オーストラリアのコンセントはOタイプで、電圧は220V-240Vです。

コンセント Oタイプ/電圧 220V-240V

グレートバリアリーフやエアーズロックなどの壮大な自然に、活気あふれるシドニーなど発展した都市もあるオーストラリア

自然も都市もまるごと楽しめ、海外旅行から語学留でも非常に人気が高いです。

そして旅行や留学でオーストラリアを訪れる方の多くが気になるのが、コンセントや電圧などの電気事情

オーストラリアは日本にはないOタイプのコンセントなため、変換プラグが必須になります。また電圧も220Vから240Vと日本の2倍で、日本の100V電源専用の家電製品を使いたい場合は、変圧器が必要になります。

オーストラリアのコンセント事情

オーストラリアのコンセントプラグは、カタカナのハの字のようなカタチをしたOタイプです。

日本の縦線が2本並列したAタイプのコンセントはもちろん差し込むことはできません。

そのため、滞在先のホテルでスマートフォンやタブレットの充電をするには、コンセントプラグの形状を変える変換プラグが必要になります。

変換プラグは300円前後で購入可能

Oタイプの変換プラグは、ネット通販で簡単に購入できます。値段の相場は日本メーカーのしっかりした商品でも300円前後とリーズナブルです。

  • オーストラリアにしか行く予定がない
  • めったに海外旅行はしない

という方なら、Oタイプのみの変換プラグでも全く問題ありません。

スタッフ
海外旅行で怖いのが、変換プラグが壊れて電子機器が充電できなくなること。少なくとも予備も含めて2つは用意しておきましょう。

ダイソーなど100均の変換プラグはイマイチ…

100均と日本メーカーの変換プラグ

実は、最近では、ダイソーなどの100均でも変換プラグが購入できます。

もちろん値段は100円です。

筆者も使い捨てスリッパなど、100均商品で重宝している旅グッズはたくさんあるのですが、変換プラグに関しては、あまりおすすめはしません

作りが甘くて挿し込めなかったり、挿し込んでも緩くてすぐに抜けてしまう商品が多いです

「海外で試したら使えなかった…」となると、本当に大変です。

日本メーカーの商品とは100円ちょっとの差なので、ここは節約せずにしっかりしたメーカーの変換プラグを購入することをおすすめします。

関連記事100均のトラベルグッズ|海外ガイドおすすめ13選&買ってはダメな物は3つ!

マルチ変換プラグなら便利&省スペース

オーストラリア旅行だけならOタイプのみの変換プラグでも事足りますが、

  • 年に1,2回は海外旅行に行く
  • オーストラリア以外にも行ってみたい

という方の場合、マルチ変換プラグを購入することをおすすめします。

毎回海外旅行先に合わせて変換プラグを購入するのも面倒ですし、バッグの中でかさばります。

マルチ変換プラグなら、世界中のコンセントに1つで対応!

海外旅行好きやバックパッカーの間で人気なのが、ロード・ウォーリアのゴーコンシリーズ

コンパクト設計で、世界158カ国のコンセントに1つで対応できます。専用ケースに入っているので、バックパックの中に入れておいても破損の心配もなく安心です。

オーストラリアの空港のコンセント情報

  • シドニー空港…USBポートの付いた充電コーナーがあるので、充電ケーブルだけでも利用可能。
  • メルボルン国際空港…充電コーナーは変換プラグが必要。ただし、航空会社のラウンジにはUSBポート付きコンセントあり。
  • ブリスベン国際空港…充電コーナーは変換プラグが必要。ただし、航空会社のラウンジにはUSBポート付きコンセントあり。

オーストラリアの電圧は220V~240V

オーストラリアの電圧は220V~240Vです。

日本の電圧の約2倍の高さのため、100V電源専用の電化製品をそのまま繋ぐとすぐに壊れます。最悪ショートして発火する可能性もあるので絶対にそのままでは使用しないでください。

日本の家電製品をオーストラリアで使用するためには、電圧を100Vまで下げるための変圧器が必要になります。

ただし、iPhoneなどのスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどの電子機器の充電器は、充電可能電圧が全世界対応になっていることが多く、その場合はそのまま差し込んで使用できます。

iPhoneやスマートフォンの充電に変圧器は必要なし

普段使っているiPhoneやスマートフォンの充電器のアダプターの裏に表記されている小さな文字を確認してみましょう。

(画像出典:Apple)

多くの電子機器のアダプターには以下のような表記があります。

Input: 100-240V 1A 50-60Hz

確認するのは100-240Vのところです。この表記は、電圧が100Vから240Vであれば使用できることを意味します。

全世界対応場合が多い家電製品
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • ノートパソコン
  • 電気シェーバー
  • 電子タバコ

海外旅行に持っていくような電子機器の多くは全世界対応になっているので、変圧器なしでそのまま使用できます。

 

逆に、オーストラリアで使用したい電化製品の対応電圧が『Input:100V』とあれば、日本の100V電源専用なため、オーストラリアで使用するには変圧器が必要になります。

語学留学や出張などで長期滞在する予定の方で、日本の電源専用の電化製品を使用したい場合には、小型の変圧器も用意しておくと、生活が快適になります。

筆者も駐在生活で3年ほど使用しているマルチ変圧器

  • 対応電圧:90~240V
  • 最大消費電力:230W

コンセント×3口、2.4A急速充電USBポート×2、1.0A USBポート×2が付いた変圧器。

変換プラグ付きで、世界中260カ国に対応可能。安全ヒューズが標準装備など、安心の日本メーカー製1年保証

関連記事:おすすめの海外用変圧器|3年使ってわかったBESTEKを正直レビュー!

旅のコツ
オーストラリアでネット利用のためにレンタルWIFIを予約する方が多いですが、料金相場は8日間で約3,500円~4,000円ほど
実はAmazonなどで購入できる海外旅行者用のプリペイドSIMカードなら8日分が1,300円くらいで購入できてリーズナブルです。

オーストラリアのコンセントはOタイプ・電圧は220-240V

海外旅行や語学留学先としても人気の高いオーストラリア

多くの方がオーストラリアに行く前に心配するコンセントの形状と電圧は…

コンセント Oタイプ/電圧 220V-240V

コンセントの形状が日本と違うため、変換プラグの準備が必須です。電圧も日本の約2倍ですが、海外旅行なら電子機器の多くは全世界対応なので変圧器はいらないでしょう。語学留学で長期滞在するのなら、小型の変圧器を用意しておくと便利です。

海外旅行に行く前には、必ず外務省が用意している旅行安全情報は確認するようにしましょう。

万が一の時にも安心!
海外旅行に必須なクレジットカードはコレ!

  • 海外旅行保険が自動で付いてくる!
  • 年会費が永久無料
  • カードを作るだけでポイント数千円分をゲット

↓↓安心して海外旅行へ行きたい方はコチラからどうぞ↓↓

安全で楽しい旅行を!