【ノースフェイス特集】人気の最新ビジネスリュック5選|2022年新作

 

スタイリッシュなデザイン性とアウトドアブランドならではの機能性・耐久性で高い人気を誇るTHE NORTH FACE/ノースフェイスのビジネスリュック

特にビジネスシリーズは毎年ブラッシュアップされるなどノースフェイスが力を入れているラインで非常に魅力のある商品が揃っています。

今回は中でも2022年の最新モデルも含めた人気・評判ともに高いビジネスリュック&3WAYバッグをご紹介します。

すぐにノースフェイスの人気ビジネスリュックランキングへスキップしたい方は≪コチラ»をタップ

この記事の筆者:ジンベエ
元バックパッカー。これまでに使用したリュックは40種類以上。現在は旅の経験を活かして中国で現地コーディネーターをしています。トラベルからビジネスまで目的に応じたおすすめのリュックをご紹介します。

THE NORTH FACE/ノースフェイスとは

ノースフェイスのビジネスリュック

すでに国内でも圧倒的な知名度を誇るノースフェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカで生まれたアウトドアブランドです。

日本ではデザイン性の高さから人気が先行していますが、実はガチガチのアウトドアブランドでこれまで自然を相手にするアウトドアグッズの性能限界点を高めてきたブランドでもあります。

例えば、ダウンパーカの原点となる商品や、「最低対応温度」が表記されたスリーピングバッグ、パタゴニア遠征を時速200km/hの風から救ったドーム型テントなど、現在では定番となった製品モデルを最初に形作ったのがノースフェイスです。

そんなメーカーが本気でビジネスリュックを設計・開発しているので、快適でないはずがありません。

ノースフェイスのビジネスリュックはこんな方におすすめ
  • オンオフ使えるオシャレなビジネスリュックが欲しい
  • 何年も愛用できるしっかりしたビジネスリュックを探している
  • 快適に背負える3WAYバッグを探している

ノースフェイスのビジネスリュックの3つの特徴

ノースフェイスのビジネスリュックは、様々なワークスタイルのビジネスパーソンが愛用しています。

特に中でもノースフェイスのビジネスリュック全体に共通する3つの特徴をご紹介します。

1.アーバンスタイルにフィットするスクエアフォルム

ノースフェイスで人気の高いビジネスリュックはいずれもスクエアフォルムを採用しています。

一般的なビジネスリュックをスーツスタイルに合わせるとどうしても野暮ったい印象になりがちなのですが、ノースフェイスのビジネスリュックは洗練されたスクエアフォルムのおかげでスーツスタイルやオフィスカジュアルに合わせても自然とスタイリッシュに馴染んでくれます

キレイめにまとめたオフの私服にも合わせやすいので、ノースフェイスのビジネスリュック一つでオンオフ問わず幅広く使い回せます

ジンベエ
スクエアフォルムは、収納性にも貢献。コンパクトに見えてノートPCから資料まで仕事で必要なものをしっかり整理整頓しながら収納できます。

2.アウトドアブランドならではの背負い心地

多くのメーカーからビジネスリュックや3WAYバッグがラインナップされている中でノースフェイスを選ぶ大きな理由の一つが“背負い心地”です。

10kg、20kgの荷物を背負って山頂へとアタックするアルピニスト達と作り上げてきた機能性の高さはビジネスリュックにも受け継がれています。

ビジネスリュックのどのモデルを選んでも、肩にかかる負担を体全体へと分散してくれるクッション性に優れた背面システムが採用されています。

また空気の流れを意識して成形されたバックパネルは通気性にも優れ、シャツやジャケットの上から背負っても蒸れにくい設計になっています。こういったノウハウはアウトドアブランドならではです。

ジンベエ
3WAYバッグのショルダーハーネスもいわゆる“なんちゃってハーネス”ではなく、しっかり厚みがあるので荷物が多くても快適です。

3.信頼性の高い素材を使った優れた耐久性

ノースフェイスのビジネスリュックは、アウトドアブランドらしい高い耐久性も大きな魅力。

主に以下の素材が使われています。

  • 1680Dコーデュラバリスティックナイロン
  • 1050Dコーデュラバリスティックナイロン
  • 480Dコーデュラナイロン

こうした素材を使って作られるビジネスリュックは耐摩擦性や耐久性が高いだけでなく、荷物をたくさん入れた状態でも型崩れしにくく見た目も綺麗です。

何年もヘタらないしっかりしたビジネスリュックが欲しいという方におすすめです。

ノースフェイスでおすすめのリュック5選

では、早速ノースフェイスのビジネスリュック&3WAYバッグの中でも特に評価の高い人気のリュックを確認してみましょう。

順位モデル名実勢価格
1位シャトルデイパック22,000円
2位シャトルデイパックスリム22,000円
3位コーデュラバリスティック3WAYデイパック35,200円
4位シャトル3WAYデイパック26,400円
5位ローマーデイ31,900円

*価格は2022年3月現在

1位:ノースフェイス シャトルデイパック

イチオシ!

ノースフェイスのビジネスリュックで圧倒的人気No.1

ノースフェイスのビジネスリュックで大定番となっているシャトルデイパック

2012年に販売がスタートしたモデルで、ここ何年かで一気に広まった“ビジネス向けスクエアリュック”の元祖のような存在です。

圧倒的に支持されている理由がシンプルなデザインに隠された高い機能性

実はシャトルは日本にて企画・設計が行われ、日本のワークスタイルを徹底的に研究して作られています。これまでにもワークスタイルの変化に合わせて4回のリニューアルごとにブラッシュアップされています。

PCをスマートに取り出せるクッション性の高い収納部に、モバイルバッテリーやACアダプタ、ケーブル、ビジネスガジェットなど、小物類もココに収納したいというところに機能性の高いポケットが配置されています。

止水性のYKKアクアガードファスナーが採用されていますが、さらに防水性を高めるためにシャトルシリーズ専用レインカバーもオプションで用意されています。

スーツケースへのセットアップ機能もあるため、出張から旅行まで幅広く対応できるベストセラーです。

ジンベエ
リュックを置いた時にPCが底付きしないポケットや、背負ったときに背骨が背面に当たらない3D成形パネルなど、ノースフェイスのこだわりがいろいろなところに込められています。ビジネスリュックで迷ったらぜひシャトルデイパックを!
サイズ460×290×180mm
容量25L
15インチPC収納可能
重量1,030g
素材
  • ブラック:1050Dコーデュラバリスティックナイロン
  • ミネラル:480Dコーデュラナイロン/ポリエステルヘザー
機能
  • セットアップ機能
  • アクアガード
  • タブレットスリーブ
カラー
  • ブラアク
  • ミネラルグレーヘザー

ノースフェイス シャトルデイパックの口コミ評判

頼れるバックパック

シンプルでスタイリッシュなデザインながら中身に、PCや、いろんなガジェット類を小分けにして入れられるので綺麗にたくさん収納出来て、気に入ってます。
スマートな外観でありながらも、収納力抜群で、PC等の持ち運び時にも安心。
海外渡航時にスーツケースともストレスレスで組み合わせ移動できるメリットも。
出し入れのタイミングの多いパスポート類やキーホルダーも安全に収納できるのも魅力。
利用者の口コミ

2位:ノースフェイスシャトルデイパックスリム

シャトルの使いやすさそのままに電車通勤に最適化

シャトルシリーズの機能性や耐久性はそのままにスリムに仕上げられたのがシャトルデイパックスリムです。

電車の中でも見かける機会の多くなった“薄マチ”スタイルのビジネスリュックですが、実はノースフェイスでは早くも2014年からスリムスタイルのビジネスリュックをラインナップしていました。

荷物はノートPCにタブレット、デジタルガジェットくらいというビジネスパーソンにぴったりなミニマムスタイルのビジネスリュックです。

薄マチスタイルでも15インチまでのノートPC収納に対応しており、タブレットスリーブも用意されているのでそれぞれ独立したスペースに収納できます。

電車の中で前向きに背負った時に前面ポケットが開けやすく、スマホやモバイルバッテリーをスマートに取り出せます。

背面システムはシャトルデイパックと同様のものが採用されています。

機動性に優れたビジネスリュックをお探しのビジネスパーソンにおすすめです。

サイズ450×270×130mm
容量18L
15インチPC収納可能
重量850g
素材
  • ブラック:1050Dコーデュラバリスティックナイロン
  • ミネラル:480Dコーデュラナイロン/ポリエステルヘザー
機能
  • アクアガード
  • タブレットスリーブ
カラー
  • ブラック
  • ミネラルグレーヘザー

