海外旅行や海外出張で行ったことのない国に行く時に心配なのが、その国や地域の『治安』

そこで今回は、海外渡航先の治安について、できるだけ詳しく実際的な情報を入手するための3つの確認方法をご紹介します。

1.外務省の『海外安全ホームページ』

まず1つ目が、日本の外務省が運営している海外安全ホームページ

全世界の治安を4つのレベルに分類しています。色別なのでわかりやすいですね。

目的地を地図上でクリックしたり、検索欄から探すと、より詳細な現地の安全情報が確認できます。

例えば、2018年12月現在、メキシコを例にしてみると、一部の地域はレベル1「十分注意して下さい」~レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出ていることがわかります。

それぞれの国別のデータのところにある「安全対策基礎データ」には、その国でこれまでに発生した邦人の関連した事件や事故などについて詳細が記載されているので、実際に現地についた時にどんなことに気をつければ良いのかがイメージしやすくなります。

(2)強窃盗
路上,タクシーやバス等の交通機関内,空港などにおいて,日本人がスリ,置き引き等の窃盗及び強盗の被害に遭っています。また,自動車運転中に,開放された窓から車内のものを盗まれる,あるいは,けん銃を突きつけられるなどして,車ごと奪われるといったカージャックも発生しています。メキシコにおいては,けん銃などの武器の携行には国防省の特別許可が必要ですが,銃の取得が比較的容易なため,多くの犯罪に銃器が使用されています。銃で強盗に脅された場合,絶対に抵抗しないでください。

2.日本ツアーオペレーター協会の『OTOA』

OTOAは一般財団法人 日本海外ツアーオペレーター協会が運営しているサイト。

「一般社団法人日本海外ツアーオペレーター協会」(OTOA=OVERSEAS TOUR OPERATORS ASSOCIATION of JAPAN)とは、海外を訪れる日本人旅行者の皆様を現地で実際にお世話したり、海外旅行を企画販売する全国の旅行会社から依頼を受け、その旅行先の手配を専門に行う旅行会社。言うなれば海外旅行の現地手配サービスの専門集団です。

現地ツアーオペレーターたちが情報を提供しているので、渡航先の国のこれまでのトラブル例や、現地ならでは罰則、注意すべき週間、治安の悪い地域、現地でのタブーなど、現地の生の情報が確認できるので役立ちます

渡航先へ行く際に必要な予防接種に関する情報も提供しているので、旅の準備にお役立てください。

3.外務省の『たびレジ』&『オンライン在留届』

海外旅行や海外出張などで外国に滞在する人向けの外務省によるサービスである「たびレジ」「オンライン在留届」

よく2種類のサービスで「どちらを使ったらいいかわからない…」という方もいますが、簡単にまとめると…

  • 3ヶ月以内の滞在なら「たびレジ」
  • 3ヶ月以上の滞在なら「オンライン在留届」

です。

*ちなみに3ヶ月以上外国に滞在する日本人は、在留届を提出することが法律で義務付けられています。

登録すると、

  • 出発前から旅先の安全情報をメールで入手
  • 旅行中も最新情報を入手
  • 現地でトラブルに巻き込まれた時にも支援

といった手厚いサポートが受けられます。

治安の悪い国では、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも多いので、短期間の旅行でも治安に不安のある国を訪れる時にはたびレジの登録を忘れずにするようにしましょう。

治安の良くない海外では、行動の仕方にも注意を

治安の良くない国を訪れる場合には、特別な注意が必要です。

しっかり現地の情報を知っておくことで、トラブルを避けたり、万が一の時にも被害を最小限にできます。出発前には、今回ご紹介したサイトやサービスを利用して、治安の良くない国や地域の最新の情報を入手するようにしましょう。

これから海外へ訪れる方は、関連記事も参考にしてみて下さい。

治安の調べ方|安全に海外旅行を楽しむための3つの確認方法
5 (100%) 1 vote

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう