石鹸持ち運び問題はマタドールが解決!ソープバーケースをレビュー!

筆者は、家はもちろん、キャンプや旅行でも断然固形石鹸(赤箱)派です。

ただ、石鹸で困るのが持ち運びの方法…。

いろいろな方法を試しましたが、バッグの中を濡らしてストレスを感じたことも一度や二度ではありません。

そんな石鹸派の石鹸持ち運び問題を解決してくれるのがマタドールのソープバーケースです。

全ての石鹸派に声を大にしておすすめしたいマタドールのケースの魅力(と一つの問題点)をご紹介します。

この記事の
筆者:ジンベエ
海外ガイド歴12年。世界散歩ではトラベルグッズレビューを担当しています。現役ガイドならではの視点から本当に役立つ“生”のトラベルグッズ情報をお届けします。

石鹸は最高!でも持ち運びが問題…

濡れた石鹸

やっぱり石鹸は最高ですよね。

温泉やホテルに備え付けのボディーソープでは、全然満足できません。

だからこそ、これまでいろいろな石鹸の持ち運び方法を試してきました。

試した方法と問題点は以下の通りです。

石鹸持ち運びで試した方法と問題点

石鹸ケース

  • 百均のプラスチックケース→石鹸が濡れたままになる、水が漏れる
  • ジップロック→石鹸が濡れたまま、毎回ジップロックを破棄
  • 石鹸をおろし器で削る→持ち運びには良いが、とにかく面倒
  • 紙石鹸に切り替える→洗い心地が赤箱に劣る

石鹸は濡らしたままにしておくと、雑菌が繁殖して不衛生ですし、収納するバッグから水が漏れて残念なことになることも多いです。

一時期、石鹸派界?で話題になったおろし器で削る方法も使い心地は問題ありませんが、忙しい旅行の準備の中で削るのはかなりの手間でした。

ということで結局良い方法がないと悩んでいた時に見つけたのがマタドールのソープバーケースです。

石鹸持ち運びのケース問題はマタドールが解決

マタドールの石鹸持ち運びケース

マタドールは「世界で最も使いやすい、携帯性の高いアドベンチャーアイテムをデザインする」というテーマで機能性と軽量性に特化したアウトドアギアを展開しているアメリカのブランドです。

ジンベエ

筆者は趣味の登山用のアタックザックや携帯用タオルでマタドールを愛用しています。

そんなマタドールが石鹸派のために作り出したのがFLATPAK SOAP BAR CASE(フラットパック ソープバーケース)です。

公式動画はコチラ

 

濡れたままの石鹸をそのままケースに入れるだけ!

濡れた石鹸をケースに入れる

マタドールのソープバーケースには、マタドール独自のドライスルーテクノロジーというものが採用されています。

CORDURA素材に熱シーム加工を施すことで生地自体に乾燥機能を持たせているのが最大の特徴

マタドールの石鹸ケース

生地全体の微細な気孔から、液体は通さずに水蒸気だけを逃がすことで、ケース内の湿度を外に逃がしてくれます。

そのため使い方は簡単で、塗れた石鹸をそのままマタドールのソープバーケースに入れるだけ。これだけです。

ケースに石鹸を入れると、次使う24時間後には完全に乾いた状態になります。

防水仕様の石鹸ケース

それもケースが防水仕様なので、濡れた石鹸を入れた状態のケースを持ち運びしても水が漏れてくることもありません。

実際に使ってみると驚くのですが、濡れた石鹸を入れた状態でもケース外側はサラサラしていますが、少し時間をおくと石鹸は乾いた状態になっています。

マタドールのソープバーケースを使うようになってから、旅行からキャンプまで石鹸の持ち運び問題が解決されました。

唯一の問題は転売ヤーの存在

石鹸ケースの全体像

マタドールのソープバーケースは、携帯性や実用性、機能性まで石鹸持ち運びに関してはほぼパーフェクトなギアなのですが、唯一の問題点が転売ヤーの存在です。

おそらく日本に入ってくる量が少ないからなのか、転売ヤーの餌食になっていて、すぐに買い占められ価格が釣り上げられてしまいます。

ジンベエ

筆者も定価で購入できるまで2ヶ月くらい待ちました。

マタドールのソープバーケースの正規価格は1,870円です。送料が550円かかったとしても、合計2,420円くらいまでが正規の値段と考えておいて下さい。

Amazonなどで3,000円以上しているのは、転売ヤーの業者で間違いないでしょう。

タイミングが悪いと正規の値段で購入するのは難しいのですが、それでもできるだけ定価に近い値段で購入する方法を紹介します。

  1. Amazonで値段を確認
  2. 楽天市場で値段を確認
  3. 待つか、トイレタリーケースを検討

まずは、Amazonで確認しましょう。

1,870円で販売されていれば、定価です。

プライム会員ならそのまま送料無料、プライム会員でない方は他のものを選んで2,000円以上にすれば送料無料です。

 

次に、Amazonが3,000円以上の転売価格になっていたら、楽天市場を確認しましょう。

Amazonで転売価格になっていても、楽天市場だと1,870円+送料で購入できるところが残っていることもあります。

 

楽天市場にも残っていなければ、待つか、トイレタリーケースを検討しましょう。

トイレタリーケースは同じくドライスルーテクノロジーが採用されているトラベルケースでサイズが大きいので、歯ブラシやシェーバーなどもまとめて収納できるバッグです。

トイレタリーケースの方が知名度が低いので、買い占められることが少なく、正規価格の3,630円前後で購入できる場合が多いです。

マタドールのトラベル系ケースのラインナップ

マタドールの石鹸シリーズ

公式サイトより

石鹸の持ち運びに最適なソープバーケース以外にも、ドライスルーテクノロジーを採用している製品やトラベルに最適なギアがあります。それぞれの特徴もついでなので簡単にご紹介します。

マタドール フラットパックソープバーケース

  • サイズ:10×2×15cm
  • 重量:11g
  • 価格:1,870円

石鹸持ち運びケースの大本命。赤箱大好きな石鹸派の方は、選んで間違いないです。

マタドール フラットパックトイレタリーケース

  • サイズ:24×10×14cm
  • 重量:33g
  • 価格:3,630円

歯ブラシからシェーバーまでお風呂関係のもの全てが収納可能。このギアにもドライスルーテクノロジーが採用されています。すぐに中の水分が乾いて衛生的かつ、自立するので洗面所でも便利です。

マタドールフラットパックトイレタリーボトル

  • サイズ:8×1×10cm
  • 重量:30g
  • 価格:1,870円

シャンプーや歯磨き粉など、液状・ペースト状のものをコンパクトに持ち運びするためのボトル。中身を確認できるID付きのスナップループ付。

マタドールのソープバーケースは石鹸派の必須ギア!!

マタドールと石鹸の持ち運び

今回は、マタドールのソープバーケースのレビューをお届けしました。

「石鹸を旅行やキャンプで快適に持ち運びたい!」という悩みをお持ちの石鹸派の方にこそおすすめしたい最高のケースです。

転売ヤーがいるのだけが唯一の難点ですが、気になる方は適正な価格で購入できる際にぜひ!

コメントを残す

CAPTCHA