スーツケースは海外旅行に行くための必須アイテム。

でもいざ選ぼうと思うと「どれを選んだらいいかわからない…」と悩む方も少なくありません。

そこで、予算別に、収納性・機能性・快適性にこだわった、満足度の高いおすすめのスーツケースをランキング形式でご紹介します。

海外旅行用のスーツケースのベストサイズとは

まずスーツケースを選ぶ時にはサイズ選びが重要です。

自分の旅行プランでどれくらいの大きさのスーツケースが必要になるのか、なかなかイメージがわかないですよね。

一般的に言われている目安は以下の表のようになります。

サイズ表記とリットル数の目安

SSサイズSサイズMサイズLサイズLLサイズ
1~2泊2~3泊3~5泊5~7泊8~10泊10泊以上
~25L26~40L41~60L61~80L81~100L101L以上

2泊3日ほどで近場のアジアの国々にしか旅行に行かないつもりなら、機内持ち込みサイズである『SSサイズ』『Sサイズ』でも問題ありません。

でも、「これから海外のいろいろな国に行ってみたい!」という方の場合は、『Mサイズ』がおすすめです。

中でも60L~80Lくらいのサイズがあると、冬の海外旅行で洋服が増えたり、お土産をたくさん買ってしまったりした時にも、スペースに余裕があって安心です。

「大は小を兼ねる」とも言いますが、逆に『Lサイズ』以上の大きいサイズは、大きくて便利な反面、取り回しがしづらく、女性には扱いづらいこともあるので注意しましょう。

Lサイズ以上のスーツケースは基本、長期出張や留学する方向けのサイズと考えて良いでしょう。

今回のランキングでは、海外旅行に行くのに最もよく選ばれている『Mサイズ』を中心にご紹介します。

【予算別】海外旅行におすすめのスーツケースランキング

では早速、予算別のスーツケースのランキングを見ていきましょう。

ランクインしているスーツケースはどれも収納性・機能性・快適性に優れたものばかりなので、海外旅行をより快適にしてくれるはずです。

【予算:1万5,000円前後】とにかくコスパ重視!

最近では、当たり前のように1万円以下の激安スーツケースが販売されています。ただし、長く使えるまともな製品は少ないのが現状です。

快適に使えるスーツケースを探すなら、少なくとも1万円以上の製品から探しましょう。

中には、有名メーカーの品質とほぼ変わらないコスパ最高なスーツケースもあります。

おすすめのタイプの人
・とにかくコスパ重視で安く済ませたい!
・海外旅行は数年に1回行くかどうかぐらい…
ビータス BH-F2000
日本基準・MADE IN TAIWANのスーツケース
サイズ:H:72.0cm/W:48.0cm/D:29cm
容量:63.0L
重量:5.4kg
ビータスは、耐久性が求められるスーツケースレンタルのククレンタルを運営するモノポートのオリジナルブランド。
品質の良いスーツケースを作るために、日本基準の管理体制の下、すべての製造を台湾の直営工場で行っています
BH-F2000のフレームには、高剛性・軽量のアルミを使用し、鉄道のレールのようにH型構造に加工。スーツケースレンタル会社ならではの長く使える工夫がされています。1年保証。
ヒデオワカマツ フライエアM
拡張機能付きの超軽量ソフトキャリー
サイズ:H:65.5cm/W:41.5cm/D:28cm
容量:48.5L(54.0L)
重量:2.6kg

フランス出身でグローバルに活躍する若松氏がデザイナーとして手がける『ヒデオワカマツ』。日本総合鞄メーカー「協和」のメインブランドになっています。

日本人デザイナーらしく、機能美に重きを置くデザインは、日本だけでなく、世界でも高い評価を受けています。

フライエアは、独自のハニカム構造で高い強度を保ちつつ2.6kgと軽量なため、荷物をたっぷり詰め込んで旅行に出かけられます。

拡張機能でスーツケースの容量が最大54.0Lまで大きくできるので、急な荷物の増加やお土産を入れるのにも助かります。1年保証。

サンコー鞄 WIZARD-125
サンコー鞄125周年記念超コスパスーツケース
サイズ:H:60cm/W:43cm/D:28cm
容量:57 .0L
重量:3.7kg