ノースフェイスシャトルデイパックスリムの口コミ評判

大満足です

以前使っていたのがへたってきたので購入しました。
デザインもシンプルで、電車で使うのにもスリムで気に入っています。
横のポケットはドリンクを入れるのにちょうど良いです。
上部ポケットはジッパーが二重になっているので、安心して使えます。
利用者の口コミ

3位:ノースフェイス コーデュラバリスティック3WAYデイパック

耐久性×大容量の3WAYバッグ

ノースフェイスのビジネスシリーズで最も耐久性・耐摩耗性に優れた1680Dコーデュラバリスティックナイロンをメインファブリックに採用したコーデュラバリスティック3WAYデイパック

容量は38Lとコレ一つで2~3泊程度までの出張や旅行に対応可能セットアップ機能もあるので、機内持ち込みサイズのスーツケースと組み合わせれば、ビジネスパーソンのほぼ全ての出張ニーズに応えられます。

PC収納タブレット収納それぞれがメインコンパートメントとは別に独立したポケットが割り当てられているため、私物とビジネスアイテムを区別して収納できます。

ノースフェイスのロゴにはリアルレザーのパッチが採用され高級感があります。

飛行機で到着したあと仕事場へ直行して営業先でPCを取り出すようなシチュエーションで重宝します。

サイズ360×500×190mm
容量38L
15インチPC収納可能
重量1,480g
素材1680Dコーデュラバリスティックナイロン
機能
  • 3WAY仕様
  • タブレットスリーブ
  • セットアップ機能
カラー
  • ブラック

ノースフェイス コーデュラバリスティック3WAYデイパックの口コミ評判

丈夫な3WAYバッグ!

ビジネス、プライベート、ちょっとした旅行など使えるシーンが多いバッグだと思います。収納式のショルダーハーネスのため、手持ちした時にハーネスが邪魔にならないので重宝しています。生地も頑丈で長く使えそうです。
利用者の口コミ

4位:ノースフェイス シャトル3WAYデイパック

シャトルシリーズの3WAYモデル

「通勤はリュックスタイルにしたいけど、営業先では受け入れてもらえなそう」なんてビジネスパーソンに人気なのがシャトルシリーズのシャトル3WAYデイパック

収納式のショルダーハーネスに取り外し可能なショルダーストラップ、クッション性の高いグラブハンドルと「持つ・背負う・掛ける」とシチュエーションに合わせて使い方を変えられます。

グラブハンドルはタテヨコ両方に付いているため、電車内でスマートに手持ちに切り替られます。

ノートPCとタブレットそれぞれ独立した収納スペースが用意され、スマホやガジェット類を収納しやすいオーガナイザーポケットで整理整頓しながら荷物を収納できます。

スーツケースにセットアップ可能なスリーブがあるため、出張やトラベルにも活躍してくれ幅広い使い方ができます。

サイズ310×440×180mm
容量25L
B4サイズ収納可能
重量1,030g
素材
  • ブラック:1050Dコーデュラバリスティックナイロン
  • ミネラル:480Dコーデュラナイロン/ポリエステルヘザー
機能
  • アクアガード
  • タブレットスリーブ
  • セットアップ機能
カラー
  • ブラック
  • ミネラルグレーヘザー

ノースフェイス シャトル3WAYデイパックの口コミ評判

かっこいいデザインと、何にでも合わせられるデザインは、仕事でも遊びにも使ってます。
友達も買いたいと言うくらいお洒落なバッグです。
軽くて使いやすく、PCだけでなく、いろんなものが入ります。入れるものが多い自分にはとてもピッタリで仕事はもちろん、プライベートでも毎日使ってます。
利用者の口コミ

5位:ノースフェイス ローマーデイ

ノースフェイスのプレミアムコミューターバック

ノースフェイスのビジネスシリーズの中でも高級ラインのローマーデイ

底部とフロント上部にリアルレザーを採用しており、洗練された上品な高級感があります。

若者向けの製品が多い中で、年令問わず誰でもビジネスシーンで使いやすい落ち着いたデザイン性が魅力です。

PCとタブレットは独立したコンパートメントが用意され、デジタルガジェット類を傷つけず収納しやすいフリースライニングのポケットが搭載されています。

落ち着いた印象のブラックとリアルレザーの質感を楽しめるグラファイトグレー×ブラウンの2色展開です。

サイズ500×320×190mm
容量24.5L
15インチPC収納可能
重量1,410g
素材840Dナイロン、牛革
機能
  • タブレットスリーブ
カラー
  • ブラック
  • グラファイトグレー×ブラウン

ノースフェイス ローマーデイの口コミ評判

大満足です

シンプルなデザインながら中身は、PC含め、いろんなガジェット類をポケットに小分けにして入れられるので綺麗にたくさん収納出来ます。気に入って毎日使ってます。
利用者の口コミ

ノースフェイスのビジネスリュックはアフターサポートが充実

ノースフェイスのアクセサリ

探そうと思えばノースフェイスよりもリーズナブルなビジネスリュックはいくらでも見つかります。

それでもアルピニストからアクティブに働くビジネスパーソンまで、多くの人からノースフェイスのバッグが支持されているのは、機能性や耐久性に加えて充実したアフターサポートがあります。

簡単に言えば、ノースフェイスのリュックは故障した際の公式による修理が格安なんです。

例えば、リュックの生地にあいた1cmほどの穴なら、修理費用は700円ほど。
*もちろん修理内容によって費用は異なります

公式メーカーの修理としては考えられないほど格安です。

ノースフェイスは「良いものを長く使いたい」というタイプの方におすすめのメーカーです。

ビジネスリュックと合わせたい便利グッズ3選

ノースフェイスのショップ

ノースフェイスのビジネスリュックを購入する際に、一緒に揃えたいおすすめの便利グッズが3つあります。

仕事の効率化にもつながるので、ワークスタイルに合わせて選びましょう。

1.ノースフェイス シャトルシリーズ用のレインカバー

シャトルシリーズはYKKの止水ファスナーが標準で採用されていますし、コーデュラバリスティックナイロンも最初のうちはしっかり雨を弾いてくれます。

ただ、生地の撥水性はだんだんと失われていくので、特に自転車通勤の方や外回りの機会が多い方は、レインカバーも一緒に用意しておくことをおすすめします。

ノースフェイスはシャトルシリーズ専用のレインカバーを用意していて、カラーもブラックで落ち着いているのでビジネスシーンでも使いやすいです。

2.ノースフェイス ジオフェイスPCスリーブ15インチ

ジオフェイスPCスリーブは、バッグインバッグとして使用できるPC専用スリーブです。

ノースフェイスのビジネスシリーズのリュックサックや3WAYバッグはPC収納も当然搭載されているので、なくても困りません。

ただ、カフェで作業したり、仕事場でパソコンを持ち歩いたりする方は、あると結構重宝します。

パソコンとタブレット以外にも、モバイルバッテリーやアダプタなどを収納できるポケット付きで、リュックから取り出してバッグとしての単体使用も可能です。

ノースフェイスのビジネスリュックを購入すると欲しくなるアイテムです。

3.ノースフェイス TNFキーキーパーデュオ

シャトルシリーズへの小さな不満なのですが、ポケットにあるキーリングがOリングなので鍵の取り外しがしにくい

そこでおすすめなのがノースフェイスの両側がカラビナになっているキーチェーンです。シャトルシリーズに付属するデイジーチェーンよりも鍵をいくつか付けた状態での脱着が簡単です。

せっかくなので100均のカラビナではなく、純正が使いたくなります。

デザイン・機能性・耐久性の3拍子が揃ったノースフェイスのビジネスリュック

ノースフェイスのロゴ

洗練されたデザイン性で人気の高いノースフェイス

ノースフェイスのビジネスリュックは、スクエアフォルムのアーバンスタイルに馴染むデザイン性だけでなく、歴史あるアウトドアブランドらしい耐久性の高さと、毎年のようにブラッシュアップされた抜群の機能性の高さが大きな魅力です。

今回はビジネスリュックや3WAYリュックの中でも特に人気の高い評判のモデルをご紹介しました。

毎日の通勤をより快適にしてくれるノースフェイスのビジネスリュックを試してみるのはいかがでしょうか?

迷ったらコレ

シャトルデイパック

10年以上続く大ベストセラーモデル。その間にもリニューアルを続けながら現代のワークスタイルに合わせて機能性を大幅に向上ノースフェイスのビジネスシリーズへのこだわりが込められた逸品です。

コメントを残す

CAPTCHA