非常に高い品質のスーツケースを求めやすい値段で販売する日本ブランドのサンコー(Sunco)

知る人ぞ知る満足度の高いスーツケースブランドですが、今回の記事では…

  • サンコーとはどんなスーツケースブランド?
  • サンコーの評判は?
  • サンコーでおすすめのスーツケースはどれ?

といった疑問にお答えします。

実際の口コミや評判も交えてご紹介するので、お気に入りのスーツケースを見つけるのにお役立てください。

サンコー(SUNCO)とは?

サンコー鞄の商品

出典:サンコー鞄

サンコーは明治26年に名古屋で創業し、すでに120年以上の歴史を持つ日本でも有数の老舗鞄メーカーです。

日本のスーツケースのトップブランドとしての実績を100年以上に渡って培ってきたにもかかわらず、サンコーは知名度がそこまで高くありません

「良いスーツケースが欲しいな…」とネットでスーツケースについて調べて初めてサンコーの存在を知った方もいるのではないでしょうか?

というのもサンコーはほとんど広告にお金を使いません

その分、商品開発に全力を注いでいます。実際、日本のスーツケースの発展は、サンコーなしでは語れません。

(出典:サンコー鞄)

1950年には早くも日本のスーツケースの原点とも言えるベニヤと布でできた「二方丸」というスーツケースを発売。

1970年にはアルミニウムフレームと樹脂のボディを組み合わせたスーツケースの生産。
日本人の体格に特化した縦型のボディに4輪キャスターを組み合わせたスーツケースのスタイルは世界中を驚かせ、現在のスーツケースのスタイルの原型にもなっています。

他にも、プルハンドルのキャリーバーTSAロック180度ストッパー付きキャスターなどを日本で初めて搭載したスーツケースを開発したのもサンコーです。

今では当たり前となっているような機能も、サンコーの技術開発によって生まれているものが少なくありません。

サンコーのスーツケースの特徴

サンコーのスーツケースのポイントとなる特徴を見ていきましょう。

サンコーの飽くなき商品開発!

(出典:サンコー鞄)

サンコーの鞄作りへの情熱は、創業当時から全く変わっていません。

サンコー愛用者の快適な旅を実現するために、引き続き飽くなき商品開発を続けています。

極限の軽さを実現した“極軽(スーパーライト)”

(出典:サンコー鞄)

サンコーは様々なスーツケースをラインナップしていますが、中でも旗艦モデルとなっているのが2001年に発売された「極軽(スーパーライト)」シリーズです。

すでに現在までに4度もリニューアルされ、その度に素材・設計を見直し、大幅に改良されたスーツケースを作り上げています。

軽さの秘密となっているのが使用されている素材です。

ほとんどのスーツケースにはフレームにアルミニウムが使用されていますが、極軽(スーパーライト)はマグネシウム合金を使用することで、耐久性と軽量性を同時に向上させることに成功しています。
マグネシウム合金は原材料が高価で、加工も非常に難しいため、使用しているスーツケースブランドはほとんどありません。鞄作りのノウハウを蓄積してきたサンコーならではと言えるでしょう。

また最近では高級スーツケースのほとんどがポリカーボネートを採用していますが、サンコーはHTポリカと呼ばれる軽量・頑丈・防汚に優れるポリカーボネートをさらに進化させた素材を使用しています。

サンコーならではの快適性

サンコーの商品開発で生まれたスーツケースには、軽さや堅牢性といったスーツケースの基本性能以外のところにもこだわりがつまっています。

サンコーのスーツケースに搭載されている機能や特徴の一部をご紹介します。

  • キズを自動修復する特殊コーティング
    一度使うとキズが付くのが当たり前のスーツケースですが、サンコーのプレミアムコートが施されたスーツケースは、細かい傷であれば約60秒で自動で修復。
    いつまでもキレイなスーツケースが使用できます。
  • 「OKOBAN」システムを日本で初搭載
    ロストバゲージの際に、登録した情報からいち早く持ち主の情報を見つけ出す専用のシリアルナンバーが搭載される「OKOBAN」システム。世界中の1,960の空港で採用されていますが、日本初上陸はサンコーのスーツケース。
  • アフターケアは自社スタッフが担当
    スーツケースが万が一故障してしまった場合にも、修理は経験を積んだ自社スタッフが行います。丁寧なアフターケアがあるからこそ、安心して長く使えます。

サンコーで評判のおすすめスーツケース5選

サンコーで満足度の高いスーツケースを口コミや評判を交えつつランキング形式でご紹介します。

実際のユーザーレビューも確認しながら、自分にピッタリのスーツケースを見つけましょう。

順位モデル名実売価格
1位スーパーライトMGC28,000円~
2位WIZARD-12516,200円~
3位FINOXY ZERO13,824円~
4位SKYMAX-S20,520円~
5位WORLDSTAR W22,600円~

