「スーツケースの鍵を紛失してしまった…」「入れておいたはずの場所に鍵がない…」なんて経験のある方もいるのではないでしょうか。

そこで、悪用禁止ですが、緊急時になんとかしてTSAロックを開けるための方法をご紹介します。

プロに頼むとかかるTSAロック鍵開け費用

鍵業者にお願いしてスーツケースの鍵を開けると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

持ち込みの場合…2,000円~4,000円
来てもらう場合…8,000円~

*これからご紹介する方法は、下手に行うとスーツケースの鍵穴を傷めてしまう可能性もあるので、不安な方はプロにお任せしましょう。

スーツケースのTSAロックの開け方

すでに海外に着いてしまっていたり、なんとかリーズナブルに解決したい、という時には、自分でもスーツケースのTSAロックを開ける方法があります。

シリンダータイプのTSAロックの解錠には、2本の安全ピンが必要になります。
画像で解説しながら方法をご紹介するので、参考にしながら試してみましょう。

*この方法は悪用禁止です。必ず自分のスーツケースでのみ使うようにしましょう。また下手に行うとスーツケースの鍵穴を傷めてしまう可能性もあるので、自己責任でお願いします。

シリンダー式TSAロックの開け方

安全ピンの他に、ヘアピンやクリップなど、一定の強度のある針金なら、どれでも大丈夫です。
わかりやすくするために1本の針金を針金A、もう1本を針金Bとします。

1.針金Aを先端から4,5cmのところで90度に曲げます。針金Bは直線のままで大丈夫です。

2.針金Aを使って、鍵穴の下部にあるピンを下に下げます。そして鍵を回す方向へ力を少し入れておきます。

3.針金Bを使って、鍵穴の上部にあるピンを上へ一つずつ上げていきます。
上部のピンは複数あるので、手前から一つずつ上げていきます。ピンが上へ上がると指先が少し軽くなるのがわかります。指先の感覚に神経を集中させましょう。

4.針金Bで一番奥の上部ピンまで上へ上げたら、2本のピンを使いながら鍵を回してロックが解錠できます。

5.同じ仕方でロックを施錠することもできますが、面倒なのでスーツケース用の南京錠を購入するか、TSAロック付きのスーツケースベルトを使用しましょう。
施錠しないままでいると、盗難にあったり、衝撃でスーツケースが開いて荷物が散乱したりする可能性があります。

スタッフ
ダイヤル式の暗証番号がわからなくなった場合には、同じ方法で解錠して、リセット用の小さな穴にピンを挿しながら暗証番号を変更しましょう。

ダイヤル式TSAロックの開け方

番号を合わせて開けるダイヤル式のTSAロックが開かなくなってしまうこともあります。

衝撃などで設定番号が勝手に変わってしまったり、番号を忘れてしまって開けられなくなったりした時の開け方は「全試し」が基本です。

実はプロに預けても、裏でスタッフが全部の数字を試して暗証番号を見つけています。というのも3桁しかないので、15分ほどあれば暗証番号が見つけられます。

業者に依頼してもやることは一緒なので、ダイヤル式でTSAロックが開かなくなった時には、お金をかけずに自分で全ての番号を試して解決しましょう。番号が見つかったら、リセットピンに針を差し込みながら、好きな番号を暗証番号に設定しましょう。

旅の豆知識:無料クレジットカードの海外旅行保険はスーツケースの修理にも使える!?

海外旅行保険「旅行先での病気やケガのため」と思われている方も多いですが、実は旅行中に壊れてしまったスーツケースにも対応してくれます。

旅行期間によっては高額になってしまう海外旅行保険ですが、海外旅行好きから支持されているエポスカードなら、年会費無料でステータスカード並の海外旅行保険の補償が無料で付いてきます。(ちなみに海外在住10年目の筆者も愛用しております)

「クレジットカードの海外旅行保険って大丈夫?」と思われる方もいるかもしれませんが、エポスカードの海外旅行保険は、最大手の三井住友海上火災保険株式会社が担当。
出発前の届け出や手続きは一切不要の自動付帯なので、海外旅行によく行く方なら、万が一のトラブルやスーツケースの故障にも備えて、年会費無料のエポスカードを作っておくと、安心です。

関連記事:【解説】後悔しないための年会費無料エポスカードの海外旅行保険

スーツケースのロックは素人でも何とかなる

「鍵を紛失して、スーツケースが開けられない…」なんて経験をしたことのある方も少なくないのではないでしょうか?

安全ピンなど、細い針金を2本使えば、どうしてもプロにお願いできない時にも、自分で解決できます。もちろん悪用禁止・自己責任ですが、困った時にはご活用下さい。

【悪用禁止】画像で解説!スーツケースのTSAロックの鍵の開け方
5 (100%) 3 votes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう