空港でスーツケースの鍵が開かない・紛失した時の対処法3選

スーツケースの鍵って、小さいものが多いですよね。

「これから出発なのに、空港でスーツケースの鍵を紛失した!」「スーツケースの鍵が急に開かなくなった!」なんて経験をしたことのある人も意外と少なくありません。

そこで今回の記事では、空港でスーツケースの鍵を紛失した時にどうしたらいいのか、3つの対処法をご紹介します。

対処法1:空港内のリペアサービスを利用する

空港内には、スーツケースの鍵の解錠などのサービスを行うリペアサービスショップがあるところもあります。

リペアサービスショップで、スーツケースの鍵の解錠にかかる費用の目安は3,000円~6,000円ほどです。

成田空港・羽田空港・関西国際空港でリペアサービスを行うショップの位置をご紹介します。

成田空港

成田国際空港振興協会(手荷物一時預かり所内)
場所第2ターミナル 本館3F 出発ロビー北側
営業時間6:30~22:00
電話0476-34-8533
RIMOWAエアポートサービスカウンター(リモワ専用)
場所第2ターミナル 本館1F 到着フロア 南側
営業時間10:00~19:00
電話0476-34-6525

 

羽田空港

ミスターミニット
場所第1ターミナル B1F ターミナルロビー北
営業時間9:00~19:00
電話03-5757-9291

対処法2:鍵の救急サポートセンターへ依頼する




成田空港や羽田空港以外の空港の場合や、空港内のリペアセンターが営業時間外だった場合、『鍵の救急サポートセンター』へ連絡すると、空港内のリペアサービスショップよりは、少し割高になりますが、365日対応してくれるので安心です。

全国展開している鍵の救急サポートセンターなら、日本全国均一のリーズナブルな料金・出張料無料ですぐに駆けつけてくれるので、まずは無料相談してみましょう。

費用の目安は約8,000円です。

ネット検索して出てくる空港付近の他の鍵業者の中には、鍵開けだけで15,000円以上の費用を請求する業者も少なくないので注意しましょう。

対処法3:自分で鍵を解錠できないかチャレンジ

出発までの時間がない場合や、どうしてもリーズナブルに済ませたい場合、自分でスーツケースの鍵の解錠にチャレンジする方法もあります。

スタッフ
*自分で無理やり解錠しようとすると、スーツケース自体を壊してしまう可能性もあります。チャレンジする場合はリスクも考えて、自己責任で。

ダイヤル式の場合

ダイヤル式のロックの場合、方法は全試し一択。
実はプロに依頼しても、裏でスタッフがダイヤルを全試ししてます。自分でやっても同じ作業なので、地道に試しましょう。

ダイヤル式のロックを開ける方法
1.スーツケースの数字は000から999の組み合わせしかないので、順番に試していきます。
2.一つ試すのに2,3秒しかかからないので、全部試すのに10分もかかりません。
3.番号が開いたら、その番号を覚えるか、リセットボタンを押して覚えやすい番号に変更します。

シリンダーロック式

シリンダーロック式の場合、安全ピンやメモクリップ、ヘアピンなど細い針金を2本使えば鍵を開けることができます。

シリンダー式ロックの開け方
わかりやすくするために安全ピンなどを針金A針金Bとします。

針金Aは約5cmのところで90度に曲げておきます。針金Bは直線のままにしておきましょう。
1.針金Aを使って鍵穴下部のピンを下げます。
針金Aを使って鍵を回す方向へ少し力を入れます。この状態をキープしましょう。
2.針金Bを使って手前から順番に鍵穴上部のピンを上げていきます。

3.すべての上部ピンが上へ上がると、鍵穴を回すことができます。
4.同じ要領でロックをかけることもできますが、面倒なので売店などでスーツケース用の南京錠を購入して、ロックをかけるようにしましょう。

ファスナータイプ

ファスナータイプで南京錠を使用している場合、ダイヤル式かシリンダーロック式かに関わらず、ボールペン一本で開けることができます。

ファスナータイプの開け方
1.ボールペンをファスナー部分のどこでもいいので、かみ合わせのところに力をこめて差し込みます。
2.ボールペンをスライドさせれば、ファスナーを開けることができます。
3.ジッパーが動かせれば、ジッパーを端から反対に向かって動かせば、ファスナーを閉めることもできます。

旅の豆知識:無料クレジットカードの海外旅行保険はスーツケースの修理にも使える!?

海外旅行保険「旅行先での病気やケガのため」と思われている方も多いですが、実は旅行中に壊れてしまったスーツケースなど、携行品の破損・盗難にも対応してくれます。

旅行期間によっては高額になってしまう海外旅行保険ですが、海外旅行好きから支持されているエポスカードなら、年会費無料でステータスカード並の海外旅行保険の補償が無料で付いてきます。(ちなみに海外在住10年目の筆者も愛用しております)

「クレジットカードの海外旅行保険って大丈夫?」と思われる方もいるかもしれませんが、エポスカードの海外旅行保険は、最大手の三井住友海上火災保険株式会社が担当しているので安心です。

出発前の届け出や手続きは一切不要の自動付帯なので、海外旅行によく行く方なら、万が一のトラブルやスーツケースの故障にも備えて、年会費無料のエポスカードを作っておくと良いかもしれません。

関連記事:【解説】後悔しないための年会費無料エポスカードの海外旅行保険

空港で万が一、スーツケースの鍵をなくしてもなんとかできる

スーツケースの鍵は小さいので、見つからなくなってしまうことがよくあります。

「スーツケースの鍵を紛失した…」「スーツケースのダイヤル番号を忘れてしまった…」という時には、今回ご紹介した3つのステップで解決しましょう。

何より、鍵はなくさないところにしまったり、忘れない番号にしておくようにしましょう。