1位:サンコー「極軽(スーパーライト)MGC」

サンコーの技術がつまった旗艦モデル

サンコーのベストセラーとなっているスーパーライト(極軽)シリーズの最新モデル

マグネシウム合金フレームHTポリカを採用するとこで抜群の軽量性と堅牢性を高い次元で両立。

ハードフレームでありながら、93Lサイズでも重量約4.2kgと女性でも扱いやすい軽さです。

軽量さとコストのためにファスナーフレームタイプが主流になりつつありますが、サンコーのスーパーライトはハードフレームなので、荷物を衝撃からしっかり守り、防犯性にも優れているのが大きな魅力です。

また移動の要になるキャスターには、HINOMOTO製グリスパック大型キャスターを搭載して重い荷物でも移動が楽々です。ハンドルには日本初の抗菌素材を使用し、いつでも清潔。
マグネシウムの結晶構造からヒントを得た洗練されたボディデザインで、老若男女問わず使いやすいスタイリッシュな見た目です。

「安心して使えるハードフレームのスーツケースを探している」という方はスーパーライトを選んでおけば間違いないという、サンコーこだわりの旗艦モデルです。

サイズ・S
・M
・L
カラー
・ブラック
・オレンジ
・ホワイト
・ネイビー
・シルバー
機能・TSAロック
・HINOMOTOグリスパックキャスター
・マグネシウム合金フレーム
・抗菌ハンドル
・OKOBAN

サンコー「スーパーライトMGC」の口コミ・評判

今までで最高のスーツケース!

軽い!
車輪がなめらか!
本体表面の塗装(?)の摩擦が少ないのか、新幹線の網棚にもすっと滑って乗ってくれます。
中は片方が密閉されていて細かい荷物を、もう片方には大雑把な荷物を入れられて便利に使うことが出来ました。
色やデザインも同じものを今のところ案外見かけないのも嬉しいです。

2位:サンコー「WIZARD-125」

125周年の神コスパモデル

サンコー鞄の創業125周年を記念して発売された記念モデルのWIZARD-125

サンコーの鞄作りのプライドが込められた高性能スーツケースにもかかわらず、日頃の感謝を込めて16,200円からと圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。

マチ深設計で奥行きが広いのでパッキングがしやすく、フタ側はラウンドジップになっているのでスーツケースを開いた時の荷こぼれをしっかりガードしてくれます。

ポリカーボネート100%使用した高い耐久性に加えて、HINOMOTO製の大型ダブルキャスターを採用しているので移動の快適性も抜群。
ペンやナイフで開けにくいダブルファスナーを採用して防犯性も高めてあり、旅の不安を解消してくれる非常にバランスに優れたスーツケースです。

ちなみにここまでの性能を持ったサンコーのスーツケースで2万円以下というのは他にありません。
「旅行が好きで品質の高いスーツケースが欲しいけど一流ブランドはどれも3万円以上で手が出ない…」という方におすすめしたい、同価格帯の無名ブランドのスーツケースとは全く違う神コスパのスーツケースです。

サイズ
カラー
・ブラック
・ネイビー

・シルバー

機能・TSAロック
・マチ深設計
・HINOMOTOダブルキャスター
・ポリカーボネート100%
・ダブルファスナー

サンコー「WIZARD-125」の口コミ・評判

満足です!

サンコーの回し者ではありませんが、とても満足してます。軽いし、ジッパーもしっかりしてるし、キャスターも静かだし、機内持ち込み用なら大きさも手頃です。
価格の安い物も検討しましたが、こちらにして正解でした。長く愛用できそうです。

3位:サンコー「FINOXY ZERO」

トップクラスの軽量性を誇るソフトキャリー

Lサイズの80(展開時 88L)でも3.1kg、機内持ち込みサイズの30Lモデルでは2.1kgと抜群の軽量性が魅力のFINOXY ZERO

指一本で持てる軽量なスーツケースは、荷物制限が厳しいLCC(格安航空会社)のフライトで頼りになります
またエキスパンダブル機能でお土産やショッピングで荷物が増えても容量が簡単に拡張できるでの安心です。

ソフトキャリーはビジネス用途で利用する方も多く、地味なデザインが多いですが、FINOXY ZEROはブルーのアクセントがおしゃれな“強く、かっこいい。タフギア。”がコンセプト。
ビジネスから旅行までオールラウンドに使いたくなるデザイン性が魅力です。

「軽くて便利に使えるソフトタイプのスーツケースを探している」という方におすすめのスーツケースです。
サンコーのスーツケースの中では価格がリーズナブルなのもポイント。

サイズ
カラー
・ブラック
機能・TSAロック
・エキスパンダブル機能
・ダブルキャスター
・フロントポケット

サンコー「FINOXY ZERO」の口コミ・評判

軽いし、考えられています

もともとスーツケースは各種サイズを5個もっていますが、このサイズのものもサムソナイトを使用しています。サムソナイトの耐久性は信頼しているのですが、サンコーというのは初めて聞きました。
しかし、細かいところが気が利いていて、期待以上に良かったです。
まず軽いです。他社のそれと遜色ないです。生地もしっかりしています。キャスターも滑らかです。ハンドルの出し入れもスムーズで直感的に可能です。
開け口がキャリーケースを立てた状態で、前開きにあき、かつ中身が落ちないように中にはフラップが付いていて、かつ、開けた蓋もある程度で止まるようにストッパーも付いていて、ストッパーは任意に外すこともできます。(言葉では説明しにくいですが)
全面のポケットのジッパーもスムーズだし、分けて収納したり使い勝手がいいです。
価格も安く、大変おすすめです。

