おすすめ携帯ウォシュレット比較

 

一度使うと手放せなくなる“ウォシュレット”

ただ、公共トイレのウォシュレットは衛生面が心配なことが多いですし、海外旅行ではウォシュレットはもちろん、紙も備え付けてないような水準の国も少なくありません。

そんな時に活躍してくれるのが携帯ウォシュレットです。

そこで今回は、実際に人気の携帯ウォシュレットを購入&比較検証してみて、本当におすすめできるトラベルウォシュレットをご紹介したいと思います。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。

この記事の筆者:ジンベエ
海外ガイド歴12年。世界散歩ではトラベルグッズレビューを担当しています。自称・トラベルグッズアドバイザーが、本当に役立つ“生”の情報をお届けします。
*ウォシュレットはTOTOが商標登録していますが、今回の記事では便宜上TOTO製品意外もウォシュレットと呼んでいます。

携帯ウォシュレットの比較基準は3つ

おすすめ携帯ウォシュレットの比較

公平なランキングにするために、3つの条件をもとに比較検証しておすすめ携帯ウォシュレットの評価を決めています。

1.携帯ウォシュレットとしての性能&使いやすさ

TOTOの携帯ウォシュレット

1つ目の携帯ウォシュレット比較の条件がウォシュレットとしての性能&使いやすさです。

意外とAmazonなどでおすすめに表示される携帯ウォシュレットでも、製品によって使いやすさはバラバラでした。

実際に外出先や海外で使うシチュエーションでそれぞれの製品の長所・短所をご紹介します。

2.携帯ウォシュレットとしての強力さ

携帯ウォシュレットの強力さ

自宅に備え付けのウォシュレットと違い、携帯ウォシュレットは乾電池や手動で水を出すため、水圧が強力かどうかは気になるポイントですよね。

各メーカーの公式サイトを確認すると、携帯ウォシュレットの水圧イメージとして1秒間あたりの吐出量が記載されていますが、実際にテストしてみたところ各携帯ウォシュレットの強力さを確認するのに吐出量は意外と参考にならないことがわかりました。

3.携帯ウォシュレットとしての携帯しやすさ

ポーチに淹れたTOTOの携帯ウォシュレット

外出先で使用するのにビジネスバッグに収納したり、海外旅行でバックパックに収納したりすることを考えると、コンパクトサイズの携帯しやすさはかなり重要なポイントです。

そして他の人に見られた時に恥ずかしくないデザイン性携帯ポーチの有無もしっかり比較しています。

おすすめ携帯ウォシュレット5選の比較ランキング

携帯ウォシュレットの強力さ比較

では、実際に3つの比較条件に基づいて使ってみてわかった、本当におすすめの携帯ウォシュレットをランキング形式でご紹介したいと思います。

順位商品名参考価格
1位TOTO YEW350 YEW4W3W約6,100円
2位パナソニック DL-P300約7,200円
3位Viaes 携帯ウォシュレット約3,200円
4位富士商 携帯ウォシュレット約2,200円
5位TONE LIFE 手動携帯ウォシュレット約1,200円

ジンベエ
携帯ウォシュレットはニッチな商品らしく、なかなか百貨店のトラベルグッズコーナーや家電コーナーに行っても見つかりませんでした。筆者が購入した時には、ネット通販でもAmazonが最安でした。

1位:TOTO YEW350

TOTOのYew350

携帯ウォシュレットでも完成度は流石のTOTO

  • 性能&使いやすさ:
  • 水圧の強力さ:
  • 携帯しやすさ:

ウォシュレットを世界で初めて作ったのがTOTOですが、やはり携帯ウォシュレットYEW350も圧巻の完成度でした。

ちなみにTOTOの携帯ウォシュレットYEW350と2位のパナソニックのハンディトワレ安心の日本製です。

TOTOの携帯ウォシュレットに水を補給

まず使いやすさですが、TOTOの携帯ウォシュレットYEW350だけが一体式になっていて、分解せずに水が補給できます

海外旅行では、手洗い場の水道は使えないことが多く、ペットボトルの水を移すことになります。
そうすると2位以降の商品は分解式本体・タンク・ペットボトル・ペットボトルの蓋と、持たなければいけないものが多くなるんです。

それも海外のトイレは座れる状態じゃないことも多く、中腰で全部持ちながら操作は結構大変…。

その点、TOTOの携帯ウォシュレットYEW350はワンタッチでキャップが開く方式なので、どこでも給水がしやすいのが魅力です。

TOTOの携帯ウォシュレットの水圧

そして、水圧の強さではパナソニックのハンディトワレに負けましたが、TOTOの携帯ウォシュレットYEW350水のシャワーの安定感がダントツでした。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、タンクの水を全部使用しても、水が落ちる範囲がずっと同じで小さな円にしかならないんです。