日本ブランドらしい品質の高さが魅力のサンコー鞄ですが、クオリティゆえにメインの価格帯は2万円以上です。

ただし、このWIZARD-125はものすごくお買い得サンコー鞄125周年を記念して販売されてるモデルで、広告をださないことで本体の価格を抑えています。

高級素材であるポリカーボネートを100%使用、フルラウンドジップインナーを両側に備えるなど内部装備、日本製HINOMOTOキャスター採用など快適機能も充実しています。

値段は1万5,000円を少し超えますが、日本品質の長く使えるスーツケースがこの価格はおすすめです。
*サンコー鞄でこの仕様で2万円以下は基本的にありません。

スタッフ

1万5,000円前後でも、サンコー鞄といった日本を代表するブランドのスーツケースに手が届きます。かなりコストパフォーマンスに優れた商品なので、お手頃に品質の良いスーツケースをお探しの方に特におすすめです。

【予算:2万5,000円以下】品質重視の有名メーカーにも手が届く!

予算が2万円前後になってくると、スーツケースのいわゆる一流メーカーのエントリーモデルの中にも手が届くものが出てきます。

品質的にも有名メーカーのエントリーモデルは、耐久性で高級モデルに劣っている訳ではなく、主な違いは機能面での差になってきます。

おすすめのタイプの人
・値段よりも安心が大事!
・毎年スーツケースを持って海外旅行に出かける!
デルセー VAVIN ZIP
フランスメーカー独自の高いデザイン性
サイズ:H:69.5cm/W:45.5cm/D:29cm
容量:68.0L(75.0L)
重量:4.5kg
日本ではあまり知られていませんが、デルセーは世界トップクラスの知名度を誇るフランスのスーツケースメーカー
常に最先端の技術を取り入れながらスーツケースを製造・販売しています。そして洗練されたデザイン性に世界中にファンが多く、持ち歩くのを楽しくさせてくれます。
VAVIN ZIPは、シャープな印象を与える薄型のボディに、ヨーロッパの石畳に対応した60mm双輪静音キャスターを搭載。
拡張機能が搭載されているので、急に荷物が増えたりお土産を入れるのにもマチを広げて5Lの収納スペースをプラスできます。安心の5年間長期保証。
サムソナイト アスフィア
細部まで配慮された使い勝手の良いソフトキャリー
サイズ:H:72.0cm/W:48.0cm/D:29cm
容量:63.0L
重量:5.4kg

スーツケースといえば“サムソナイト”と言われるほど、知名度の高いスーツケースメーカー。

耐久性・軽量性・デザイン性に優れ、「世界一のスーツケース」メーカーとしての高いブランドイメージもあります。持っていてステータスになるスーツケースメーカーの一つです。

アスフィアは根強いファンの多いソフトタイプのキャリーケース。サイズの異なるフロントポケットには地図やガイドブック、携帯電話など、すぐに取り出したいアイテムを入れておくのに便利です。

シリコンパッチが配されたトップハンドルや正面のロゴプレート、3色の異なるカラーラインナップと、地味なデザインが多いソフトタイプの中で貴重な、個性が表現できるモデルです。3年間のメーカー保証。

無印良品 キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー
丁寧な作りのポイントを抑えた高コスパキャリー
サイズ:H:70.0cm/W:45.0cm/D:24.5cm
容量:62.0L
重量:4.9kg

「しるしの無い良い品」を作り続ける無印良品。スーツケースメーカーではないものの、非常に丁寧に作られたハードキャリーは、他の有名メーカーを上回る耐久性を持ちます。

キャスターは2017年モデルから双輪静音キャスターへ。ボタン一つでストッパーが止まるので、電車やバスの中でも安心です。

高さ調節は1cmごとにできるため、身長や引き方合わせて調整可能。各メーカーの高級モデルについているような機能を搭載し、2万円を切る非常にコストパフォーマンスに優れたキャリーケースです。2年保証。

ストッパーやキャスターについては公式動画も確認!

