【口コミ】ポケトークS Plusを現役ガイドがレビュー!最強翻訳機の実力は評判以上!

ポケトークS Plusは、ポケトークシリーズ最新のフラッグシップモデルです。

ポケトークS Plusのリアルな口コミが気になっている方のために、今回のレビューでは…

  • ポケトークS Plusと他のモデルの違いは?
  • ポケトークS Plusの翻訳性能は実際どうなの?
  • ポケトークS Plusは誰でも簡単に使える?

といった疑問に、旅のプロの視点から画像や動画を使ってお答えします。

ポケトークS Plusの評判や翻訳能力のリアルな口コミが気になっている方のお役に立てば幸いです。

この記事の
筆者:ジンベエ
現地コーディネーター&ガイド12年目。趣味はトラベルグッズ収集。日本語・英語・中国語・スペイン語のマルチリンガルを活かして、ポケトークのリアルな実力をご紹介します。

ポケトークS Plusとは

ポケトークS Plusのサイズ感

ポケトークS Plusは、ソースネクストが販売する音声翻訳機の最新かつフラッグシップモデルです。

AI翻訳エンジンを採用しているのが特徴で、常に翻訳性能の点で進化を続けており、特に海外旅行やインバウンド客向けといった会話でかなり高いクオリティで瞬時に翻訳が完了します。

官公庁や大企業でも採用が進んでいるのも頷けます。

【導入企業】
JR東日本、ANA、ゆうちょ銀行、日本交通株式会社、伊勢丹、三越など
ー導入企業一覧

ジンベエ
筆者は仕事柄、他の翻訳機も触ったことがありますが、使いやすさという点でポケトークが一つ頭抜けた印象があります。
ポケトークS Plusの魅力
  • 大画面3.97インチ液晶搭載
  • 2年間グローバル通信付きでレンタルWIFI要らず
  • カメラ翻訳機能でメニュー読み取りに対応
5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポケトークS Plusの基本スペック

ポケトークS Plusの箱

ポケトークS Plusを検討している方向けに、基本的なスペックやポケトークの他のモデルとの違いについても簡単にご紹介します。

製品名ポケトークS Plus
サイズ約65×11×123mm
重量約125g
翻訳多言語双方向翻訳
対応言語数82言語
(内、12言語はテキスト表示のみ)
モバイル通信グローバル通信2年
(130以上の国や地域)
バッテリー容量1550mAh
連続待受時間:約192時間
連続使用時間:約330分
画面3.97インチ
解像度:800×480px
価格34,980円

ポケトークS PlusとS、Wの違い

ポケトークの液晶サイズの違い

上の画像は、左から順番にポケトークW・ポケトークS・ポケトークS Plusのサイズを比較したものです。

まず何よりも大きな違いとして、ポケトークSとポケトークS Plusにはカメラ翻訳機能があるのに対して、安価なポケトークWにはカメラが搭載されていません。

飲食店のメニューや公共交通機関の案内などを、カメラで撮影して内容を確認したい人は、必然的にポケトークSとポケトークS Plusの2択になります。

ジンベエ
ただ、個人的にはポケトークSとポケトークS Plusなら『ポケトーク S Plus』一択だと思っています。

ポケトークSとポケトークS Plusの違いで要チェックな部分をまとめて簡単に表でご紹介します。

ポケトークSポケトークS Plus
本体サイズ53.8×11.5×91.6mm65.0×11.0×123.0mm
画面サイズ2.8インチ3.97インチ
約1.42倍
解像度640×480px800×480px
連続待受時間約132時間約192時間
価格32,780円34,980円
詳細公式サイト

ポケトークS PlusとポケトークSで大きな違いは…

  • 画面サイズ
  • バッテリー性能
  • 価格

の3点です。

まず画面サイズですが、ポケトークS Plusの方がポケトークSよりも約1.42倍大きな画面サイズになっています。

これは実際に見比べるとかなり違います。

特に、カメラ翻訳の結果を見る時に、大きな画面が役立ちます。韓国料理のメニューを撮影したサンプルを確認してみましょう。

ポケトークS Plusの画面のサイズ

ポケトークSの方だと、画面が小さいのでどうしても一つ一つの字が小さくなってごちゃついた印象なのが、ポケトークS Plusになるとかなり見やすくなります。

ジンベエ
ちなみに筆者の視力は2.0なのですが、それでもポケトークS Plusだと見やすく感じるので、メガネやコンタクトが必要な方だと特に2つのサイズの違いは大きいと思います。

