フリクエンターのクラムアドバンスの口コミ評判

 

圧倒的なキャスター性能で近年人気が高まっているフリクエンター

中でも人気が高いのがフロントオープンポケットにキャスターストッパーなど多機能さが魅力のクラムアドバンス/CLAM ADVANCEです。

機内持ち込みサイズとして万能な使い心地を実際にレビューでご紹介します。

口コミ評判ではわからないメリット・デメリットを確認するのにお役立てください。

この記事の筆者:ジンベエ
海外ガイド&コーディネーター歴12年。使用したスーツケースは50台以上。
世界散歩ではトラベルグッズのレビューを担当しています。お役に立つ“生”の情報をお届けします。

フリクエンタークラムアドバンスの基本情報

フリクエンターのクラムアドバンス

クラムアドバンスはこんな方におすすめ
  • フロントオープンポケットの付いたスーツケースが欲しい
  • 軽量な機内持ち込みサイズのスーツケースを探している
  • キャスターがスムーズなスーツケースが欲しい

まず、簡単にフリクエンターの基本情報をご紹介しておきます。

モデル名1-2171-216
サイズ33×49×22cm36×53×24cm
容量23L34L
重量3.1kg3.6kg
目安コインロッカー利用可
1泊~2泊
機内持ち込み可
2泊~3泊
素材ポリカーボネート100%
価格
(税込み)
25,300円28,600円

フリクエンターのクラムアドバンス/CLAM ADVANCEは2サイズラインナップで、どちらも機内持ち込みサイズです。

筆者が利用するのは34Lサイズの1-216で大きな方です。

フリクエンターとは

フリクエンターのスーツケースを作るのは兵庫県豊岡市のエンドー鞄株式会社です。

2020年で創業196年を迎える老舗企業で、伝統と機能性に魅了された多くのファンが存在します。

クラムアドバンスの外観

フリクエンターのボディ

クラムアドバンス/CLAM ADVANCEにもフリクエンターの特徴的な波を打つようなリブデザインが採用されています。

そしてボディにはドイツ社製の高性能ポリカーボネートであるマクロロンが100%使用されています。
カラーリングも鏡面加工のギラギラしたものではなく、深い艶で光の当たり具合で見え方が変わって高級感があります。

フリクエンタークラムアドバンスのTSAロック

当然ですがTSAロックも搭載

そしてフロントオープンポケットの搭載されたスーツケースはポケット部分がロックなしの場合もあるんですが、フリクエンターのクラムアドバンスはメイン収納とポケットの両方のファスナーがTSAロックに対応しています。

ビジネス用途でポケットに電子機器なんかを収納する方も安心して使用できます。

フリクエンターのキャスターストッパー

クラムアドバンスのキャスターストッパー

筆者はこれまで30台以上スーツケースを使ってきたのですが、フリクエンターのようなキャスターストッパーの方式は初めて見ました。

クラムアドバンスを電車で使用

地面に接する部分がゴム製になっていて、ノック式のボールペンのようにストッパーを下ろして使用します。

実際に電車でも使用してみましたが、しっかりスーツケースを固定してくれているので安心感があります。

ジンベエ
このキャスターストッパーといい、特許取得のキャスターといいフリクエンターを手掛けるエンドー鞄さんはこれまでのスーツケースの常識を覆すような画期的アイディアの商品が多くて、トラベルグッズマニアとしては所有欲が刺激されます…。
キャリーバーの高さ

機内持ち込みサイズのスーツケースを選ぶ時には、キャリーバーの高さも要確認です(特に身長の高い方…)。

筆者は189cmあるんですが、キャリーバーが短いと引きながら足にスーツケースが当たってしまいます。

フリクエンターのクラムアドバンスはキャリーバーの長さを4段階で調節可能
最長だと実測で約102cmあるので、身長の低い方から高い方まで使いやすいと思います。

クラムアドバンスの収納部分

フリクエンターのフロントオープンポケット

クラムアドバンス/CLAM ADVANCEのフロントオープンポケット部分です。

ノートパソコンやタブレットを収納するスペースにはクッション性のある素材が使われているので衝撃から電子機器を守ってくれそうです。

クラムアドバンスのオープンポケット

実際にノートパソコンを収納してみました。

筆者のノートパソコンは14インチサイズですが、問題なく収納できています

他にもパスポートやスマホ、モバイルバッテリーにちょうど良さそうなサイズのポケットも付いているので、空港の保安検査やターミナルでのちょっとした空き時間に荷物を出し入れするのにも便利そうです。

フリクエンターの内装

フリクエンタークラムアドバンスのメイン収納部分は片側がメッシュ素材を使った仕切りでもう片方はXバンドになっています。

おそらく軽量性のためにシンプルにしたんだと思います。

フリクエンターの内装

実際に3泊分の荷物を収納してみました。

なんとか左上にお土産用のスペースが確保できました。

フロントオープンポケットのスーツケースはどうしてもポケット分の収納スペースが犠牲になってしまうため、3日分の衣類だと圧縮バッグを使わないと入り切らないと思います。

