エースの本社

出典:エース株式会社

スーツケースを探していると「エース製」「プロテカ」「エース・プロテカ」なんて表示を見たことありませんか?

こうした表示を見て「エースとプロテカって何が違うの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではちょっと分かりづらいエースとプロテカの違いについてご紹介したいと思います。

エースとプロテカって何が違うの!?

エースとプロテカの違い

簡単にまとめるとエースとプロテカの違いは「オリジナルブランド名」の違いです。

どちらもエース株式会社という日本一の鞄メーカーのオリジナルブランドです。
そしてそれぞれのブランドから異なるスーツケースをラインナップしています。

ポイント
エース株式会社のオリジナルブランドの中にace.(エース)というブランドがあるのが、そもそも多くの人が混乱する原因だと思います。そのあたりも簡単に解説していきます。

まず簡単にエース株式会社とは?

新川柳作記念館

 エースの原点は1940年に大阪の天王寺に始まったカバン製造卸業「新川商店」

“日本のスーツケースの歴史はエースにある”と言っても過言ではないかもしれません。

当時輸入販売していたスーツケースは日本人のサイズや旅行スタイルにはなかなか合わないものでした。

そこで、エースは機能・デザイン・価格で“日本人が本当に使いやすいスーツケースをつくる”ことを目標に開発を進め、1966年に初の国産スーツケースとなる「デボネア」を発売します。

この時から国産スーツケースの時代が幕を開けました。

そしてエースにはいくつものオリジナルブランドがあり、その中に“ace.(エース)”“ProtecA”があります。

エースのエース(ace.)というブランド

ace.(エース)のラインナップ

出典:エース株式会社

エース株式会社と同じ名前がブランド名となっているのがace.(エース)

(ただし、ネットショップや店頭販売ではカタカナ表記で「エース製」となっていることが多く、これが多くの方が混乱する原因ではないかと思います)

エースのブランドコンセプトは、

"日本の美意識、感覚、精神を受け継ぐ最適な「モチハコブカタチ」を創出し、すべての人々の移動を快適にする"ことをプロダクトのコンセプトに掲げ、その製品を作るにあたり使われるシーンやターゲットなどできるかぎりのコトを想定し、最適な生産地、最適な価格、最適な品質、最適な機能を、現在まで培ってきたノウハウ、時代背景、ニーズやウォンツなどの数多くの様々な要素の中から最適に選定しています。

とあります。

ace.(エース)ではすべての移動を“旅”と考え、その旅を快適にすることをコンセプトにしているので、スーツケースだけでなく、ビジネスバッグやバックパックなども多数ラインナップしています。

“最適な価格”も重視しているため、エース株式会社の製品の中では、高い品質を保ちながらコストパフォーマンスに優れているのが大きな魅力です。

ace.(エース)の中には、2つのレーベルがあります。

ace.  TOKYO(エース トーキョー) LABEL

ace. TOKYO LAVELは、トラベルカテゴリーのレーベル。

自宅から旅先までの移動を快適にしてくれるスーツケースや、リュック、ショルダーなどがラインナップされています。

ace.GENE(エース ジーン) LABEL

ace. GENEは、ビジネスカテゴリーのレーベル。

出張や通勤など、ビジネスシーンでの快適性を追求したスーツケースやビジネスリュックを中心としたラインナップです。

プロテカ(ProtecA)はエースのフラッグシップブランド

ProtecAのラインナップ

出典:エース株式会社

ProtecA(プロテカ)はエース株式会社のフラッグシップブランド。

プロテカのブランドコンセプトは

他人がやることを追うのではなく、
常に新しいスタンダードを開拓し、牽引し続ける。
プロテカのスーツケースは、一歩先を、歩く。

Moving a step ahead.

とあります。

“究極の国産ラゲージ”を目指しているブランドで、全てが日本の北海道にある工場で生産されているのが特徴です。

エース株式会社の魂が込められたスーツケースブランドで、独自開発の素材やパーツが使用され、非常に品質の高いスーツケースがラインナップされています。国内にも多くのファンがいます。

他にもエース株式会社には個性豊かなオリジナルブランドがあります。
気になる方は関連記事もどうぞ。

関連記事エースの特徴&口コミ|評判でおすすめのace.スーツケース5選!アウトレット情報も!

エース(ace.)とプロテカ(ProtecA)のスーツケースの違いとは?

エースとプロテカのスーツケースの違い

エース(ace.)とプロテカ(ProtecA)の違いについて、簡単に表でまとめて確認しましょう。

エース(ace.)プロテカ(ProtecA)
製造地国外(一部、日本製)日本製
価格帯2万円~4万円4万円~6万円
ブランドイメージ高品質×機能性のコスパに優れたブランド日本を代表する高級ラゲージブランド
保証内容5年製造保証プレミアムケア
店頭販売百貨店などの鞄コーナー専門店、
百貨店などの鞄コーナー
WEBストア
保証内容の違い
エースとプロテカでは、スーツケースに対する保証内容も異なります。
  • エースの「5年製造保証」
    商品に製造上の不良があった場合、無料での修理。使用していての破損や、航空会社に預けている時の破損は対象外。
  • プロテカの「プレミアムケア」
    3年以内であれば、通常使用による破損、航空会社に預けている時の破損を何度でも無償修理。

航空会社に預けている間の破損にも無償対応するのは、世界中のスーツケースブランドでもプロテカのみです。

エース(ace.)で人気のスーツケース

エース(ace.)で人気の高いスーツケースをご紹介します。

 ace. TOKYO LABEL パリセイドZ

エース(ace.)でベストセラーとなっているのが「パリセイドZ」

人気のフロントオープンポケットが搭載されているので、スーツケースを開けなくてもノートPCやタブレット、パスポートなどを出し入れできます。

他にも高級素材であるドイツ製ポリカーボネート100%使用、静音性の高い双輪キャスター搭載と、品質に優れながら価格は20,000円前後からとエース(ace.)ならではのコストパフォーマンスの高さです。

キッチリ詰め込めば4泊分の衣類と必要なものが入ります。

ラスベガスでの営業カンファレンスで使いました。
筒状に丸めた4日分の靴下、トランクス、アンダーシャツの着替えと4日分のYシャツ、ハンカチ、替えの綿パンと歯ブラシ、歯磨き、ひげ剃り、大きなノート、Macの電源や筆記用具をメインに収納。
MacBookAir13インチ、メガネケース、小型ヘッドフォン、財布兼パスポート入れをフロントポケットに収納。
航空機のキャビンに持ち込めるサイズです。4輪キャスターも静かで滑らか。カミさんのも買おうかなと思います。
Amazonからの口コミ

プロテカ(ProtecA)で人気のスーツケース

プロテカ(ProtecA)で人気の高いスーツケースをご紹介します。

ProtecA エアロフレックス

“プロテカ史上最軽量”がキャッチコピーのエアロフレックス

機内持ち込みサイズで1.7kgと、指一本で軽々持てる軽さです。

軽さの秘密はプロテカが独自開発した新素材である「ウルトラストリング」
グラスファイバー複合素材で、スーツケースで一番難しい軽量性と強靭性の向上を高い次元で両立しています。

また搭載されている「サイレントキャスター」も静音性を30%も向上させたプロテカ独自の高性能キャスター。

プロテカの技術が詰め込まれた最新スーツケースです。

価格は60,000円台とace.と比べると高めですが、性能と品質、保証の安心を買う事ができます。

とにかく軽いです! かといって華奢な感じは一切ないです。ブラックにしたのですが、ツヤありの地模様のため地味派手な感じです。とても気に入ってます!
楽天市場からの口コミ

ライフスタイルに合わせてエースとプロテカから選ぼう!

ちょっとわかりにくいエースとプロテカの違いについてご紹介しました。

簡単にまとめておきましょう。

エースとプロテカの違い
  • ace.(エース)
  • ProtecA(プロテカ)

どちらもエース株式会社のオリジナルブランドです。

エースとプロテカそれぞれブランドの特徴が異なるので、今回ご紹介した情報を参考にしながら、ライフスタイルに合ったスーツケースを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう