マックスパス3の画像

出張の多いビジネスマンに人気の高いエース株式会社の人気ブランドプロテカから新たに「MAXPASS(マックスパス)3」が発売されました。

2011年に発売を開始して以来、累計9万本を販売している人気シリーズですが、リニューアルで前モデル「MAXPASS H2s」から何が変わったのか実際に写真で比較しながら確認しましょう。

エース・プロテカ『MAXPASS(マックスパス)3』の特徴

この投稿をInstagramで見る

 

Toandfro Hanedaさん(@toandfrohaneda)がシェアした投稿 -

100席以上の航空機内に持ち込めるコンパクトサイズながら、40Lという高い収納容量を実現したエース・プロテカマックスパスシリーズ

国内外の短期出張にもマックスパスだけで対応できるので、空港で不要な時間や手間をかけることなく、ビジネスをよりスピーディーにしてくれます。

エース・プロテカ最新モデルの『マックスパス3』の仕様について簡単に表で確認しましょう。

マックスパス3とH2sを仕様で比較!

プロテカ マックスパスH2sプロテカ マックスパス3
サイズ高さ46×幅38×奥25cm高さ50×幅40×奥25cm
重量3.3kg3.6kg
容量40L40L
価格54,000円+消費税60,000円+消費税
機能PC収納
フロントオープン
サイレントキャスタ-
ベアロンホイール
機内持込みサイズ
TSAロック
(左に加えて)
キャスターストッパー

仕様で確認するとわかりやすいですが、今回の最大の変更点は「キャスターストッパー」です。

電車での移動や、傾斜のある道でスーツケースにストッパー機能があると非常に便利です。旧モデル愛用者の中にも、ストッパー採用を求めるレビューが多く、利用者の声に応えた形です。

ただしキャスターストッパー搭載のため、価格は旧モデルよりも6,000円高くなってしまいました。

「どうしてもキャスターが必須!」という方でなければ、コスパの高い前モデルを狙うのも手かもしれません。

しかし、マックスパス3は他にも様々な細かい点がブラッシュアップされているため、詳細は記事後半をご覧ください。

マックスパス3とH2s共通の装備

前モデルであるH2sで好評だった機能は当然、新モデルであるマックスパス3にも踏襲されています。

簡単に主だった機能を振り返ってみましょう。

1.フロントオープンポケット

マックスパス3ではフロントポケットがより使いやすく
フロントポケット13インチまでのノートパソコンや書類、チケットなどを安全かつスッキリ収納できます。

マックスパス3でフロントポケットのサイズは旧モデルよりも大きくなりました。

2.独自開発の静音キャスター

プロテカならでは独自開発キャスター
体感音量を約30%軽減した新開発のサイレントキャスターを搭載。

安定性と静音性を兼ね揃えた大型キャスターがスムーズな移動を可能にします。

また、サイレントキャスターに加えて、滑らかな走行を可能にした独自開発のベアロンホイールも搭載しています。

摩擦抵抗を極限まで抑えた高耐久性クロム鋼ベアリングを採用しているので、荷物をたくさん入れても取り回しの軽い走行で移動を快適にしてくれます。

3.デュアルホールド式TSAロック

フロントポケットでもデュアルロックで安全性抜群
フロントポケット部分もメインのTSAロックで施錠できる機構を採用。

貴重品を入れることが多いフロントポケットの防犯性も高く安心です。

プロテカ・マックスパス3のH2sからの4つの改良点

リニューアルしたマックスパス3で前モデルから改良されている部分にも注目しましょう。

1.マックスパスシリーズ初のキャスターストッパー搭載

要望の多かったキャスターストッパーを搭載

マックスパス3では、シリーズ初の機能としてキャスターストッパーが搭載されました。

マックスパスシリーズはスーツケース自体が軽量で、キャスターも滑らかな静音キャスタ-が搭載されているため、電車やバスの中で常に手で支えておかないと勝手に動いてしまいました。

