スタリアVSの使用レビュー

 

「フルスペックで堪能する、100Lの大容量。」がキャッチフレーズのスタリアVs

これまでプロテカのスーツケースは4台ほど使用してきましたが、印象としてしては現行のプロテカのモデルで一番“プロテカらしさ”が感じられる機能性と品質の両立が気に入っています。

実際、昨年はマックスパス3やエアロフレックスライトなど注目の新モデルが他にもありましたが、プロテカの中では売上N0.1だったそうです。

実際に使ってみて感じた使い心地をレビューでご紹介するので、口コミではわからないメリットデメリットを確認するのにお役立てください。

この記事の筆者:ジンベエ
海外ガイド&コーディネーター歴12年。使用したスーツケースは50台以上。
世界散歩ではトラベルグッズのレビューを担当しています。お役に立つ“生”の情報をお届けします。
エース大幅セール開催中!
コロナの影響かと思われますが、定価販売が基本の現行モデルも大幅な割引価格で販売されています。
まだ旅行に行く予定がたてられない中ですが、お得な内に狙っていたスーツケースを眺めながら旅気分を味わうのはいかがでしょうか。
【主なセール内容】

Amazonでも残りが少なくなっているようで、担当の方に確認したところ在庫余剰分のセールのため、売り切れ次第終了だそうです。気になっている方はお早めに。

スタリアVs使用レビュー|口コミではわからないメリット・デメリット

スタリアVsの全体像

スタリアシリーズは前モデルのスタリアEXからキャスターストッパーが搭載されましたが、スタリアVsへのモデルチェンジでデザインが大きく変わりました

プロテカには、最近ではエアロフレックスライトのような海外ブランドに負けないデザイン性の高いスーツケースもありますが、個人的にはスタリアVsのような昔からのプロテカらしい機能美を追求したデザインが好みです。

タテ・ヨコに走るリブデザインが、上品で洗練された雰囲気を醸し出しています。

では実際に使っていて感じた合計6つのメリットデメリットをレビューしてみたいと思います。

まずは、スタリアVsの口コミにはない2つのデメリットから。

1.フルスペック故に重量が若干気になる

スタリアVsのハンドル

スタリアVsは、プロテカのスーツケースだけに搭載される…

  • マジックストップ(キャスターストッパー)
  • サイレントキャスター
  • ベアロンホイール

3つの機能がすべて搭載されているモデルです。

そのため、スタリアVsはキャスターストッパー搭載モデルとしては軽量な方ですが、やはり重量が気になる方はいらっしゃるかなと思います。

ちなみに各サイズの重量は…

  • 37Lサイズ 3,1kg
  • 53Lサイズ 3.7kg
  • 66Lサイズ 4.0kg
  • 76Lサイズ 4.3kg
  • 100Lサイズ 5.1kg

となっています。

LCCをよく利用する方など、スーツケースに軽量性を求める方は、プロテカでも同じ価格帯のエアロフレックスのほうが良いでしょう。

重量はスタリアVsの約半分です。

スタッフ
個人的には、スタリアVsの機能性を考えると価値があると思います。

2.TSAロックがフラットモデルではない…

スタリアVsのTSAロック

プロテカの最新モデルには、ボディにTSAロックが埋まったようなフラット式が採用されています。

エアロフレックスライトのTSAロック
埋込式となったTSAロック

ただし、スタリアVsに関しては発売時期が微妙だったので、搭載されているのは前モデルと同じような凹凸のあるTSAロックになっています。

TSAロック部分に凹凸があると、空港スタッフが手荒に投げてぶつかった拍子に樹脂部品が割れてしまうことが時々あります。

プロテカの場合、プレミアムケアで航空会社に預けている間の故障も無償で対応してくれるので安心ですが、見た目にもフラットなTSAロックの方がスッキリしていますよね。

ただし、プロテカ・スタリアVsを愛用しながら感じたデメリットはこの2つくらいです。

では、次にスタリアVsを使っていて感じるメリットについてレビューしてみたいと思います。

3.ワンタッチでしっかり止まるキャスターストッパー

スタリアVsのキャスターストッパー

プロテカ・スタリアVsには、「マジックストップ」と呼ばれる特許を取得したキャスターストッパーが搭載されています。

手元のスイッチひとつでオンオフの切り替えができ、両方のキャスターに均等にロックがかかるため、揺れる電車の中でも片効きを防いでスーツケースをしっかり固定します。

最近では、キャスターストッパーを搭載したスーツケースが他にもたくさんありますが、スタリアVsに搭載されているマジックストップは、まずキャスターストッパーのスイッチがとても軽いのが特徴

スタリアVSのマジックストップ
*写真撮るの下手くそですみません…めっちゃ写り込んでます。

仕組みはプロテカの説明を聞いてもよくわかりませんでしたが、キャスターストッパーはスイッチが中のワイヤーと連動してキャスター部分まで繋がっているはずですが、なぜこんなに軽くスイッチを押しただけでストッパーがかかるのか不思議なくらいです。

また、他のメーカーのスーツケースは、キャスターが摩耗していくにつれてロックする力が弱くなっていきますが、マジックストップは長年の使用でキャスターが摩耗しても一定の圧力で直接キャスターを固定する仕組みのため、ロックする力が変わりにくいのが特徴です。

実際筆者のスタリアVsはすでにかなりタイヤが摩耗していますが、まだまだしっかりキャスターストッパーが作動してくれています。

4.移動快適性を追求したサイレントキャスター&ベアロンホイール

スタリアVSのキャスター

プロテカのスーツケースで評価の高いサイレントキャスター&ベアロンホイール

2つとも搭載しているのは、プロテカの中でも上位モデルのみです。

プロテカキャスターの説明

ベアロンホイールはホイール内部に摩擦抵抗を極限まで抑えた「高耐久性クロム鋼ベアリング」が搭載されています。
荷物をたくさん入れて重くなった状態でも滑るような軽さが魅力です。

安いスーツケースは、新品の時にはキャスターがスムーズでも、摩耗したり、荷物をたくさん入れると移動が大変になることが多いですが、スタリアVsに関しては100Lに荷物を満載にした状態でもとてもスムーズです。

スタリアVsのキャスター

筆者のスタリアVsも、新品時と比べるとかなり摩耗しましたが、まだまだしっかりスムーズに動いてくれるので助かっています。

また、サイレントキャスターはプロテカ独自のノイズキャンセリング機構で、タイヤに溝を施すことで体感音量を約30%軽減しています。

ジンベエ
実際にプロテカを使ってみると、キャスターの違いだけで結構の旅の疲れ方が変わるんです。

5.女性にも扱いやすいスクエアフォルム

スタリアVsのサイズ

スタリアVsで特に魅力に感じるのがサイズ感です。

筆者は普段、友人からスーツケースの選び方を聞かれた時に「大きすぎるスーツケースはやめたほうがいい」と勧めています。
高さがあると女性には扱いにくいですし、スーツケースの重量分荷物が入れられなくなるので…。