2つ目の違いは『バッテリーの持ち時間』です。

ポケトークS Plusの方が連続待受時間は60時間分長くなっています。

ただ、実際旅行で使ってみると、どちらもよほどハードに使わない限りは1日中観光で使ってもバッテリーが切れるようなことはないので、この違いはさほど気にしないでも良いと思います。

最近はモバイルバッテリー持ち歩くのが旅行の鉄則になっているので、困ることはないでしょう。

3つ目の違いは『価格』です。

1.42倍の大画面に、長時間バッテリーを搭載していながら、ポケトークS PlusはポケトークSよりも2,200円高いだけなんです。

この価格の違いなら、迷わずポケトークS Plusを選ぶことをおすすめします

ポケトークS Plusだと「サイズが大きすぎるのでは?」と心配な方もおられるかもしれませんが、iPhone SEと比べた画像で確認してみましょう。

ポケトークのサイズを比較

iPhone SEと比べても手のひらに収まるコンパクトサイズなので、商品名通りポケットに入れてもかさばりませんし、観光用の小さいハンドバッグなんかに忍ばせても場所を取りません。

そのため「ポケトークS PlusとポケトークSで迷っている」という方には迷わずポケトークS Plusをおすすめします。

5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポケトークS Plus開封の儀

ポケトークS Plus開封の儀
ポケトークS Plusの購入で付いてくる同梱物一覧です。

  • ポケトークS Plus 本体
  • スタートガイド
  • 取扱説明書
  • ユーザー登録ガイド
  • 充電用ケーブル
  • USB充電器

が入っていました。

一点だけ注意が必要なのが充電方法です。

最近だと、充電器や充電ケーブルは高速充電が可能なPD対応の製品を愛用している方も多いかと思いますが、ポケトークS PlusはTypeC-TypeCケーブルを使った高速充電に対応していません

TypeA-TypeCケーブルが必要になるので、手持ちに無い方は純正の充電ケーブルと充電器を捨てないようにお気をつけ下さい。

ポケトークS Plusのケースとフィルムは必要かも

ポケトークS Plusのケースとフィルム
ポケトークS Plusを実際に海外旅行に持っていくと、スマホのカメラより頻繁に使うこともあります。

それこそ、ホテルや食堂、売店、駅、観光地など、場所を選ばず使用できるのがコンパクトサイズのポケトークのメリットでもあります。

ただ、本体だけで持ち歩くと、落とした時が心配です。安い買い物ではないですし…。

特に筆者は物損などにも対応した「延長保証」には加入していないので、カバー液晶画面の保護フィルムは一緒に購入しました。

落とすのが心配で屋外であまり使わないともったいないので、予算の許す方は一緒に購入することをおすすめします。

5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポケトークS Plusの使い心地レビュー!

ポケトークS Plusの翻訳機能
では、ポケトークS Plusのリアルな口コミが気になっている方のために、実際にポケトークS Plusの使い心地をご紹介したいと思います。

肝心の翻訳機能などは、動画でも確認できるのでご確認下さい。

1.評判の翻訳能力は旅行レベルに完全対応!

ポケトークS Plusは、AI翻訳エンジンを使ってリアルタイムで翻訳する高精度な翻訳能力が大きな魅力です。

特に旅行関連の内容であれば、伝えたいことの9割は正確に翻訳してくれます。残りの1割は、こちらの日本語をポケトークが上手に聞き取れなくて、言い直すと正しく翻訳してくれました。

上の動画は、海外旅行でよく使う表現の翻訳をチェックしたものです。

そして下の動画では、実際に韓国人の元ホテルマンとの会話も録画してみました。

韓国語でポケトークの実力チェック

3分ほどの会話ですが、途中でポケトークが間違えて翻訳してしまったところも、詳しく話すと正確に翻訳し直してくれます。

録画に協力してくれた韓国人の元ホテルマンのチョンさんは、日本語も流暢なバイリンガルなので感想を聞いてみました。

ジンベエ
ポケトークS Plusの韓国語と日本語の翻訳精度はどうでしたか?

