「スーツケースの鍵をなくして開けられなくなった…」なんて経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

スーツケースの鍵は小さなものが多く、紛失トラブルは意外と多いです。

そこで、今回はスーツケースの鍵を紛失した時に、修理する方法とかかる費用の相場をご紹介します。

スーツケースの鍵を紛失した時の4つの修理方法と費用の相場

スーツケースの鍵を紛失してしまった場合、修理するためには4つの方法があります。

それぞれの方法でどれくらいの修理時間と費用がかかるのか相場を見ていきましょう。

1.スーツケースメーカーに鍵の再発行を依頼(所要期間:2~3週間)

かかる費用の相場…1,000円~3,000円

スーツケースメーカーの中には、“鍵の再発行”サービスが依頼できるところがあります。

スーツケースを送る必要はなく、スーツケースの鍵の部分に記載されている“鍵の種類”“鍵番号”を伝えると、2~3週間で新しい鍵を送ってくれます。

元鍵から作った合鍵ではなく、鍵番号をもとに新しく鍵を作成しているので、摩耗してくると開かなくなるといったよくある合鍵トラブルの心配もいりません。

鍵の再発行のメリット・デメリット

-メリット-

  • 購入したメーカーのサービスで安心
  • 費用がリーズナブル
  • 新しい鍵が手に入る

-デメリット-

  • 鍵が手に入るまでに時間がかかる

以下に、大手の中で鍵の再発行に対応しているスーツケースメーカーの一覧(一部、代理店など)をご紹介します。メーカー名をクリックすると公式ページが開きます。

格安スーツケースやノーブランド品の場合、鍵の再発行サービスがないことも少なくありません。

その場合は、スーツケースの鍵の再発行を専門としている鍵業者に依頼してみましょう。

依頼する流れは、スーツケースメーカーと同じで、鍵の種類と鍵番号を伝えると、鍵の作成が可能かどうかがわかります。

2.ホームセンターなどで鍵の解錠を依頼(所要時間:1~2時間)

かかる費用…1,000円~2,000円

鍵交換や合鍵作成などに対応しているホームセンターや、地元の鍵屋さんなら、スーツケースの鍵がなくてもロックを解錠することは難しくありません。

スーツケースを持っていく必要があり、できるのは解錠のみで合鍵の作成はできない場合がほとんどですが、とりあえずスーツケースの中身が取り出したい、という時には頼りになります。

鍵をロックしないでいると、盗難の危険性があるので、スーツケースベルトなどを利用して、防犯性を高めるようにしましょう。

ホームセンターでの解錠のメリット・デメリット

-メリット-

  • 短時間で鍵が開けられる
  • 解錠だけなら費用はリーズナブル

-デメリット-

  • 合鍵は手に入らない
  • 荷物の入ったスーツケースを持ち運ばないといけない
  • 周りにホームセンターや鍵屋さんがないと探すのが手間

スタッフ
合鍵を作るには、溝の彫られていない“ブランクキー”と呼ばれる材料が必要になります。ただし、ホームセンターや一般の鍵屋さんの場合、スーツケース用のブランクキーを在庫していないため、合鍵が作れない場合がほとんどです。

3.鍵の救急サポートセンターへ依頼(所要時間:最短30分)




かかる費用…8,000円~10,000円

空港で鍵を紛失して、どうしても今すぐ開けないといけない場合には、鍵の救急サポートセンターを利用しましょう。

値段はすこし割高になりますが、日本全国どこでも最短30分以内にかけつけて鍵を解錠してくれます。

鍵の救急サポートセンターのメリット・デメリット

-メリット-

  • 到着まで最短30分でスピーディー
  • 日本全国で対応可能
  • 事前の電話相談で費用がわかる

-デメリット-

  • 料金が少し割高
  • 合鍵は手に入らない

4.自分で開けてみる(所要時間:5分~30分)

*この方法は、スーツケースのロックを破損させてしまう可能性もあるので、自己責任でお願いします。

かかる費用…0円~100円

海外で鍵を紛失した場合や、どうしてもお金をかけずに開けたい、という場合には、自分でスーツケースのロックを開ける方法もあります。

必要なものは、安全ピンやヘアピンなど金属製の細い針金2本です。

鍵の再発行のメリット・デメリット

-メリット-

  • 無料で開けられる
  • 慣れてしまえば意外と簡単
  • 海外でも解錠できる

-デメリット-

  • 失敗するとスーツケースの鍵を破損するリスク
実際にチャレンジしたい方は、コチラで画像付きの解説ページがあるので参考にしていただければと思います。

旅の豆知識:無料クレジットカードの海外旅行保険はスーツケースの修理にも使える!?

海外旅行保険「旅行先での病気やケガのため」と思われている方も多いですが、実は旅行中に壊れてしまったスーツケースなど、携行品の破損・盗難にも対応してくれます。

旅行期間によっては高額になってしまう海外旅行保険ですが、海外旅行好きから支持されているエポスカードなら、年会費無料でステータスカード並の海外旅行保険の補償が無料で付いてきます。(ちなみに海外在住10年目の筆者も愛用しております)

「クレジットカードの海外旅行保険って大丈夫?」と思われる方もいるかもしれませんが、エポスカードの海外旅行保険は、最大手の三井住友海上火災保険株式会社が担当しているので安心です。

出発前の届け出や手続きは一切不要の自動付帯なので、海外旅行によく行く方なら、万が一のトラブルやスーツケースの故障にも備えて、年会費無料のエポスカードを作っておくと、安心です。

関連記事:【解説】後悔しないための年会費無料エポスカードの海外旅行保険

スーツケースの鍵は、方法によってかかる費用が異なる

旅行に出かけて、「スーツケースの鍵を紛失して開けられなくなった…」なんて経験をしたことのある方は意外と少なくありません。

スーツケースの鍵を紛失した場合にかかる費用は、修理する方法によっても大きく異なります。

少しの間、待てるのであれば、スーツケースメーカーの再発行サービスを利用するのが、鍵も手に入り理想的ですが、緊急事態なら鍵の救急サポートセンターを利用したり、自分で開けたりすることもできます。

鍵はもちろん紛失しないのが一番ですが、万が一なくしてしまった時には、今回の情報を参考にしていただければ幸いです。

スーツケースの鍵を紛失!修理にかかる費用の相場
5 (100%) 1 vote

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう