【元販売員執筆】マムートのビジネスリュックおすすめ4選!口コミ評判も!

本記事では、人気アウトドアブランド「マムート」のビジネスリュックについて紹介します。

登山家やクライマーの間ではかなり人気の高いマムートは、アウドドアブランドらしさを詰め込んだビジネスリュックも製造しています。

スポーティな機能性を持ちつつ、現在のビジネスシーンにもきっちり対応できるビジネスリュックは、ワークライフバランスのバランスをしっかりと保ちたい方におすすめ。

この記事でわかること
  • マムートのビジネスリュックの魅力について
  • マムートのビジネスリュックおすすめはどれ
  • マムートビジネスリュックのアフターサービスについて

今回はマムートの特徴やおすすめ評判ビジネスリュック4選を紹介します。

ビジネスリュックを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の
筆者:シュート

東急ハンズのバックコーナーにてバイヤー及びメディア様と企画運営の経験あり。毎日多くのお客様にニーズに合ったビジネスリュックを提案した経験を活かして、プロの目線からお役立ち情報をお届けします。

※ブランド紹介をスキップして、すぐにリュック4選を確認したい方はコチラをタップして下さい。

マムート/MAMMUTとは

マムートのロゴ

マムート/MAMMUTは、1862年にスイスで設立されたアウトドアブランドです。

マムートとはドイツ語でマンモスを表す言葉で、特徴的なロゴマークにもマンモスがあしらわれています。

設立された当初は農業用のロープを生産会社でしたが、高い製造技術を活かして登山用品の製造に取り組み始めました。

アルプスを攻めるマムート

アルプス山脈をはじめとした登山家が多く集まるスイスにおいて、確かな製品づくりに取り組んだマムートは次第に評価されるようになり、一大アウトドアブランドへと成長していったのです。

安全性に対する高い意識や登山者の利便性を考えた設計は、現在の製品づくりにも活かされており、今では世界各国で愛されるアウトドアブランドになりました。

日本ではまだまだ認知度が高いとはいえませんが、登山家の間では定評のあるブランドと言えるでしょう。

シュート

命がけの登山を支えるアイテムとして、多くの人に愛されているのは信頼と実績があるからこそですね。

マムートのビジネスリュックの特徴

マムートのビジネスリュックの特徴

マムートのビジネスリュックには、アウトドアブランドならではの機能性を持ちつつ、現代のライフスタイルに合わせた仕組みが満載です。

今回はアウトドアブランドとして定評のあるマムートのビジネスリュックについて

  1. アウトドアブランドならではの機能性
  2. 現代のビジネスにも対応するガジェット収納
  3. ライフワークバランスを意識した設計

の3つのポイントの絞って解説します。

ビジネスリュックを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.アウトドアブランドならではの機能性

マムートで自転車通勤

マムートのビジネスリュックは、多くの登山家に愛されるアウトドアブランドならではの機能性が特徴です。

高低差のある場所を長時間移動することが前提の登山は、軽くて丈夫であり、体にフィットするリュックが求められます。

また、変わりやすい山の気候に合わせて、撥水性や手入れのしやすさも重要です。

マムートのビジネスリュックには、長年培ってきたアウトドアブランドとしてのノウハウが詰め込まれており、タフなビジネスシーンでも十分に活躍してくれるでしょう。

2.現代のビジネスにも対応するガジェット収納

マムートとモバイルガジェット

マムートのビジネスリュックは、伝統的なアウトドアブランドとしての良さを保ちつつ、モダンなデザインになっている点も特徴です。

PCやデジタルガジェットを収納できるスペースはもちろん、ジッパーの開きやすさなどの細かい部分にも配慮されています。

一部のビジネスリュックは、現代のビジネスにおいて普及し始めたテレワークの対応した機能性も備えています。

160年以上の歴史を持ちながら、時代の流れに対応した製品を届けるところも、マムートが世界に愛されるブランドといわれる理由でしょう。

3.ライフワークバランスを意識した設計

マムートのライフワーク

マムートのビジネスリュックの特徴として、ライフワークバランスを重視したい人に便利な機能が備わっていることも特徴的です。

例えば、ビジネス用のスペースとは別に、ジムやボルダリング用のウェアやシューズを収納するスペースがついているモデルが販売されています。

最近では、仕事終わりの余暇時間の過ごし方として、もっとアクティブに過ごしたいという方も多いのではないでしょうか。

マムートのビジネスバッグは、仕事だけではなくプライベートの時間も大切にしたいと考えている人にもおすすめです。

マムートでおすすめのビジネスリュック4選&口コミ評判

マムートのビジネスリュック

マムートのは、アウトドアブランドとしての機能性とモダンなデザインを組み合わせた、特徴的なビジネスリュックを販売しています。

シリーズごとにそれぞれ異なった機能を備えており、ライフスタイルに合わせてより自分にあったビジネスリュックが選べます。

今回はマムートのビジネスリュックのなかから4つのシリーズを紹介します。
それぞれのシリーズについて詳しく紹介しますので、ぜひビジネスリュック選びの参考にしてみてください。

順位 モデル名 販売価格
1位 セオン トランスポーター/Seon Transporter 18,150円~
2位 セオン クーリエ/Seon Courier 16,500円~
3位 エクセロン/Xeron 12,800円~
4位 ネオン シャトル/Neon Shuttle 13,900円~

*価格は2022年3月現在

1.マムート セオン トランスポーター/Seon Transporter

 マムートビジネスリュックのベストセラー

マムートのセオン トランスポーターは、仕事で使える「WORKコンパートメント」とジムなどに通うシューズやウェアを収納する「CLIMBコンパートメント」の2つの気室を備えたビジネスリュックです。

WORKコンパートメントには、書類やPCなどを収納できるスペースが設けられており、高い撥水性のある素材でしっかりと中身を守ってくれます。

CLIMBコンパートメントにはウェアやシューズなどを収納できるので、仕事終わりにジムやボルダリングなどに通いたい人にもおすすめです。

セオン トランスポーターは、仕事もプライベートも充実させたい現代のビジネスパーソンの期待に応えてくれるビジネスリュックといえます。

シュート

「マムートのビジネスリュックといえばコレ」と言われるほどの代表作。アップデートを重ねてより使いやすく進化しています。

型番 Seon Transporter 25 Seon Transporter 15
サイズ 約30.5×46.7×14.5cm 約26.0×42.0cm×10.7cm
容量 25L 15L
重量 約990g 約810g
機能
  • 「WORK」と「CLIMB」の2種類のコンパートメント
  • ラップトップ用フリーススリーブ付き
  • キャリーバッグにセットアップ可能
カラー
  • black(ブラック)
  • iguana (カーキ)
  • marine(ネイビー)

※各サイズの型番をタップすると、販売ページで詳細を確認できます。

2.マムート セオン クーリエ/Seon Courier

 山リュックの背負い心地の良さや安定感をフィードバック

マムートのセオン クーリエは、独特なシルエットが特徴のビジネスリュックです。

先程紹介したセオン トランスポーターと同じくWORKコンパートメントとCLIMBコンパートメントを備えており、ビジネスとプライベートのどちらでも利用できます。

ショルダーベルトには柔らかいパッドが入っており、長時間でも快適に着用可能です。

また、バッグの背面には安定性をあげるためのパネルが封入されており、ロードバイクに乗る際もズレずに着用可能。

自転車通勤のビジネスパーソンによく選ばれています。

背面にはジッパーが備えられており、背負ったままでも中身が取り出しやすい工夫がされている点も便利です。

電車での通勤はもちろん、自転車などで体を動かしながら通勤をしたいときも活躍してくれるでしょう。

型番 Seon Courier 30 Seon Courier 20
サイズ 約29.5×53.0~65.8cm
マチ(底部)約12.3cm
マチ(上部)約17.0cm
約28.0×,46.4~58.4cm
マチ(底部)約12.3cm
マチ(上部)約14.8cm
容量 30L 20L
重量 980g 890g
機能
  • 「WORK」と「CLIMB」の2種類のコンパートメント
  • ラップトップ用フリーススリーブ付き
  • キャリーバッグにセットアップ可能
カラー
  • black(ブラック)
  • marine(ネイビー)

※各サイズの型番をタップすると、販売ページで詳細を確認できます。

3.マムート エクセロン/Xeron

 温かみのあるラウンドフォルムに愛着が湧くビジネスリュック!

マムートのエクセロンシリーズは、アーバンテイストのデザインながら随所に登山を連想させる仕組みが取り入れら得た遊び心のあるリュックです。

フロントジッパーには登山で使われるカラビナと、レスキューオレンジをイメージしたアクセントが取り付けられています。

丸みのあるシンプルなデザインはビジネスでもプライベートでも使いやすく、特徴的な光沢のあるデザインが印象的です。

内部にもこだわりがあり、アウトドアブランドらしい山のイラストがプリントされていることが特徴。

PCを収納できるポケットもしっかりと備わっており、使いやすさとデザインがしっかりと考えられたリュックに仕上がっています。

ビジネスでもさり気なくアウトドアの雰囲気を味わいたい人におすすめです。

型番 Xeron 30 Xeron 25 Xeron 15
サイズ 約29.0×48.0×24.0cm 約27.0×47.0×23.0cm 約24.5×44.0×7.5〜15.0cm
容量 30L 25L 15L
重量 730g 660g 590g
機能
  • 背負ったままでも開きやすい縦型ジッパー付き
  • ラップトップを収納可能なコンパートメント
  • 大型のフロントポケットポケット
  • 中身が取り出しやすいロールトップタイプ
カラー
  • titanium(グレー)
  • safari(ベージュ)
  • black(ブラック)

※各サイズの型番をタップすると、販売ページで詳細を確認できます。

4.マムート ネオン シャトル/Neon Shuttle

 ビジネストートとリュックの2WAY仕様リュックの特徴

マムートのネオン シャトルシリーズは、マムートらしいクライミングバッグとしての機能性をそのまま搭載させた2WAY仕様のビジネスリュックです。

人体工学に基づいたリュックベルトが採用され、背面にはEVAフォームを使ったベンチレーション機能を搭載。暑い季節でも高い通気性で快適な背負い心地を実現しています。

ショルダーストラップを取り外して、ビジネストートとして利用することも可能です。

内部にはギアループやロープアタッチメントなど、クライミングバッグを彷彿とさせる機能も採用されています。

ガバッと大きく開くトートタイプのメインポケットに荷物を詰め込めるので、週中はビジネスリュックとして、週末は趣味バッグとして重宝します。

型番 Neon Shuttle22 Neon Shuttle 30
サイズ 約50.0×15,5×31.5cm 約54.0×35.0×12.0cm
容量 22L 22L
重量 690g 810g
機能
  • 通気性の高いベンチレーションシステムを背面に採用
  • 人体工学に基づいた背負いやすいリュックベルト
カラー
  • safari(ベージュ)
  • black(ブラック)
  • marine(ネイビー)
  • black(ブラック)
  • offwhite(オフホワイト)

※各サイズの型番をタップすると、販売ページで詳細を確認できます。

マムートビジネスリュックの修理について

マムートのリュックの修理

マムートの製品は、もともと登山用品を生産していたこともあり非常に丈夫に作られていますが、万が一破損してしまったときは修理を依頼可能です。

マムートはアウトドアという自然に関する製品づくりをしていることから、壊れた製品を修理することで商品寿命を伸ばす取り組みを実施しています。

社の修理スタジオでビジネスリュックの修理も受け付けていますので、壊れてしまったときはホームページのフォームから問い合わせてみると良いでしょう。

マムートの販売店について

マムートの店舗

まだ日本国内での知名度が高くないこともあり、マムートの公式ストアは全国に6か所しかありません。

ただしマムートの製品は、ショッピングモールや専門店などの日本全国のにある正規取扱店で販売されています。

マムートのビジネスリュックを手にとってみたい方は、正規取扱店をチェックしてみると良いでしょう。

→マムートの公式ストアの場所を確認

機能的で快適なマムートのビジネスリュック!

マムートのフィギア

今回はマムートのビジネスリュックについて紹介しました。

マムートのビジネスリュックはモダンでシンプルなデザインながらも、アウトドアメーカーらしいこだわりの機能性が備わっている点が非常に魅力的です。

命がけの登山を支える技術がビジネスリュックにも用いられていると考える、ビジネスシーンの頼れる相棒になってくれるでしょう。

また、仕事もプライベートもアクティブに過ごした人も満足できる機能性を得られるはずです。

ぜひ、ビジネスリュックを探している人は、マムートを検討してむてはいかがでしょうか。

迷ったらコレ

マムート セオン トランスポーター

マムートビジネスリュックの代表作。アウトドアで培った機能性をビジネスのフィールドへしっかりとフィードバックさせています。

コメントを残す

CAPTCHA