元ホテルマン・チョンさん
すごいね。「~に、だから」みたいな細かい語句の使い方が怪しいところもあったけど、意味としては100%言っていることが伝わると思う。便利な世の中になったね~

とのことでした。

海外旅行で外国語は一つの大きな壁ですが、ポケトークがあるだけでずいぶん安心して旅行を楽しめるようになります。

他のユーザーのリアルな口コミ

旅行中の会話だけでなく、トラブルにも対応できるので、旅行にありがちな緊急事態に備えて持っておくと安心です。

2.カメラ翻訳で海外旅行をもっとディープに楽しめる!

ポケトークS Plusのカメラ翻訳
せっかく海外まで出かけてきたのに「行くレストランは観光客ばっかり」みたいな経験はありませんか?

観光地にあるような定番のレストランは行くのに便利で、日本語メニューまで用意してくれているところも少なくありません。

ただ、「本当に美味しくて、ローカルの人たちからも愛されている食堂を探し求めて、もっと深く海外旅行を楽しみたい」という方もおられるのではないでしょうか?

そんな時にポケトークS Plusのカメラ翻訳機能が非常に重宝します。

韓国語やタイ語など、英語以外の言語だと、メニューや交通案内を見ても何が書いてあるのかわからないことも多いですが、ポケトークがあれば撮影するだけで日本語に翻訳してくれます。

マイナーな食べ物だと正しいメニュー名が表示されないこともありますが、少なくとも「塩豚煮物」みたいにどんな料理かイメージしやすいところまではサポートしてくれます。

3.地味に助かる単位変換機能!

ポケトークS Plusの単位変換機能
買い物をしながら「13000ウォンって日本円でいくら?」「このサイズって日本だと何センチ?」と悩んだことのある方も多いと思います。

ポケトークS Plusには、単位変換機能が付いていて、インターネット通信がついていて常にその日のレートを表示してくれるので助かります。(日本時間午前0時時点でのレートを使用)

通貨だけでなく、長さ・重さ・温度も現地と日本での表記方法で変換してくれます。

5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポケトークS Plusの基本的な使い方

ポケトークS Plusの使い方
ポケトークの使い方はとてもシンプルなので、基本的に説明はほとんど必要ないかと思います。

ポケトークS Plus本体横にある電源ボタンを長押しして電源が入ったら…

  1. 「言語」をタップして、翻訳したい言語を選択する
  2. 画面下の「トークボタン」を長押し
  3. トークボタンを押しながら話して、話し終えたらボタンを離す

で自動的に翻訳してくれます。

相手が話す内容を翻訳する時にも同じように翻訳ボタンを押し続けます。

さらに細かい使い方や、各機能を使いこなすコツなどが気になる方がいれば、使い方をまとめた記事も用意したので参考にしてみて下さい。

5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポケトークを手のひらに、世界を旅しよう!

ポケトークS Plusの対応言語
今回はポケトークのリアルな口コミが気になっている方のために、ポケトークS Plusのレビューをお届けしました。

翻訳精度に関しては、官公庁や大企業が導入を進めるのも頷けるレベルの高さです。

もともと評判の良い翻訳機ですが、使う人が増えれば増えるほど翻訳エンジンが勉強して賢くなるので、翻訳精度はどんどん改善されていくそうです。

今の段階でも、基本的な海外旅行で必要になる会話から、体調を崩して海外の病院にかかるような緊急事態まで、頼れる翻訳品質です。

旅行や出張で海外へ行く際に外国語は間違いなく一つの大きな障害ですが、手のひらサイズのポケトークS Plusがあれば、これまでよりもっと安心・快適に海外が楽しめると思います。

今回のレビュー記事がポケトークS Plusを購入しようか悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

ジンベエ
さらに質問などあれば、コメント欄からご連絡いただければ分かる範囲で記事内にて返答できます。
5周年!ポケトークSシリーズ 5,555円キャッシュバックキャンペーン実施中!
コメントを残す

CAPTCHA