スーツケースを選ぼうと思うと、たくさんある種類の中からどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

値段の幅も広く、サイズや機能もいろいろなので、「本当に必要なのはどんなスーツケースなの…?」とお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回はスーツケースを購入する方に向けて、選び方の基本となる3つのポイントをご紹介します。

スーツケースの選び方の3つのポイント

スーツケースの選び方1:サイズについて

サイズの目安
1泊=10L

スーツケースのサイズ選び旅行日数に合わせて選びましょう。

目安となるのは、1泊につき10L(リットル)です。

よく市販されているスーツケースは、S・M・Lのサイズ別に販売されています。大まかな目安は以下のとおりです。

サイズ表記とリットル数の目安

SSサイズSサイズMサイズLサイズLLサイズ
1~2泊2~3泊3~5泊5~7泊8~10泊10泊以上
~25L26~40L41~60L61~80L81~100L101L以上
  • SSサイズSサイズは、いわゆる機内持ち込みができるサイズです。
  • Mサイズ以降は、空港で預ける受託手荷物サイズになります。

3泊4日なら30L 、5泊6日なら50Lと、宿泊日数に合わせてサイズを選びます。

必要なスペースは旅行目的や目的地の場所、季節によっても変わってくるので、荷物が入りきるか不安なら、少し大きめのスーツケースを選んでおくと安心です

初めての方によく選ばれるスーツケースサイズ
  • 機内持ち込みサイズ…35L~40LのSサイズ
  • 受託手荷物サイズ…60L~80LのMサイズ

「これからいろいろな国に行ってみたい」という方であれば、機内持ち込みのスーツケースなら最大サイズである35L~40LくらいのSサイズがおすすめ。

3~4泊ぐらいの旅行なら機内持ち込みのスーツケースだけで対応できるので便利です。

*LCC(格安航空会社)は、受託手荷物が有料な場合が多く、機内持ち込みサイズでたくさん入るスーツケースは、近場の海外旅行で重宝します。

受託手荷物サイズでも「大は小を兼ねる」でLLサイズを購入する方がいますが、かなりサイズが大きく、特に女性の方だと取り回しや持ち運びに苦労します。

海外旅行がメインの用途であれば、60L~80L前後のMサイズのスーツケースが一番利便性が高いです。

各航空会社はスーツケースのサイズについて規定を定めています。機内持ち込み用なら機内持ち込みサイズ、預け入れ用なら預け入れサイズをオーバーしないようにスーツケースを選びましょう。

*各航空会社のサイズ規定は、関連記事からご確認ください。

スーツケースの選び方2:スーツケースの材質の選び方

スーツケースの材質ハードケースソフトケースの2つに分けることができます。それぞれの特徴メリット・デメリットを確認しましょう。

ハードケースの特徴


ハードケースは、昔から日本で人気のあるタイプです。

ボディが硬い合成樹脂や金属でできているので、高い強度とセキュリティの高さが魅力です。

ハードケースのメリット
・強度と耐久性に優れる
ソフトケースに比べて頑丈で、中の荷物も安心して入れられる。防水の面でも多少の雨なら心配不要。
・デザインの自由度が高い
合成樹脂なため、色が自在に作れ、おしゃれなデザインのものが多い。
・荷物の整理がしやすい

スーツケースを開くと両側に収納スペースがあり、細かく整理整頓しやすい。
ハードケースのデメリット
・パッキングにスペースが必要
観音開きのため、荷物を出し入れするのに一定のスペースが必要。
・キズが付きやすい
合成樹脂のものは、航空会社の扱いによってキズが付く可能性がある。
ハードケースはファスナータイプがおすすめ

ハードケースは、さらに開閉部分の違いから“フレームタイプ”“ファスナータイプ”に分かれます。

おすすめはファスナータイプです。フレームタイプは頑丈そうに見えますが、空港で手荒に扱われた時に衝撃の逃げ場がなく、フレーム自体が曲がってしまい開閉ができなくなってしまうことがあります。

ファスナータイプなら、衝撃をファスナーの布地部分が吸収してくれるので、スーツケース本体が壊れにくいです。また、金属製のフレームタイプよりもファスナータイプの方が軽量な場合が多いです。