マックスパス3では、ワンタッチのキャスターストッパーが搭載されたので、手元のスイッチで簡単に車輪を固定できます。

手元のスイッチで背面側の車輪にストッパーをかける技術は、エース独自開発の特許構造です。

キャスターストッパー搭載と一緒にハンドル部分も形状が丸みを帯びた物に変更になり、荷物をたくさん入れても快適性が保てます。

マックスパス3のキャスターストッパーについての口コミ

色が素敵

ステキな色で、コロコロ転がしてもスムーズに進みました。止めた時もストッパーがあるので安心でしたが、今までのは、なかったので、ストッパーをしているのを忘れて、何度か動かないって、焦りました 笑
楽天市場からの口コミ

2.スーツケーストップ部分がよりフラット仕様に

マックスパス3はより天板がフラットになりスマートな印象

前モデルもフラットな仕様でしたが、今モデルであるマックスパス3では、さらに天面部がフラットになったので、安定してトートバッグやビジネスバッグを載せて移動できます。

見た目にもスッキリとした印象になりました。

マックスパス3のデザインについての口コミ

やっぱりmade in japan

今迄色んなブランドの商品を使いましたが、やっぱり日本製が一番だと思います。縫製も丁寧だし、細部にわたり使う人の気持ちを熟知した設計はさすがだと感じます。このクオリティなら納得の価格だと思います。
楽天市場からの口コミ

3.プルドライブハンドルの調整が6段階に

プルハンドルの安定感もプロテカならでは。

マックスパス3では、伸縮ハンドルの調整が6段階と細かく設定できるようになったので、身体に合う高さで自由に調整可能です。

人混みの中で押して歩く場合や、空港内で引いて歩くなど、シチュエーションに応じて最適な高さに設定できます。

4.収納がよりスマートに

フロントポケットはマックスパス3でさらに便利で大容量に

前モデルから非常に人気の高いフロントオープン機能ですが、マックスパス3ではサイズが大きくなり、さらに使いやすくなりました

前モデルではフロントオープンの中のポケットは、ペンやパスケースといった小さなものしか入らないさいずでしたが、マックスパス3ではマウスやノートパソコンのアダプターなどがかさばるものも整理しながら収納できる大きめのポケットも搭載。

A4クリアファイルも収納できるので書類なども入ります。

様々なガジェットを組み合わせて働くビジネスマンに使いやすい仕様になりました。

ただし、収納できるノートパソコンは13inchクラスまでと前モデルから変わっていないのでご注意を。

でも開口部も前モデルよりも大きく開くようになったので、取り出しは非常にしやすくなっています。

マックスパス3の収納についての口コミ

使いやすいです!

五郎丸さんが使っていらしたのと同じバージョンを愛用していたので、2台目です。以前感じていたポケット部の容量とロック、ストッパーが改善され、最高の使い勝手だと思います。
びっくりするほど荷物が入ることと、キャスターの滑らかな動きはいうまでもありません。機内持ち込み可で、もはや体の一部となっています。
欲を言えば、もっとカラーバリエーションがあればいいなと、次回に期待しています。
公式ショップからの口コミ

日本製・安心保証のプロテカ「マックスパス3」

プロテカは日本を代表するエース株式会社の高級ブランド。

全プロテカ製品は北海道の赤平工場で作られるMADE IN JAPANです。高い品質と優れた機能性で国内外から高い評価を得ています。

スーツケースブランド唯一である航空会社による破損も保証対象内に含む3年間の無償製品保証「プロテカ プレミアムケア」があるので、安心して使用することができます。

新モデルであるマックスパス3には、新たにキャスターストッパーが搭載され、さらにユーザーの声に答えた細かい改良もされました。

ビジネスをより快適・スピーディーにしてくれる安心の国産スーツケースで次回の出張にでかけてみるのはいかがでしょうか?