特に高さが70cmを超えるスーツケースは、海外の駅の階段でスーツケースを持って上がらなければいけない時に、かなり扱いにくく感じる方が多いです。

その点、スタリアVsは100Lサイズでも本体サイズが69cmしかありません。

そのため、荷物をたくさん入れた状態でも扱いやすく、キャリーバーを伸ばして引くときにも重心が低いので重さを感じにくいです。

ちなみに他のメーカーの100Lくらいのモデルと高さを比較してみるとこんな感じです。

プロテカ
スタリアVs
100L69cm
サムソナイト
コスモライト
94L75cm
リモワ
エッセンシャル
85L77.5cm

スタリアVsの収納

また、高さを抑えることで、収納スペースにも深さがあるので、留学や海外出張などでサイズのあるものをスーツケースにパッキングするのにも余裕があります。

6.目立たないところの使いやすさ

スタリアVsのハンドル

プロテカのスーツケースは、使いながら使いやすさのための工夫が見つかる事が多いです。

日本メーカーらしさかなと思います。

例えば、持ちやすい工夫がしっかりされていて、底面に少しのくぼみがあるので、スタリアVsを横にした状態でも両手でしっかり掴みやすくなっています。

空港のバゲージクレームでスーツケースをコンベアから下ろす時もすごく楽です。

スタリアVsのハンドル

ほかにも、ちょっと写真ではわかりにくいのですが、スタリアVsの上部に付いているハンドルは持ち手が傾斜の付いた形状になっています。

最初なんでかなと思ったのですが、20kgくらい荷物を入れた状態で持ってみると、傾斜があることでフィットするので手が痛くなりにくいのに後から気が付きました。

こういう目立たないところの使いやすさは、日本メーカーのフラッグシップブランドであるプロテカならではかなと思います。

ジンベエ
スタリアVsは実際に使ってみると、目立たないところへのこだわりのおかげで旅行でのパッキングや移動が楽になって、愛着の湧くスーツケースです。
プロテカが“フルスペック”と言うだけあるなと感じます。

プロテカ・スタリアVsの仕様

スタリアVsは全5サイズ

特にスタリアVsは50L~70Lサイズまでだけで3サイズを揃えているのが特徴で、探しているベストサイズが見つけられるはずです。

No.サイズ重量容量価格
0295145×38×25cm3.1kg37L50,000円
0295251×41×29cm3.7kg53L53,000円
0295355×44×30cm4.0kg66L55,000円
0295460×47×30cm4.3kg76L57,000円
0295564×50×34cm5.1kg100L61,000円

スタリアVsのカラーバリエーション

スタリアVsには、

  • ガンメタリック
  • ブルーグレー
  • ショコラブラウン
  • ワイン
  • ダークシルバー

の5色がラインナップされています。

筆者が選んだのワインでしたが、ガンメタリックも格好よくかなり悩みました。

プロテカ・スタリアVsの口コミ評判

スタリアVsの口コミ評判

実際にプロテカスタリアVsを愛用しているユーザーの方の口コミも確認してみましょう。

プロテカは日本唯一の国産ブランドということで、どのスーツケースでも口コミ評判は良いですが、スタリアVsは平均評価が4.71と抜群に高いです。

代表的な口コミを確認してみましょう。

さすが国産

プロテカ スタリアVs 75リットルサイズ
ガンメタリックを買いました。
軽くて4輪タイヤがスムーズです。
見た目より荷物をたくさん入れれて満足です。
3年保証は素晴らしいです。
荷物を預けて壊されても空港で対応して貰えます。
あとタイヤストッパー機能があるので
電車内でカバンを支えてなくてもOK。
いいカバンです。
楽天市場の口コミ
今まで同様の商品を使用していましたが、今回新たに購入を検討していたところ、新商品が発表され購入いたしました。
作り自体の剛性が高く、海外などの空港で乱雑に扱われる場合でも問題なく使用できると思いました。
またキャスターにストッパーがついており、何かと便利かと思います。
金額が多少高めの設定かと思うユーザーがいるかもしれませんが、メーカーの信用性、商品の作りを見てみれば安い買い物をしたかと思います。
楽天市場の口コミ

見た目で選びましたが・・・それ以上です。

外観もステキですが実は内装もイイです。丁寧な仕事というかさすが国内メーカーといった感じです。また商品到着直後、誤って倒してしまった際、机の角にぶつかったのですが自慢のピカピカボディにキズが付かなかったのにはびっくりしました。機能・特徴はカタログ通りですが、それ以外の基本機能が優れている商品だと感じました。
見た目で選びましたが、それ以上の性能に満足です。
楽天市場の口コミ

日本が世界に誇る国産ブランドなので当たり前といえば当たり前ですが、口コミ評価も非常に高いです。

スタリアVsより安いスーツケースはいくらでもありますが、これ以上信頼できるスーツケースはなかなかないと思います。

品質を考えれば、購入して大満足なコスパスーツケースでした。

国産ラゲージならではの極上の使い心地をスタリアVsで!

スタリアVsについてレビューでご紹介しました。

日本のトップラゲージブランドと言えるプロテカの新作スーツケースらしく、使用者の目線で考えつくされた工夫が感じられるスーツケースでした。

決して安くはありませんが「プロテカプレミアムケア」で3年間は航空会社による故障にも無償修理で対応してくれますし、快適&安心を求める方におすすめな1台です。

ジンベエ
プロテカプレミアムケアの“航空会社による破損にも無償対応”というのは、あのリモワですらできないラゲージブランド唯一のプロテカだけのサービスです。