これがどういうことかというと…

TOTOの携帯ウォシュレットでお尻を洗う

狙ったところをきれいに洗えるんです。

他の携帯ウォシュレットでは、お尻の全体が濡れるけど、きれいに洗浄しきれていないこともありました。

ただ、TOTOの携帯ウォシュレットYEW350は狙ったところをピンポイントで洗えるので、無駄がありません。

タンク容量の180mlで十分です。

携帯ウォシュレットのサイズ比較

サイズも今回のランキングでは最もコンパクトで、厚みもないのでバックパックやビジネスバッグにもサッとしまえます。

専用の携帯ポーチも付属しているので、バックにしまうのに衛生面も安心です。

TOTOの携帯ウォシュレットの強弱ボタン

唯一の難点は、強弱調整がノズル先端にあるため、使用後は直接手を触れて変えられない点でしょうか…。

ただ、基本的にずっと同じ強さで大丈夫なら、問題ありません。

価格は6,000円ほどと、決して一番安い携帯ウォシュレットではありませんが、1度買えばずっと使用するものなので、万能派で断然おすすめなのはTOTO携帯ウォシュレットのYEW350です。

ジンベエ
TOTOの携帯ウォシュレットには、YEW350のほかにYEW4W3Wというのがありますが、基本的にはカラーの違いのみです。
YEW4W3Wはちょっとカラーリングがおしゃれな分、1,000円ほど高いです。
品番TOTO YEW350 
水量強:8ml 弱:9ml
水容量180ml
持続時間23秒
サイズ6.7*13*4.6cm
重量250g
付属品携帯ポーチ・ストラップ

TOTO携帯ウォシュレットYEW350の口コミ評判

さすが TOTO

設計と製造が日本製ということもあり、本当に作りが秀逸。使用感も良い。携帯でも良いがウオッシュレットが付けられないトイレに常備して使いたい。

2位:パナソニック ハンディトワレ DL-P300

パナソニックのハンディトワレのロゴ

普通のウォシュレット並に強力

  • 性能&使いやすさ:
  • 水圧の強力さ
  • 携帯しやすさ

今回のランキングでは唯一の参考価格7,000円台と、ちょっと高額なパナソニックのハンディトワレDL-P300

ただし、パナソニックは、TOTOと同じく一般家庭用のウォシュレットを設計・製造しているメーカーだけあって、そのノウハウがハンディトワレにもしっかり生かされています。

パナソニックハンディトワレの強力さ

まず、水圧の強力さは今回のランキングでもダントツの1位でした。

奥のダンボールまで届いてしまい、正確にどれくらい差があるかわかりませんが、TOTOの携帯ウォシュレットとも1m以上の差がありました。

実際に使ってみても、普段自宅でウォシュレットを使用しているのと同じ水圧を感じます。

パナソニックハンディトワレのびーと洗浄

そして、TOTOの携帯ウォシュレットにも搭載されていない機能として、「ビート洗浄」が搭載されています。

リズム洗浄のように水を噴射してくれるので、心地よく洗浄できます。

パナソニックのハンディトワレのボタン

手元に強弱ボタンもあり、好みに合わせて使い分けられますし、あと付属品としてビデノズルも付いてくるので洗い心地を4段階から選べます。

そしてモーターの作動音は、パナソニックのハンディトワレが一番静かでした。

ジンベエ
モーターは前回からのモデルチェンジで改良されて静かになったようです。

日本の公共トイレだと、いきなり大きな音のする携帯ウォシュレットを使用するとドアを開けた時にまわりから変な目で見られることもありますが、パナソニックのハンディトワレくらいのレベルなら気にならないと思います。