4位:サンコー「SKYMAX-S」

アジア旅行に最適な機内持ち込み最大容量ラゲージ

機内持ち込みサイズ最大容量の39Lを実現したサンコーのスカイマックスS

LCC(格安航空会社)のフライトでは、預け入れ手荷物に追加料金がかかるケースが多いですが、スカイマックスなら機内持ち込みで大容量なので、3泊くらいの旅行ならコレ一つで対応可能です。
ラゲージレーンでスーツケースが出てくるのを待つ必要もないので、スピーディーにホテルや観光地へ移動できます。

またもし荷物が増えてしまっても、エキスパンダブル機能で500mlのペットボトル10本分の収納スペースが簡単に追加できます。これならお土産をたくさん買っても安心です。

他にも音が静かで疲労軽減につながる静音キャスターや、パッキングがしやすくなるフルラウンドジッパーなど、日本ブランドのサンコーならではのかゆいところに手が届いたスーツケースです。

「海外旅行は近場の韓国や東南アジアがメイン!」という方におすすめの機内持ち込み用スーツケースです。

サイズ
カラー
・ネイビー
・ブラック

・カッパーオレンジ

 

機能・TSAロック
・OKOBAN

・静音キャスター
・エキスパンダブル機能
・ポリカーボネート100%
・両面フルラウンドジップ

サンコー「SKYMAX-S」の口コミ・評判

LCCの機内持込用に

LCCの機内持込用に、ギリギリサイズで軽いスーツケースを探していました。
数年ぶりに買い替えたスーツケースは静かで軽く、またマチを広げられるため、とても気に入っています。良い買い物が出来満足しています。

5位:サンコー「WORLDSTAR W

“強さ”と“スマートさ”を兼ね揃えたハードフレーム

ビジネスをよりスマートにしてくれるWORLDSTAR W

HTポリカの高い耐久性のボディに、利便性が高くケースを倒さずに荷物が出し入れできるフロントオープンポケットを採用。
ノートPCやタブレット端末など中の荷物に直接アクセスできます。
荷物をたくさん入れた状態での移動の快適性のために、HINOMOTO製の大型グリスパックキャスターを採用しています。

また内部には仕切り幕を両側に用意し、スーツ用のハンガーも設置。出張時の荷物もすっきりと整理整頓できます。

高級感のある引き締まったカラーリングで仕事のスイッチを入れてくれる頼りになるビジネススーツケースです。
最近では格安スーツケースでもフロントオープンが流行してますが、サンコーでこの値段はコスパ高めです。

「しっかりした高級感のあるビジネス用のスーツケースを探している」という方におすすめのスーツケースです。

サイズ
カラー
・ブラックカーボン
・ヘアラインシルバー

・ヘアラインホワイト

機能・TSAロック
・HINOMOTO製グリスパックダブルキャスター
・HTポリカ
・フロントオープン
・ダブル仕切り幕
・ハンガー

サンコー「WORLDSTAR W」の口コミ・評判

良バランス

どこのメーカーか分からないキャリーケースからの買い替え。
まず日本の鞄メーカーなので、修理等のアフターサービスが期待出来る。キャスターは、非常になめらかで静音だった。
双輪なので安定性も抜群。方向転換もスイスイだった。メイン部は鍵式のラッチロック式だがフレームは非常に細い。
フロントポケット部はダイヤル式のファスナーロック。特に問題なし。気になるところは、
機内持ち込みサイズには違いないが、ギリギリMAXサイズでは無く、ほんの気持ち小さいような。
というかLxWxHで言うと、一般的な物よりW辺が少し長い気がする。つまりコロッとした印象。
逆にそのお陰で上に載せたビジネスバッグが安定し、地味に有り難い。フロントポケット自体にマチはないので、フロント側に荷物が詰まっているとポケットには薄い物しか入らない。どちらにしてもクオリティは高いので、総じて買って良かったと言える。

サンコー以外にもあるおすすめのスーツケースブランド

サンコーで人気の高いおすすめのスーツケースをご紹介しました。

他にもスーツケースのブランドについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

日本ブランドのサンコーで安心のスーツケース

日本で100年以上の歴史を持つ老舗のサンコー鞄。

広告をほとんど出さないため知名度は高くないですが、鞄作りへのこだわりを持った商品開発で非常にクオリティの高いスーツケースを製造・販売しています。

アフターケアもしっかりしていて長く使える安心なスーツケースを選んで旅行に出かけてみるのはいかがでしょうか?