

CORDURA(コーデュラ)生地の製品はかなり出回るようになりましたが、PackBag+はPackBagから引き続きCORDURA素材の中でもシルナイロンコーデュラという珍しい高級生地が採用されています。

生地自体にシリコンを染み込ませてコーティングされているため、非常に高い撥水性が長期間持続するのが特徴です。

旅先バッグとして使う上でかなり重宝する機能で、スコールの降るような地域や梅雨時に旅行する時にも安心して電子機器を中に入れて移動できます。

HOLICC PackBag+

PackBag+はこんな人におすすめ

PackBag+はセット価格が17,900円と圧縮バッグの中では高級品に分類されます。

「スーツケースやリュックサックは1万円以下のもので十分!」というようなタイプの方なら、もっと安価なノーマル圧縮バッグでも十分かもしれません。

ですが、PackBag+を実際に使ってみて、この製品をおすすめしたいのは次のような方たちです。

  • 旅先で観光をもっと自由に楽しみたい
  • 品質の良いものを長く愛用したい
  • スーツケースに荷物をスマートにパッキングしたい

PackBag+は決して安くはありませんが、使用している素材の耐久性や機能性の高さはダントツ。

旅の相棒になってくれるような愛着のわくトラベルグッズです。

ジンベエ
PackBagには1年保証が付いていて、通常使用での故障には無料で対応。自信があるからこそできる、他の圧縮バッグメーカーにはないサービスです。
HOLICC PackBag+

旅好きがもっと自由に旅行を楽しむなら『PackBag+』

HOLICCのロゴ
圧縮バッグ×旅先バッグで大成功したPackBagのアップデート版である「PackBag+」のレビューをお届けしました。

リュックスタイルや横持ちショルダースタイルに対応するようになり、細かいインナーポケットの採用で旅先バッグとしての使い心地がさらに良くなりました。

普段から「身の回りで使う製品はよく選んで長く便利に使えるものを購入したい」と思っている方にぜひおすすめしたい“圧縮バッグ×旅先バッグ”の最適解のような製品です。

じっくりと愛用したくなる圧縮バッグをお探しの旅好きの方は、PackBag+を使ってみてはいかがでしょうか?

HOLICC PackBag+
コメントを残す

CAPTCHA