そして海外で嬉しいのがパナソニックのハンディトワレにはペットボトルアダプターが付いている点です。

携帯ウォシュレットにペットボトルを装着

日本とは異なるサイズのキャップにも対応できるように2種類のアダプターが付いてるので、基本的にどこの国のマーケットでも対応するミネラルウォーターが見つかります。

ジンベエ
海外の水道水は、衛生レベルが日本と違うのでお腹をこわすことがあります。海外旅行で使用する際にはミネラルウォーターを使うことをおすすめします。

パナソニックのハンディトワレ

携帯ポーチが付属しないのが残念なポイントですが、細長いのでビジネスバッグの折りたたみ傘のスペースにすっぽり収まります。

また、携帯ウォシュレットでも人気モデルなので、↓↓のようにサードパーティ製の専用ポーチなんかもあるみたいです。

“携帯ウォシュレットの水圧の強力さ重視”でお財布が許すなら、おしゃれで一見ウォシュレットとわからないパナソニックのハンディトワレはおすすめです。

品番Panasonic DL-P300 
水量強:6ml 弱:4ml
水容量130ml
持続時間20秒間
サイズ4.5*15.4*4.5cm
重量230g
付属品ペットボトルアダプター・ストラップ・ビデノズル

パナソニック ハンディトワレ DL-P300の口コミ評判

リピです。

会社の上司にお奨めした所買うとの事なので注文しました。私も持っていますので私の使用感でレビューします。
出張用です。主に海外で使います。国内出張の場合はほとんどのホテルでウォシュレットトイレが普及しているので問題ないですが、海外の場合は必需品になります。
乾電池で動く利便性にかなり強力なシャワーが出ます。古い型のトイレよりも強力です。
使う際は慣れが必要と思います。
個人的には今年買った物のなかでもベスト5には入る買って良かったものです。

3.Viaes(ビアエス) 携帯ウォシュレット

コスパ抜群のビアエス携帯ウォシュレット

リーズナブルな携帯ウォシュレットならコレ!

  • 性能&使いやすさ:
  • 水圧の強力さ
  • 携帯しやすさ

TOTOとパナソニックの約半額で購入できるのがビアエスの携帯ウォシュレットです。

ビアエスは海外旅行に便利なトラベルグッズを輸入販売している日本メーカーなのですが、その中でも携帯ウォシュレットは一番の売れ筋商品です。

ビアエスの携帯ウォシュレットに水を注入

基本的な使い方は、パナソニックのハンディトワレと同じです。

本体と給水タンクを取り外して、水を入れたら固定してスイッチを押すだけです。

ビアエスの強弱ボタン

強弱の2種類が選べて、水の噴射の安定具合もしっかりした商品です。

ビアエスの水の強さ

水圧の強さはTOTOの携帯ウォシュレットよりもちょっと弱いくらいです。

使う人によっては「乾電池だとこんなものか…」と物足りなさを感じるかもしれませんが、ほとんどの方は問題なく使用できると思います。

ちなみにビアエスもペットボトルのアダプターが付属します。
ただ、水を満タンにすれば40秒近く使えるので、使用する機会は少なめかもです。

そして、実はこの形の商品はネット通販でもたくさん出回っています。

4位の富士商もおそらく同じ工場なのではと思っています。

というのも…

ビアエスと富士商の比較

本体部分は全く同じ形状で、水圧も全く同じ強さなんです。

そして富士商も含め、似たような商品はビアエスよりも500円~1,000円ほど安く販売されていますが、おすすめはやはりビアエスです。

ビアエスはこれまで携帯ウォシュレットを販売してきたレビューを基に、しっかり改良されていました。

ビアエスのシリコンキャップ

例えば、この給水タンクのシリコンキャップ

富士商のものはそのまま樹脂です。

基本的に携帯ウォシュレットは濡れた状態で使うことが多いと思うのですが、富士商の給水タンクは形状が原因なのか、水が付いた状態だと開ける時に中が真空のようになって開けにくいことが結構あります。

ところが、ビアエスの給水タンクはシリコンキャップが膨らんだり凹んだりするので、スムーズに開閉が可能です。

他にも1年保証が付いていたりなど、かなり誠意的にこの携帯ウォシュレット販売を行っていると感じられました。
500円くらいの差ならビアエスの携帯ウォシュレットが安心かなと思います。

品番ビアエス 携帯ウォシュレット
水量強:3.4ml 弱:2.5ml
水容量140ml
持続時間40秒間
サイズ4.7*16*4.7cm
重量215g
付属品専用ポーチ・ペットボトルアダプター・予備ノズル

ビアエス携帯ウォシュレットの口コミ評判

満足です

一言で言うと満足です!当然大手メーカーも検討しましたが、値段も張りるし、ダメ元で試してみようと思い購入しました。誰でも携帯型で一番気になる水圧は通常のウォシュレットと比較して弱くて当たり前ですが、弱と中の間くらいと考えていいと思います。水量はペットボトルを装着すれば問題なし。普通のウォシュレットと悩みましたが、一人で使うなら十分です。

4.富士商 携帯ウォシュレット

富士商の携帯ウォシュレット

中身はほぼビアエスと同じ

  • 性能&使いやすさ:
  • 水圧の強力さ
  • 携帯しやすさ

基本的な性能はすべてビアエスと同じです。

ビアエスのところでは紹介しきれなかった細かいところもご紹介しておきます。

富士商の携帯ウォシュレットの電池蓋

ビアエスと富士商のこのモデルの携帯ウォシュレットは、電池蓋がとても開けやすいのが特徴です。

ツメが付いているので、力を入れなくても簡単に開閉できます。

TOTOとパナソニックの電池蓋にはこういうツメが付いていなくて、指で開けようと思うと結構苦労します。
*TOTOの方は専用ポーチに開閉用のツメが付いています。

電池自体が毎日使っても1ヶ月以上使えるのでそんなに頻繁に開閉することはないのですが、特にパナソニックさんには次回のモデルチェンジで改良してほしいです。

ジンベエ
パナソニックの取り扱い説明書には「マイナスドライバーなどで…」と書かれています。旅行先で電池交換する時にはどうしたらいいのか…
品番富士商 携帯ウォシュレット
水量強:3.4ml 弱:2.5ml
水容量140ml
持続時間40秒間
サイズ5*16*5cm
重量215g
付属品携帯ポーチ

富士商携帯ウォシュレットの口コミ評判

お湯を入れると温水洗浄してくれます

長期出張中の宿舎がウォシュレット付いてなかったので購入。
ウォシュレットって完全に必需品になってるのを実感しました。
据付ほどではないけど、それなりに洗ってくれるので助かります。
紙だけだとゴシゴシこすらなきゃならないガンコな汚れも、水洗いと併用すれば優しい強さで拭き取れるのでお尻の負担が減りました。
お湯の温度には気をつけて下さい。
熱いお湯を入れると肛門をやけどします。

5位:TONE LIFE 手動ウォシュレット

手動の携帯ウォシュレット

災害用の非常用ダンボールにしまいました

  • 性能&使いやすさ:
  • 水圧の強力さ
  • 携帯しやすさ

電動の携帯ウォシュレットが力不足だったら困るからと思い、手動式で口コミ評価が高いこの商品も買っておいたのですが、失敗でした…。

手動式携帯ウォシュレットの強さ

まず、水圧の強さが全然足りません

なのできれいに汚れを落とすことができず、イマイチです。

手動式携帯ウォシュレットの水

そして、水が三つ又でシャワー状になって出るのですが、洗浄範囲が広くて、お尻全体が濡れてしまいます

なのに水圧は足りないため汚れは落としきれないと、ちょっとストレスの溜まる製品でした。

そして一番ダメなのが…

手動式携帯ウォシュレットの専用ポーチ

携帯のしやすさ…

まず専用ポーチがノズルを付けた状態では長さが足りず、一番隠れて欲しい部分が顔を出してしまっています。

手動式携帯ウォシュレットの収納

このようにノズルを中にしまって収納するのが正解だと思うのですが、こうやってしまうためには…

手動式携帯ウォシュレットを分解

こうやって先端のシャワーキャップを外して挙げないと引っ掛かって入ってくれません。

ただ、使用した後にこのシャワーキャップって触りたくないですよね。

なので携帯ウォシュレットなのにものすごく携帯しにくいという大きな欠点を抱えた商品でした。

一応災害時には手動で使えれば何かと重宝するのではと思い、災害用の避難セットのダンボールにしまってあります。

品番TONE LIFE 手動ウォシュレット
水量握力任せ
水容量450ml
持続時間握力次第
サイズ6*26*6cm
重量
製造携帯ポーチ

TONE LIFE 手動ウォシュレットの口コミ評判

痔の手術後のため、ウォシュレットがないと非常につらく、仕事先で使用するために購入しました。洋式トイレは隙間が狭いため、コツがいりますが問題なく使用できますし、電源がいらないのも便利です。

おすすめ携帯ウォシュレットでどこでも快適!

おすすめの携帯ウォシュレット

実際に人気の高い携帯ウォシュレットを購入して、比較検証してみました。

おすすめは普通のウォシュレットも製造しているTOTOとパナソニックです。

ちょっと他の携帯ウォシュレットよりお値段はしますが、ほぼ自宅にあるウォシュレットと同じ感覚で使用することができます

外出先から海外まで、携帯ウォシュレットがあるだけで自宅と同じように快適なトイレタイムになるので、1度持つと手放せなくなるアイテムです。

バッグに常備しておくのはいかがでしょうか?