中国古代の都である西安(長安)。兵馬俑をはじめとした歴史的遺産が数多くあり、世界中から年間1.8億人も訪れる非常に人気の高い観光地です。

そのため観光客向けにたくさんの魅力的なお土産があり、実際「どれを選んだらいいか迷ってしまう」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、西安のスーパーでも購入できるようなお菓子やお茶など、贈って喜ばれるお土産を現地ガイドの視点でわかりやすくご紹介したいと思います。

西安のお土産|お菓子などの食べ物編

1.胡桃(クルミ)

西安を省都に持つ陝西省は、中国最大の胡桃生産地。歴史は古くすでに1,000年以上に渡って、胡桃が栽培されてきたと言われています。

回民街に行くと、日本で食べる胡桃よりも一回り大きな胡桃が炭の入った大きな鍋で煎られているのを何度も目にします。

7月~8月の収穫の時期になると日本では中々食べられない生の胡桃も現地では良く食されています。

お土産用に食べやすく殻が割ってあるものもスーパーで見つけられるのでお土産におすすめです。

2.棗(なつめ)

陝西省は棗の生産量でも中国一を誇ります。雨が少なく、乾燥した気候は棗の栽培に適していて、西安で購入できる棗は皮が薄く肉厚で、甘みが強く、ビタミンなどの栄養素が高いのが特徴です。

サイズもピンポン玉くらいの大きさのものが販売されています。そのまま食べても美味しいですし、中国人のように棗と氷砂糖を一緒に煮出してお茶のようにして飲んでも美味です。
古代から中国では「一日食三棗」といって、一日三個棗を食べると老いないとよく言われてきました。
漢方薬としても使われていて、強壮・鎮痛・補血・利尿といった効能があるとされていて、中国では女性によく贈られます。

3.水晶餅

西安で「秦風菓子の王様」とも呼ばれる水晶餅

清末以来、100年以上の歴史を持つ伝統的なお菓子で、パイ生地のようなサクサクとしたクッキーの中に、胡桃やバラ、ゴマ、サンザシなどがぎっしりとつまっています。
一番有名なのは徳懋恭”というお店の水晶餅で、スーパーなどでも購入可能です。お茶請けにも喜ばれるお土産です。

ちなみに中国語で“餅”はクッキーのことで、もち米を使ったお餅は入っていません。

4.月餅

「中国のお菓子といえば月餅」という印象の方も多いのではないでしょうか?

実際中国の中秋節(9月もしくは10月)になると、西安の町中でもいたるところで月餅が売られるようになります。
最近では昔ながらの月餅の他にも、チョコレート餡やバニラ餡、抹茶味など、いろいろなテイストの月餅も増えているので、お土産にも喜ばれます。

View this post on Instagram

 

All About Hong Kongさん(@allabouthongkong)がシェアした投稿 -

ちなみに、中秋節の時期になるとスターバックスなどでも季節限定の月餅が販売されます。伝統的な月餅にはないおしゃれなデザインで、値段は高いですが若い人たちを中心に人気が高いです(6個セットで6,000円くらい…)。

5.胡桃酥

サクサクとした食感がクセになる胡桃酥。身体に良い胡桃がたくさん入った甘さ控えめな焼き菓子です。

口の中で胡桃の味が広がり、軽い食感で食べられるので、個人的には月餅よりもコチラの方がおすすめです。
ほとんどのスーパーで売っています。

5.米皮のインスタントラーメン

ご当地のカップラーメンも定番のお土産です。

特におすすめなのが、この“红油面皮”です。西安グルメの記事でもご紹介していますが、面皮は陝西省で作られた独特の製法の麺料理
ツルツルとした食感と、ピリッとした辛味がクセになる味ですが、インスタントラーメンなら自宅でも簡単に作って食べられます。
日本にはない味なので、辛い物好きの方にプレゼントすると「次また日本に帰ってくる時にはお願い!」と頼まれることが多いです。

ちなみに作り方は裏にイラストで書かれているので中国語が読めなくても大丈夫です。

関連記事:西安の料理|現地ガイドおすすめの絶品料理7選&地元のグルメスポット!