フリクエンターのメンテナンスファスナーの中

こちらはフリクエンタークラムアドバンスのメンテナンスファスナーの中です。

ジンベエ
メンテナンスファスナーは「開けないでください」とあるので、開ける時は自己責任で…。

普段、業者以外開けないところですが、キャリーバーやキャスターの取り付けられている部品の品質が確認できます。

格安スーツケースの場合は、この部分が適当なので使っているうちにすぐ壊れてしまいます。

フリクエンターのクラムアドバンスは、しっかりした樹脂部品でキャリーバーやキャスターが固定されています。

普段見えないところまでしっかりしているメーカーのスーツケースは安心して使用できます。

フリクエンタークラムアドバンスの口コミ評判にはない5つのポイント

ここからは実際に使ってみて感じたフリクエンタークラムアドバンス/CLAM ADVANCEのメリットデメリットについてご紹介したいと思います。

メリット1:ファスナーを外せばメイン収納へもアクセス可能

クラムアドバンスの収納

フロントオープンポケットは大きく分けると、独立した収納スペースのタイプと中のメイン収納と一体型になっている2種類があります。

フリクエンターのクラムアドバンスはどちらにもなるハイブリッド型なんです。

ファスナーが取り付けられていて、開けるとメイン収納にアクセスできるため、写真のようにフロントポケットからパッキングすることも可能です。

こうすると荷物を左右に分ける必要がなく、マチも深く使えるので効率よくパッキングできます。

また出張で利用する際にはファスナーを閉じればフロントポケット内部は独立した収納スペースになるので、仕事関連のものと衣類を分けてパッキングできます。

これまでもフロントオープンポケット付きのスーツケースはたくさん使ってきましたが、旅行か出張かでいろいろな使い方ができるハイブリッド型はかなり便利です。

メリット2:キャスター性能はやっぱり抜群

フリクエンターのキャスター

フリクエンターはなんと言ってもキャスターが秀逸です。

実際に引いてみるとこれまで使ったスーツケースとは音の大きさや手に伝わる振動が明らかに違います。

フリクエンターは6万円から10万円以上するような高級スーツケースと比べても静音性の高さが際立ちます。

静音性の秘密はキャスター素材にゴムを使用していること、そしてタイヤを内輪と外輪が回る二重構造にすることで振動を軽減しているかららしいです。

ジンベエ
上の画像のように、キャスターのゴム部分が浮いているような形状です。

 

実際に音の大きさを確かめてみました。

フリクエンターのキャスター音

アスファルトの上を引いたのでキャスター的には厳しい条件ですが、平均音量は51デシベルでした。

51デシベルがどれくらいかというと…

  • フリクエンターのキャスター音…51dB
  • 静かな事務所の中…50dB
  • 高級国産スーツケースA社…53.9dB
  • ドイツ製高級スーツケース…62.6dB
  • 1万円程度の格安スーツケース…68.9dB
  • セミの鳴き声…70dB

大体、静かな事務所の中にいるのと変わらないレベルです。

さすが世界一と言われる静音性能です。

それも摩耗してきたら、交換キットを3,000円くらいで購入して正規品と交換できるのもかなりユーザー目線のサービスです。
*リペアはメーカーが儲かるサービスなので…

メリット3:多機能でも軽量性をしっかりキープ

クラムアドバンスの重量*カタログ値は3.6kgでしたが、実測は3.3kgでした。誤差の可能性もあります。

フリクエンターのクラムアドバンス/CLAM ADVANCEは重量が実測で3.3kg。

スーツケースは機能を追加すればそれに合わせて重量も重くなるんですが、この重量なら重量制限が7kgとかのLCCでも利用しやすいです。

デメリット1:サイドに持ち手が欲しい…

クラムアドバンスのサイド

機内持ち込みサイズのスーツケースはほとんどそうなんですが、クラムアドバンスのサイドにも持ち手がありません…。

付けるとその分外寸が大きくなって容量を小さくしないといけなくなるので難しいとは思いますが、次回モデルに期待です。

デメリット2:USBポートが欲しい…

MALIEの充電ポート*画像はフリクエンターMALIEの充電ポート

機内持ち込み用のスーツケースであると便利なのがUSBポート

待ち時間なんかも中にモバイルバッテリーをセットしておけば手軽にスマホが充電できます。

ただ、フリクエンターのUSBポートを搭載しているMALIEにはキャスターストッパーがありません…。

ぜひクラムアドバンスにUSBの搭載をお願いします!!

追記キャスターストッパー&USBポートのGRANDが登場!

フリクエンターから新しく発売されたグランドはビジネスユースに特化した機内持ち込みサイズのスーツケース。
そしてフロントオープンポケットとキャスターストッパー、USBポートが搭載されています。
もう1台欲しくなってきました…。

【クラムアドバンス/CLAM ADVANCEの総合評価】

機動力:
機能性:
価格:

フリクエンターのクラムアドバンスについて口コミ評判には載っていないメリット・デメリットをご紹介しました。

使ってみての印象は、多機能で非常に使い勝手の良い“優等生”なスーツケースです。
2万円台の価格でここまで多機能で軽量性にもこだわったスーツケースはなかなかありません。

そして、何年かしてスーツケースを買い換える時にも、おそらくフリクエンターのキャスターに惹かれます。
それぐらい魅力的です。

「機内持ち込みサイズでいいスーツケースを探している」という方にはぜひおすすめしたいスーツケースです。

機内持ち込みの万能キャリーをお探しならクラムアドバンス!

口コミ評判ではわからないフリクエンタークラムアドバンスの使い心地についてレビューでご紹介しました。

使ってみると、楽天市場で5点満点中4.7と平均評価が非常に高い理由がよくわかりました。

LCCをよく利用される方や、出張族の方、スーツケースに快適性を求める方にはぜひおすすめしたいスーツケースです。

頼れる旅の相棒にフリクエンターを使ってみるのはいかがでしょうか?