エース特集|現役ガイドが選ぶスーツケース10選のおすすめポイント&口コミ評判

 

30代~60代の世代の方には説明する必要がないほど有名な日本一の鞄メーカーであるエース株式会社

トレンドを追求するだけじゃない、日本ブランドらしい使い手の利便性を考え尽くしたモノづくりの姿勢はスーツケースにもしっかりと注ぎ込まれています。

今回の記事では…

  • エースとはどんなスーツケースブランド?
  • エースでおすすめのスーツケースはどれ?

といった疑問にお答えします。

口コミや評判も交えてご紹介するので、お気に入りのスーツケースを見つけるのにお役立てください。

この記事の
筆者:ジンベエ
海外ガイド&コーディネーター歴12年。使用したスーツケースは50台以上。
世界散歩ではトラベルグッズのレビューを担当しています。お役に立つ“生”の情報をお届けします。

エース(ACE)とは?

新川柳作記念館

 エースの原点は1940年に大阪の天王寺に始まったカバン製造卸業「新川商店」

すでに鞄作りを続けて80年の歴史を持つ日本でも有数の老舗鞄メーカーです。

使い手の利便性を追求した製品づくりをモットーに、1953年には当時新素材だった「東レナイロン」を生地にしたバッグを業界で初めて開発・発売し、「バッグの一大革命」とまで言われました。

1966年に初の国産スーツケースを手がけた

国産スーツケースのデボネア

新川柳作記念館

エースがスーツケースの輸入販売を開始して間もなく、東京オリンピック、海外旅行自由化によって日本人の海外旅行が本格化していきます。

しかし、当時輸入販売していたスーツケースは日本人のサイズや旅行スタイルにはなかなか合わないものでした。

そこで、エースは機能・デザイン・価格で“日本人が本当に使いやすいスーツケースをつくる”ことを目標に開発を進め、1966年に初の国産スーツケースとなる「デボネア」を発売します。

この時から国産スーツケースの時代が幕を開けました。

「日本のスーツケースの歴史はエースと共にある」と言っても過言ではありません。

エース(ACE)のスーツケースの特徴と評判

1940年から続くエースは、日本一のラゲッジメーカーです。

創業当時から続く鞄作りへの情熱は「世界に負けない国産バッグを作る」という現在のエースの目標へと受け継がれています。

エースのスーツケースの特徴を一言でまとめるなら“信頼性”でしょう。

日本で唯一国産のスーツケースを製造する拠点を北海道赤平に設け、他のラゲッジメーカーの追随を許さない高品質なスーツケースを製造しています。

決して空港で一番目立つデザインではありませんが、職人気質な高品質さと、新素材や独自開発の部品を採用した非常に利便性の高いスーツケースで、日本をはじめ世界中に多くのファンやリピーターがいます。

格安スーツケースブランドが増える中で、値段はそこまで安くありませんが、長く快適に使い続けられるため長い目で見るととてもコストパフォーマンスの高いスーツケースブランドです。

エース(ACE)のスーツケースはこんな人におすすめ
  • 滑らかなキャスターや耐久性のあるシェルなどスーツケースに品質を求める方
  • スタイリッシュで落ち着いたデザインのスーツケースを探している方
  • 長く愛用し続けられるスーツケースを探している方

エース(ACE)のオリジナルブランド

エースのブランド一覧

エースでは、特色や特徴に合わせてさまざまなオリジナルブランドからスーツケースをラインナップしています。

どのオリジナルブランドも品質の高さは折り紙付きで評判も非常に高いです。

ブランドコンセプトがそれぞれ異なるので、ライフスタイルや好みに合わせてブランドを選ぶことをおすすめします。

1.プロテカ(ProtecA)

エースのフラッグシップブランドであるプロテカ。最も人気が高いエースのブランドです。

スタイリッシュなデザイン性と高い機能美を兼ね揃え、「一歩先を、歩く」というブランドコンセプトの通り、独自開発パーツや素材を組み合わせた新しいスタンダードを切り拓くスーツケースがラインナップされています。

スーツケースブランドで唯一の航空会社に預けている際に発生した破損にも対応する「プレミアムケア」が付いてくるのも特徴です。

特集記事プロテカの特徴|口コミや評判のスーツケースランキング5選

2.ace.

エース株式会社の名前がそのまま付けられたace.