【予算3万5,000円前後】一流メーカーならではの上質感

3万5,000円前後になると、有名メーカーのメインラインナップにも手が届くものがいくつかでてきます。

軽量性や耐久性など、各メーカーごとの特徴となるような性能を持ったスーツケースも選べるので、自分がどんな機能を必要としているか考えてから選ぶことが重要です。

丁寧に作られたスーツケースは、格安スーツケースと比べると、はるかに長く使えるので、飽きのこないデザインを選びましょう。

上を見ればいくらでもさらに高額なメーカーのスーツケースがありますが、値段がこれ以上高くなってもスーツケースとしての性能自体はほとんど上がりません。

おすすめのタイプの人
・スーツケースに譲れない機能がある!
・良いものを長く使いたい!
ロンカート ボックス
イタリア製の他にない高いデザイン性
サイズ:H:64.0cm/W:45.0cm/D:26.0cm
容量:67.0L
重量:2.9kg
ロンカートはイタリアの老舗スーツケースブランド
自動車メーカーのBMWのデザイナーがデザインを担当していて、近代的で洗練されたフォルムが特徴。日本では持っている人が少なく、他の人とは違うものを所有したい人におすすめのスーツケースメーカーです。

容量67.0Lで3kgを切る“軽さ”が特徴のボックス。素材には強靭で粘性のあるポリプロピレンを使用し、優れた耐久性と復元力を持ちます。

美しいボディ表面には傷がつきにくいエンボス加工が施されています。ハンドルとステッチの色を変えることで見た目でも楽しめるイタリア製らしい遊び心あるデザインが魅力。10年保証。

プロテカ ブロックパック
“MADE IN JAPAN”の安心感
サイズ:H:58.0cm/W:42.0cm/D:28.0cm
容量:60.0L
重量:4.2kg

日本が世界に誇る鞄メーカーであるエース

その中でもプロテカは、日本の北海道工場にて職人の手によって一つ一つ仕上げられる日本製。鞄作りへの熱い想いと高い技術力で作られるプロテカのスーツケースは、品質が高く耐久性に優れ、安心して使い続けることができます。

流行を下手に追うのではなく、機能美を追求したスーツケースは、頼れる相棒のようです。

耐衝撃性と耐摩耗性に優れたポリカーボネートハイブリッド樹脂を使用した軽量のボディシェルで、高い耐久性を持ちます。また内装には両面仕切りが付いており、荷物の出し入れがしやすく、メッシュポケットや立体ハンガーが付いているので、荷物が整理しやすいのが特徴です。3年保証。

サムソナイト コスモライト3.0
水よりも軽い素材を使ったコスモライト
サイズ:H:69.0cm/W:46.0cm/D:29.0cm
容量:68.0L
重量:2.5kg
サムソナイトの超軽量スーツケース「コスモライト」。
使用されている“カーヴ”という素材は、サムソナイトが独占使用している素材。ポリプロピレンを積み重ねて作られたカーヴは水よりも軽く、衝撃や歪みなどの圧力に対して、高い耐久性と復元力を持ちます。
さらにカーヴは軽量化にも貢献し、容量68.0Lサイズのスーツケースで重量は2.5kgと”抜群の軽さ”です。
丸みを帯びた独特のフォルムは、貝殻の強さにインスピレーションを受けて開発され、スタイリッシュな存在感があります。3年保証。

予算に合わせて自分にピッタリのスーツケースを見つけよう

今度の海外旅行で使いたくなるようなスーツケースは見つかったでしょうか?

スーツケースの値段はピンキリですが、それでもよく選べば本当に自分が必要としているものが見つけられるはずです。

今回の情報を参考にしながら、旅行をもっと楽しくさせてくれるスーツケースを見つけましょう。

予算&価格別|海外旅行に最適!スーツケースのおすすめランキング
4.7 (93.33%) 3 votes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう