スーツケースの鍵は小さなものが多く、紛失トラブルも少なくありません。

この記事を読まれている方の中にも、「鍵をなくして、スーツケースが開けられなくなってしまった…」という経験のある方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回はスーツケースの鍵を紛失した時の、緊急度別に3つの対処方法をご紹介します。

緊急度:★☆☆ 2~3週間程度の余裕がある時のスーツケースの開け方

こんな方におすすめの対処法

  • 海外旅行に行くのに、スーツケースを出してみたら鍵がない
  • 海外旅行から帰ってみたら、スーツケースの鍵がない

ある程度時間的な余裕があるなら、スーツケースメーカーに“鍵の再発行”を依頼できます。

スタッフ
近所のホームセンターや鍵屋さんでは、鍵は解錠できても、スーツケースの合鍵作成ができるところはほとんどありません。時間に余裕があるならスーツケースメーカーに依頼しましょう。

 

ほとんどのスーツケースは、鍵を紛失した時のために、鍵の再発行サービスを行っています。

スーツケースを送る必要はなく、スーツケースの鍵穴部分に記載されている“鍵の種類”“鍵番号”だけわかれば、スーツケースメーカーが新しい鍵を送ってくれます。

合鍵ではなく、鍵の再発行なので、使っている内に開けづらくなるといったトラブルもありません。

かかる費用の目安:1,000円~3,000円

以下に代表的なスーツケースメーカーの鍵再発行のためのリンクを貼りますのでお役立て下さい。
*スペアキーが必要なスーツケースのブランド名をタップして下さい。

ノーブランドの格安スーツケースは、こういったサービスがないこともあります。

その場合、同じようにスーツケースの鍵の再発行を得意にしている鍵業者に依頼することもできます。

緊急度:★★☆ 今日中にスーツケースを開けたい

こんな方におすすめの対処法

  • 明日出発なのにスーツケースの鍵が見つからない
  • お土産や服も入っているのに、鍵が見つからない

こんな場合には、何週間も鍵が届くのを待ってはいられません。

今日中にスーツケースを開けるのに一番リーズナブルな方法は、“近所のホームセンターや鍵屋さんにスーツケースを持ち込む方法”です。

かかる費用の目安:1,000円~2,000円

ホームセンターや一般の鍵屋さんの場合、解錠はできますが、鍵作成のために必要なスーツケース用のブランクキーと呼ばれる材料を持っていないので、合鍵の作成はできません

スーツケースの鍵を解錠したまま海外旅行に出かけてしまうと、空港やホテルなどで盗難の危険性や、勝手にスーツケースが開いて荷物が散乱してしまう可能性もあるので、スーツケース用のベルトを利用するようにしましょう。

TSAロックを搭載している商品もあります。

スタッフ
「スーツケースを持っていくのが大変…」「時間がない…」という方は、下の『今すぐスーツケースを開けたい』をご覧ください。

緊急度:★★★ 今すぐスーツケースを開けたい

こんな方におすすめの対処法

  • これから出発するのにスーツケースの鍵をなくした!
  • 空港でスーツケースの鍵がないことに気づいた!
  • 海外でスーツケースの鍵をなくした!

意外とスーツケースの鍵は、「なんでこんな時に!?」というタイミングでなくなったりします。

「どうしても今すぐスーツケースを開けなければいけない!」という時には、鍵の救急サポートセンターに相談してみましょう。

日本全国どこでも、最短30分以内で駆けつけて鍵のトラブルを解決してくれます。

 

番外編:海外でスーツケースの鍵を紛失した場合

海外でスーツケースの鍵を紛失してしまった場合、どこに修理を依頼したらいいのか、費用がどれくらいかかるのかなど、わからないことだらけですよね。

どうしても今すぐ鍵を開けないといけない場合、自分で解錠する方法をご紹介します。

スタッフ
自分でスーツケースを解錠する方法は、下手に力を入れるとスーツケースを傷めてしまう可能性もあります。「他にどうしても方法がない!」という場合に、自己責任で試してみましょう。

 

スーツケースの鍵を自分で開ける方法
必要なもの:安全ピン 2個(ヘアピンやクリップでも可)
*わかりやすくするために、1個目の安全ピンを安全ピンA、2個目を安全ピンBとします。
1.安全ピンAを先端から3.4cmのところで90度に曲げます。安全ピンBは直線のままです。
2.安全ピンAを使って、鍵穴の下部にあるピンを下げます。ピンが下がったら、鍵穴を回す方向へ少し力を入れます。
3.安全ピンBを使って、鍵穴の上部にあるピンを上げます。複数あるので、ひとつずつ上げていきます。

旅の豆知識:無料クレジットカードの海外旅行保険はスーツケースの修理にも使える!?

海外旅行保険「旅行先での病気やケガのため」と思われている方も多いですが、実は旅行中に壊れてしまったスーツケースなど、携行品の破損・盗難にも対応してくれます。

旅行期間によっては高額になってしまう海外旅行保険ですが、海外旅行好きから支持されているエポスカードなら、年会費無料でステータスカード並の海外旅行保険の補償が無料で付いてきます。(ちなみに海外在住10年目の筆者も愛用しております)

「クレジットカードの海外旅行保険って大丈夫?」と思われる方もいるかもしれませんが、エポスカードの海外旅行保険は、最大手の三井住友海上火災保険株式会社が担当しているので安心です。

出発前の届け出や手続きは一切不要の自動付帯なので、海外旅行によく行く方なら、万が一のトラブルやスーツケースの故障にも備えて、年会費無料のエポスカードを作っておくと、安心です。

関連記事:【解説】後悔しないための年会費無料エポスカードの海外旅行保険

万が一の時も安心

「スーツケースの鍵を紛失してしまった…」という方のために、緊急度別に鍵を開ける3つの方法をご紹介しました。

スーツケースメーカーに依頼する方法から、海外にいる場合には自分で解錠する方法まで、万が一鍵を紛失してしまっても、なんとか鍵を開ける方法はあります。

でももちろん鍵はなくさないのが一番です。保管場所を決めておくようにしましょう。

それでも万が一、スーツケースの鍵トラブルに遭った時は、今回の情報を参考にしていただければ幸いです。