"日本の美意識、感覚、精神を受け継ぐ最適な「モチハコブカタチ」を創出し、すべての人々の移動を快適にする"をブランドコンセプトにしています。

スーツケースが使われるシーンやターゲット、タイミングなどを考え尽くした機能設計がされているのが特徴です。

また“最適な価格”も重視しているため、エース製スーツケースの中ではお求めやすい価格も人気の秘密です。

3.ワールドトラベラー(World Traveler)

「トラベル用」「ビジネス用」の2つの活用シーンにフォーカスしたオリジナルブランドであるワールドトラベラー

基本のスーツケースとしての高い品質とオーソドックスなデザイン性・機能性が特徴。

エースの中でace.と並んでお求めやすい価格帯が中心のブランドです。

4.カナナプロジェクト

世界ふしぎ発見で世界100カ国以上を旅した旅の達人・竹内海南江さんとの共同開発ブランドであるカナナプロジェクト

大人の女性が使いやすい細やかな気遣いが行き届いた機能性に、高級ホテルやレストランでも使える上品なデザイン性を組み合わせたスーツケースがラインナップされています。

5.ハント(HaNT)

エース株式会社の女性スタッフだけで作られたチームが「本当に欲しいと思う商品を作る」というコンセプトのもとに開発を担当するオリジナルブランドのハント

女性による女性のために作られたスーツケースで、デザインや機能の一つ一つに女性ならではのアイデアと工夫が詰め込まれています。

特集記事ハント(HaNT)とは|口コミ評判の高いスーツケースランキング3選

6.ACE DESIGNED BY ACE IN JAPAN

2018年に新たにスタートした新ブランドのACE DESIGNED BY ACE IN JAPAN

日本をはじめとしたアジアにフォーカスしたブランドで、豊富なカラーラインナップや目を惹く個性的なデザインのスーツケースが特徴です。

エースで評判のおすすめスーツケース10選

PC100%のコーナーストーンZ

エースで特に人気の高いおすすめのスーツケースをランキング形式でご紹介します。

順位モデル名参考価格
1位プロテカ
エアロフレックスライト
63,800円~
2位ace.
パリセイド2-Z
19,800円~
3位ハント
マイン
25,000円~
4位プロテカ
マックスパス3
66,000円~
5位ace.
コーナーストーンZ
17,600円~
6位プロテカ
フラクティⅢ
29,700円~
7位ace.
ウォッシュボードZ
34,100円~
8位ACE DESIGNED BY ACE IN JAPAN
オーバル
16,500円~
9位ワールドトラベラー
サグレス
23,100円~
10位ハント
ラミエンヌ
35,200円~

*参考価格は2021/05/01現在

ジンベエ
エースのスーツケースは、楽天市場の公式ストアで購入すると10%ポイント還元になりますよ!

1位:エース・プロテカ「エアロフレックスライト」

エース・プロテカ史上最軽量!

スーツケースの内装

エアロフレックスライトはプロテカの歴史の中でも最軽量のスーツケース

グラスファイバーを利用した独自開発素材ウルトラストリングを採用し、“強さ”と“軽さ”を高い次元で両立しています。美しく独創的なボディシェル表面のリブも強度アップに貢献しています。

機内持ち込みサイズなら重量はわずか1.7kgと抜群の軽さで、重量制限の厳しいLCCのフライトでも頼りになります。

  • 超軽量なスーツケースが欲しい
  • 日本製の信頼できるスーツケースが欲しい

という方にぴったりなスーツケースです。

特集記事エアロフレックスライト使用レビュー|口コミ評判にないメリットデメリットを紹介!

サイズ
  • S 55*36*24cm 1.7kg 37L
  • M 62*42*27cm 2.1kg 53L
  • L 68*46*29cm 2.4kg 74L
  • LL 75*51*31cm 2.6kg 93L 
カラー
  • グレー
  • ブラックカー
  • マインレッド
  • シフォンブルー
機能
  • TSAロック
  • 静音キャスター
  • ウルトラストリング素材

エース・プロテカ「エアロフレックスライト」の口コミ評判

とにかく軽い

腕力のない妻に購入。いつもは私が新幹線の網棚にスーツケースを乗せますが、今回の旅行では軽い軽いと自分で乗せてました。私も欲しくなったので近々自分用を購入予定です。
公式ショップからの口コミ

2位:エース・ace. 「パリセイド2-Z」

イチオシ!

利便性抜群のフロントオープンポケット搭載スーツケース

ace. のベストセラーとなっているパリセイド2 -Z

昨年エースで一番売れたスーツケースの最新モデルです。

機内持ち込みサイズにはフロントオープンポケットが搭載されていて、パスポートやスマホ、モバイルバッテリーなどの小物を収納するのに最適です。

フロントオープンタイプは一度使うとその利便性の高さから手放せなくなる方が非常に多いです。

フロントオープンポケット内にはPC収納スペースもあるため、ビジネス用途でもよく選ばれています。

パリセイド2-Zの内装

またフロントオープンポケットに目が行きがちですが、スーツケース内部の両面に仕切り&収納があったり、次世代のスーツケース素材として注目されるポリプロピレンをボディに使うことで2kg台からと指一本で持てたりなど、トータルバランスに優れたスーツケースです。

  • 「LCCを使って機内持ち込みサイズのスーツケースだけでよく旅行する」
  • 「出張で飛行機をよく利用する」

という方におすすめの20,000円以下から購入できるコスパ抜群のスーツケースです。

特集記事パリセイド2-Zレビュー|軽量×フロントオープンは最強!

サイズ
  • 22Lサイズ 39*34*20cm 2.2kg 
  • 36Lサイズ 45*38*25cm 2.9kg 
    (フロントオープン)  
  • 32Lサイズ 47*35*23cm 2.6kg 
  • 39Lサイズ 53*35*25-29cm 2.9kg
    (拡張機能)  
  • 58Lサイズ 66*45*26cm 3.7kg 
  • 94Lサイズ 65*47*34cm 4.7kg 
カラー
  • ネイビーカーボン
  • ブラックカーボン
  • ヘアライングリーン
  • ヘアラインブラック
  • ホワイトカーボン
機能
  • TSAロック
  • フロントオープン
  • ダブルキャスター
  • ポリカーボネート100%

エース・ace.「パリセイド2-Z」の口コミ評判

 

他のメーカーと比較し悩んでいました。価格がこちらの方が安く実際の商品を見ていないので不安でした。
aceというブランドを信用し思い切って購入。なんで迷っていたんだろうと後悔する程買ってよかったと満足しています。
軽い、タイヤの動き良く操作性問題なし。色味は写真より爽やかな感じ。大きすぎずちょうどいい感じ。旅行が楽しみになりますね。
公式ストアの口コミ

3位:エース・ハント「マイン」

女性の“欲しい”が詰まったスーツケース

エースの女性チームが作り上げるハントの中でも人気の高いマイン

旅が楽しく快適になる工夫がこれでもかというくらい詰め込まれています。

スーツケースのインナーにはカラーごとに異なるデザインが採用され、仕切りには小物の収納に便利な深いマチ付きポケットを搭載。
室内にスーツケースを持ち込む際に床を汚さないための専用キャスターカバーや靴の型崩れを防ぐシューキーパー付きシューズケースなど、他のスーツケースにはない装備が自慢です。

またスーツケースの快適性を大幅に向上させるキャスターストッパーフロントオープンポケット(機内持ち込みサイズのみ)も採用されています。
フロントオープンスタイルのスーツケースは男性向けのデザインが多く、女性の方でフロントオープンを探している方にはマインは貴重な存在です。

  • 「旅するのが楽しくなるような可愛らしいスーツケースが欲しい」
  • 「女性目線の使いやすいスーツケースが欲しい」

という方におすすめのデザイン性だけじゃない、基本性能が非常に高いスーツケースです。

特集記事ハントマインの可愛いだけじゃない使い心地レビュー

 

サイズ
  • S 48*34*24cm 3.3kg 34L
    (フロントオープン)
  • S 48*34*22cm 27kg 33L
  • M 55*40*23cm 3.5kg 47L
  • L 65*47*25cm 4.1kg 75L
カラー
  • アネモネレッド
  • カモミールアイボリー
  • ガーベラピンク
  • ダリアベージュ
  • パンジーブラック
  • ビオラネイビー
機能
  • TSAロック
  • キャスターストッパー
  • フロントオープン
  • 大型キャスター

エース・ハント「マイン」の口コミ評判

すばらしい

いろいろなキャリーを見て探し続けてたどり着いた一品です。
女性ならではのかゆいところに手が届く様な仕様にとても気に入っています。
外観は落ち着いたネイビーですが、かわいいワンポイントが入っていて、仕事で出張の際にも女性らしい印象を保てるので素敵です。
これからもこういった商品を期待しています!
公式ストアの口コミ

4位:エース・プロテカ「マックスパス3」

熟成を重ねたビジネスキャリー

機内持ち込み最大容量の40Lで、3,4泊までの出張ならこれだけでも対応可能なマックスパス

ビジネスマンを中心に非常に高い人気を誇るマックスパスシリーズの最新モデルが「マックスパス3」です。口コミにもありますが、多くのユーザーの声であった「キャスターストッパー機能」を新たに搭載。

フロントポケットもさらに大きくなったので、パソコンだけでなく、マウスやアダプターなど周辺ガジェットも一緒にスムーズに収納可能になりました。

値は少しはりますが、ビジネス用途の機内持ち込みキャリーとしてマックスパス3以上のキャリーは無いと言えるほど、モデルがリニューアルされるたびに熟成を重ねて完成度を高めてきたスーツケースです。

  • ビジネスで長く使える相棒になるようなキャリーが欲しい

という方におすすめしたプロテカの人気スーツケースです。

他にもある前モデルである「H2s」からの改良点は関連記事もご覧ください。

特集記事プロテカ「マックスパス3」画像レビュー!前モデルH2sから4つの改良!