ソフトケースの特徴


ソフトケースは欧米系の旅行者がよく利用しているタイプです。

ハードケースと比べると軽く、その分荷物がたくさん入れられます。また柔軟性に優れるので、荷物が多少多くなっても詰め込むことができます。

ソフトケースのメリット
・ハードケースよりも軽い
布製のソフトケースは同サイズの樹脂製ハードケースと比べると、軽いもので約半分の重量。スーツケースの重さが軽くなると、その分だけ荷物の量を増やせる。
・柔軟性がある
布製のため柔軟性に優れ、荷物の量が多少増えてしまっても詰め込むことができる。中には拡張機能のついたソフトケースもある。
・収納が豊富
布製のため設計の自由度が高く外側にポケットが付いている場合が多い。すぐに取り出したいものをしまっておくのに便利。
ソフトケースのデメリット
・セキュリティ面の不安
ロックを付けていても、布製なので刃物などでも切られることがある。(空港ではほとんど聞いたことがありません。)
・衝撃吸収性が低い
布で衝撃が中に伝わりやすく、コワレモノなどを詰める時には注意が必要。

スーツケースの選び方3:快適さを決めるキャスター


キャスターはスーツケースを選ぶ上で非常に重要なポイントです。

たくさんの荷物を入れても移動が楽になるものを選びましょう。またスーツケースの修理は8割がキャスターと言われています。耐久性の高いキャスターかどうかもチェックポイントです。

キャスターのサイズ

キャスターのサイズは、スーツケースの移動快適性に大きく影響します。

一昔前は38mmのキャスターが使われる事が多かったですが、最近では50mm以上のキャスターや、Wキャスターを搭載しているスーツケースが多くなっています。

キャスターが大きくなると、ゴツゴツした石畳を歩く時や、段差を乗り越えたりする時の快適性が大きく向上します。

HINOMOTOキャスター

(画像出典:HINOMOTO

日乃本錠前の「HINOMOTO」キャスターは、キャスター界やスーツケース好きの間では非常に知名度が高いキャスターで、高級スーツケースにも採用されています。

HINOMOTOのキャスターの中には、グリスパックを内部に搭載して、使いながらグリス補給されるものや、ベアリングを内蔵して、走行性を高めているものなどがあります。

スーツケースの中で一番故障が多い部分ですが、無名ブランドのキャスターとHINOMOTOキャスターでは、耐久性にも雲泥の差があります。

日乃本キャスターを搭載したスーツケースを探したい方はコチラから↓


  

コスパ抜群のおすすめスーツケース3選

機内持ち込みサイズ

ace.(エース) AVALLON
サイズ:H:51cm/W:40cm/D:24cm
容量:35L
重量:2.8kg
機能:TSAロック、8輪キャスター、サイドハンドル
日本一の鞄メーカーであるエースのオリジナルブランド「ace.」のスーツケース。

日本メーカーらしい機能性の高いメッシュ生地の仕切りや、移動性を高めてくれる双輪キャスターで、出張から旅行まで快適です。

*2018年12月現在で、すでにAmazonのみの取扱いです。日本を代表するエース製のスーツケースが1万円以下というのは、かなりのお買い得。必要な方はお早めに。

受託手荷物サイズ(Mサイズ)

カメレオン ハラナ スピナー67

サイズ:H:67cm/W:47cm/D:30cm
容量:65.0L
重量:3.7kg
機能:TSAロック、大口径キャスター

サムソナイトの新ブランドである『カメレオン』のスーツケース。サムソナイトならではクオリティを保ちつつ、非常にリーズナブルな価格を実現したのが特徴。
存在感のあるデザインやカラーリングでトラベラーの個性を演出します。サイドハンドル、軽量化された大口径ホイール、TSAロックなど、旅行に必要なスーツケースに求められる機能はしっかり搭載しています。

無印良品 キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー
サイズ:H:70.0cm/W:45.0cm/D:24.5cm
容量:62.0L
重量:4.9kg
機能:Wキャスター、ストッパー、TSAロック

「しるしの無い良い品」を作り続ける無印良品のスーツケース。非常に丁寧に作られたハードキャリーで高い耐久性を持ちます。

使いやすさにも磨きがかかり、キャスターは2017年モデルから双輪静音キャスターへ。ボタン一つでストッパーが止まるので、電車やバスの中でも安心です。

自分にピッタリのスーツケースを選んで、海外旅行をもっと楽しもう

「ピッタリのスーツケースをどうやったら見つけられるの?」とお悩みの方のために、3つのポイントをご紹介しました。

スーツケースは海外旅行の大事な相棒です。自分にピッタリなスーツケースを選んで旅行を楽しみましょう。