他にも、回民街で人気の高い回族伝統料理のパン粥の“牛肉泡馍”インスタントラーメンなんかも人気が高いです。
コチラも日本ではなかなか食べられない味なのでお土産におすすめです。

西安のお土産|お茶やお酒など飲み物編

西安のお土産では食べ物の他にもお茶やお酒も人気が高いです。特におすすめのものをご紹介します。

6.西鳳酒

西鳳酒は、茅台酒などと並んで中国8大銘酒にも選ばれている伝統的なお酒です。
歴史は古く、2,600年前から作られ続けていると言われています。

原料になるのは陝西省特産である高粱で醸造されていて、大麦とえんどう豆を麹にしています。

西鳳酒は白酒と呼ばれる蒸留酒で、非常にアルコール度数が高いのが特徴。
一般的なもので45度または52度、アルコール度数が高いものだと65度のものもあります。

香り高く、飲み口もマイルドで酸味、甘味、苦味、辛味、香味の5つの要素が完全に調和したお酒と言われていて、アルコール度数は非常に高いですが飲みやすいお酒です。(お酒好きの人からすると飲み過ぎやすく危ないお酒なのですが…)

瓶にも鳳凰がデザインされたものなどおしゃれなものが多く、日本ではなかなか手に入らないので、お酒好きには最高のお土産と言えます。

7. 晒青緑茶(サイセイリョクチャ)

View this post on Instagram

 

a.takeuchiさん(@buonpaese)がシェアした投稿 -

晒青緑茶(さいせいりょくちゃ)はプーアール茶の原料になるお茶です。発酵茶の一種で、年数を重ねるごとに味が柔らかく変化していくのが特徴です。

中国の漢方の考え方では、普段飲んでいる緑茶は“寒”の性質を持つため、冷え性気味の方やお年寄りの方にはあまり良くないと言われています。
でもこの晒青緑茶は“温”の性質を持ち、酵素と微生物が茶葉の中で生きているため、優しい柔らかい味わいなのが特徴です。

太陽光で殺青するため、地域ごとの独特な風味を持つのが特徴です。美味しいものを購入するにはスーパーではなく、西安市内の茶市場で味見をしながらお気に入りを見つけて購入するのがおすすめです。

金康路茶文化街
中華人民共和国 陝西省 西安市 新城区 交大商業街区

西安のお土産|中国伝統工芸を贈ろう

古来の都である西安には、中国の伝統的な工芸品もたくさんあります。中国・西安旅行の記念に購入してみるのはいかがでしょうか?

残念ながらこれまでの食品問題などの影響で、「中国産の食品は一切食べたくない」という方もいらっしゃるので、そんな方へのお土産にもおすすめの工芸品をご紹介します。

10.西安景泰藍

View this post on Instagram

 

Sunny☀さん(@sunny791104)がシェアした投稿 -

中国七宝焼とも呼ばれる西安景泰藍は西安を代表する伝統工芸品です。

明の時代から朝廷の保護のもと発展を続け、宮廷への貢物として重宝されてきた歴史ある芸術品です。
金線とその間に流されたガラスの釉薬のコントラストが特徴で、観光客のお土産として非常に人気が高いです。

西安景泰藍で作られる工芸品は幅が広く、小物入れから指輪やピアスなどのアクセサリーまで、比較的リーズナブルな値段で購入可能です。

11.シルク製品

View this post on Instagram

 

Chizuru Fujitaさん(@p_natu__)がシェアした投稿 -

西安といえば「シルクロード」の起点となった都。

そのため絹製品もお土産として非常に人気が高いです。回民街のあたりなら、シルクのスカーフからネクタイ、チャイナドレスまで、シルク製品なら大抵のものが見つかります。
購入する時には、縫製がしっかりしているものや、型がしっかりしているものを選びましょう。中には残念な中国クオリティのものあるので…。

12.兵馬俑のレプリカ

 「中国旅行は兵馬俑が目的!」という方も多いのではないでしょうか?

置物や写真のようなブックスタンド、キーホルダーなど、兵馬俑のお土産グッズはとても充実しているので、記念に一つ購入してみてはいかがでしょうか?
ただし、兵馬俑の建物内のお土産屋さんはかなり割高なので、西安市内に戻ってきて購入することをおすすめします。

13.切り紙細工

出典:CIRレポート

中国の春節の時期や様々な年中行事でよく用いられるのが切り紙細工です。

一つ一つハサミを使って手作りで作られるのが特徴で、紅色の紙に中国の故事や動物をモチーフにして作られます。
非常に細かい作業が求められ、お土産さんの奥では実際に作っている様子も見れるところがあるので、見学してみましょう。

いろいろな柄があり、中国らしさを感じられるお土産で場所も取らないので、お土産で購入して家に飾ってみるのはいかがでしょうか?