サイズ
  • S 45*39*25cm 3.6kg 40L
カラー
  • ガンメタリック
  • コロナレッド
  • ブルーグレー
  • ダークシルバー
機能
  • TSAロック
  • 静音キャスター
  • キャスターストッパー
  • フロントオープン
  • ポリカーボネートハイブリッド樹脂

エース・プロテカ「マックスパス3」の口コミ評判

使いやすいです!

五郎丸さんが使っていらしたのと同じバージョンを愛用していたので、2台目です。以前感じていたポケット部の容量とロック、ストッパーが改善され、最高の使い勝手だと思います。
びっくりするほど荷物が入ることと、キャスターの滑らかな動きはいうまでもありません。機内持ち込み可で、もはや体の一部となっています。
欲を言えば、もっとカラーバリエーションがあればいいなと、次回に期待しています。
公式ショップからの口コミ

5位:エース・ace.「コーナーストーンZ」

 ace.のスーツケースで神コスパはコーナーストーンZ

シンプルな内装のコーナーストーンZ

ポリカーボネート100%のボディに安定感のあるダブルキャスターを組み合わせたコーナーストーンZ

ポリカーボネートは耐久性だけでなく軽量性にも貢献していて、74Lサイズでも4.1kgしかありません。
超軽量とまではいきませんが、一昔前の7,8kgのスーツケースと比べるとびっくりするくらいの軽さです。

そしてace.の現行モデルのハードケースの中で一番リーズナブルなモデルで、2万円以下から購入できます。

  • できるだけリーズナブルに高品質なスーツケースが欲しい
  • 安心の日本ブランドのスーツケースを使ってみたい

という方にぜひ使っていただきたいスーツケースです。

他のace.のモデルとの違いについては使用レビューもご確認下さい。

特集記事コーナーストーンZ使用レビュー|口コミ評判ではわからないメリット・デメリット

サイズ
  • S 54*36*25cm 3.1kg 36L
    (フロントオープン)
  • S 55*36*24cm 3.0kg 37L
  • M 62*44*25cm 3.6kg 55L
  • L 67*48*28cm 4.1kg 74L
  • LL 75*52*30cm 4.9kg 98L
カラー
  • ネイビー
  • ホワイト
  • ガンメタリック
  • レッド
機能
  • TSAロック
  • ポリカーボネート100%
  • ダブルキャスター

エース・ace.「コーナーストーンZ」の口コミ評判

良い買い物でした!
動かした時に音が静かで、双輪キャスターで、とてもスムーズに動きます♪
荷物も、両面にファスナーがついていて、しまいやすいです。
何より、高級感があって、おしゃれです!!
公式ショップからの口コミ

6位:エース・プロテカ「フラクティ」

基本機能を見つめ直した正統派なコスパモデル

フラクティシリーズは水面を走る波をイメージして作られたボディデザインが印象的なファスナーハードのスーツケース。

軽さと強度を両立させたポリカーボネートハイブリッド樹脂を採用し、落ち着いたデザインでビジネスでもプライベートでも使いやすいです。

静音性にも優れたキャスター持ちやすいハンドルなど、日本製らしい基本性能の高さが特徴です。

そして5万円以上するのが当たり前なプロテカのスーツケースの中で、2万円台から購入できる抜群のコスパも魅力です。

  • プロテカは使ってみたいけど高いんじゃ…

という方におすすめのプロテカエントリーモデルです。

サイズ
  • S
  • M
  • L
カラー
  • ブラック
  • レッド
  • ネイビー
  • ピーコックブルー
機能
  • TSAロック
  • 静音キャスター

エース・プロテカ「フラクティⅢ」の口コミ

スーツケース

これから使う予定で購入しました。
決め手は、軽量かつ丈夫であることに加えて、求めやすい価格であったことです。海外の製品も含めて検討したのですが、容量のバリエーションはラインナップで違うことで、たくさん展開されていることになっており、最終的にこのブランド数点にしぼる形になり、その中から選ぶことになりました。
スーツケースに関して、信頼のおけるブランドであったことも理由の一つでした。
公式ショップからの口コミ

7位:エース・ace.「ウォッシュボードZ」

キャスターストッパー搭載の日本製造モデル