自分用や親しい人におすすめのお土産

かしこまったお土産ではないですが、自分用だったり、気を使わない家族や友人へのプレゼントにおすすめの西安のお土産をご紹介します。

14.木耳

中国に来たら必ず買ってほしいのが木耳です。

中国で購入できるものは、日本で中華丼などに入っているものより分厚く、コリコリとした食感が強いのが特徴です。
最近日本でもテレビで特集されて話題になりましたが、中国では木耳に健康作用があるというのがよく知られていて、昔から良く利用されます。

きくらげに含まれている栄養素
■食物繊維
きくらげには多くの食物繊維が含まれる。しかも水に溶けにくいため腸に届き腸を活性化させることが出来る。便秘対策にもなり、おすすめだ。
■ビタミンD
ビタミンDは免疫力をアップさせたり、美肌にすることが出来る。またアレルギー対策やうつの予防にも効果があると言われている。数ある食品の中でもきくらげはビタミンD保有量がトップクラスだ。
■カルシウム
カルシウムというと牛乳を思い浮かべるかもしれないが、実はきくらげのほうがグラム換算のカルシウムは牛乳よりも多い。カルシウムは骨を強くし、骨粗しょう症の改善や健康維持に役立つ栄養素だ。

水で戻した後、お味噌汁や炒め物に入れるだけなので、使い方も簡単です。乾燥木耳は軽いので、ぜひスーツケースの隙間に入れて持って帰りましょう。

 

15.ドライフルーツ

西安には少数民族である回族が多く、回族が作るドライフルーツは人気の高いお土産です。

日本ではなかなか見ないぶどうの品種のドライフルーツも多く、ヨーグルトにいれたり、ホームベーカリーなどでパン作りに使ったりするのがおすすめです。
もちろんそのまま食べてもおいしいです。

16.火鍋の素

火鍋はお隣の四川省重慶市が有名なのですが、距離が近いため西安でも料理の味は舌が痺れるような麻(マー)の味と、ピリッとした辣(ラー)の味が多いです。

西安で旅行中は「辛くて大変!」といっていた方も、日本に帰ると「あの味がもう一度食べたい!」となる方が多いようです。
そこでおすすめなのが火鍋の素です。自宅でも簡単に鍋にお水と火鍋の素を入れるだけでお店の味が作れるので、お土産におすすめです。

辛い物好きという方にプレゼントしても喜ばれます。
“好人家”というメーカーが昔からあるもので、中国人にもよく選ばれています。

17.麻婆豆腐の素

好人家の麻婆豆腐の素もおすすめです。日本の麻婆豆腐とは全く違う本格派の味が楽しめます。

見た目の庶民っぽさがすごいですが、実は駐在の日本人が日本に帰る時に持って帰る調味料の中ではかなり人気の高い商品です。

18.中国功酒

中国ならどこでも買えるのですが、中国功酒もおすすめです。

養◯酒を濃厚にしたような薬酒で、漢方に漬けて作られています。
「少し疲れたかな…」なんて時に、大さじ一杯飲んで眠ると、疲れがスッと抜けます

19.酸梅湯

酸梅湯は回族の人たちが昔から飲んでいる伝統的な梅のジュースです。

日本人の口にも合う味で、爽やかな酸味でスッキリする飲み物です。夏は冷やして、冬はホットでも美味しくいただけます。

20.ポテトチップス

ご当地味のポテトチップスってどこでもありますが、中国にもたくさんの味のポテトチップスがあります。

いろいろ好きで食べましたが、特におすすめはLAYSのきゅうり味です。一口目はパリパリしたきゅうりが口に入ってくる違和感がありますが、3口食べると病みつきになる友人が多いです。
軽いので、スーツケースに空きスペースがあればお土産におすすめです。

お土産は事前購入も可能!

スーツケースのスペースって限られていますよね。

お土産は事前に日本でネットから購入してしまうことも可能です。
あらかじめ買っておけば、自分たち用のお土産をたくさん買ったり、観光に存分に時間を使ったりできるので、利用してみても良いかもしれません。

想い出に残る西安のお土産を選ぼう

西安の歴史ある伝統的なお菓子から、庶民の味まで、おすすめのお土産をご紹介しました。

他の人へのプレゼント用や、自分で食べたり見たりした時に楽しかった西安旅行を思い起こせるようなお土産をぜひ選んで下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう