飛行機へ乾電池の持ち込み・預け入れは可能!?

海外流行では機会が少ないかもしれませんが、海外生活している方の中には「乾電池って飛行機で持ち込みや預け入れしても大丈夫?」と気になったことのある方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では

  • 乾電池は飛行機へ機内持ち込みできる?
  • 乾電池をスーツケースに入れて預け入れは?
  • パナソニックのエボルタみたいな充電池は飛行機に持ち込める?

といった疑問にお答えしたいと思います。

国内線国際線どちらの情報もご紹介するので旅の準備にお役立てください。

乾電池は飛行機への持ち込み・預け入れともにOK

アルカリ乾電池は飛行機OK

空港の保安検査でモバイルバッテリーを見せる必要があるので、「乾電池は大丈夫なのか?」と心配する方も多いかもしれませんが、乾電池はアルカリ乾電池・マンガン乾電池問わず、飛行機への持ち込み・預け入れともに大丈夫です。

現在までで飛行機への持ち込みや預け入れで制限があるのは、モバイルバッテリーなどに使用されるリチウムイオン電池です。

以前リチウムイオン電池に起因して航空機内で火災が発生したため、国際民間航空機関(ICAO)によってルールが決められて、世界中どこの航空会社もリチウムイオン電池に関しては非常に厳しく制限しています。

ただし、アルカリ乾電池・マンガン乾電池に関してはこの制限に含まれていないため、機内持ち込みとスーツケースに入れての預け入れ(受託手荷物)のどちらも問題ありません

目立たないですが、ANAのサイトにも簡単に説明があります。

品目機内持ち込みお預け(受託)
乾電池、ボタン型電池

 

パナソニック製のエボルタのような充電池も問題なし

パナソニックのエボルタも飛行機OK

パナソニックのエボルタのような充電池も、ニッケル水素電池というタイプなため、飛行機の機内持ち込みや預け入れの制限対象とはなっていません。

そのため全く問題なく持ち込み&預け入れが可能です。

そして留学や出張で海外生活する方には、日本の充電池を持ってきておくことをおすすめします。

海外に来てびっくりしたのが、中南米、ヨーロッパ、アメリカ、中国とどこに行ってもしっかりした乾電池は高いということ。
ちなみに今いる中国では、スーパーだとしっかりしたブランドの乾電池が日本の倍くらいします。

そして安いノーブランドの乾電池を商店で買うとなぜかすぐなくなります…

なので筆者はパナソニックのエボルタを持ってきて、乾電池が必要な時に利用しています。
ちなみにパナソニックのエボルタは、海外電圧にも対応ているので変圧器無しで充電できます。

乾電池の飛行機への持ち込みは国内線・海外行き国際線問わずOK

リチウムイオン電池の場合、航空会社によって制限がほかより厳しいようなところもありますが、乾電池の場合基本的に国内線や海外行きの国際線問わず持ち込み・預け入れが可能です。

基本的にと書いたのは、実は一度中南米のある国を訪れた際に(リチウムイオンが問題になりだした頃)係員がバックパックに入れてたスーツケース用スケールの乾電池を見つけて、「これは何だ!?今は電池は全部ダメだ!」などわけのわからないことを言われた経験があるためです。

後にも先にもこれ1回のみなので、よほど変人な係員にあたらない限りは全く問題ありません。

ボタン電池の飛行機持ち込みは少し注意が必要

ボタン電池の飛行機への預け入れは注意

ほとんどの方には関係のない点ですが、ボタン電池の場合は注意が必要です。

というのもボタン電池はリチウムを利用しているものがあるからです。(ほかにアルカリボタン電池もあり)

まず、「リチウムの含有量2g以上」となると機内持ち込み・預け入れともに不可になりますが、ボタン電池1個あたりは約0.1g以下なのでこれは問題ありません。

ただややこしいのが、飛行機へのボタン電池の持ち込み方法です。

表で確認しましょう。

持ち込み預け入れ
リチウム電池(単体)×
本体に入っている
リチウム電池

例えば、リチウムボタン電池が入った時計などは、飛行機への持ち込みも預け入れでスーツケースに入れておいても問題ありません。

ただし、交換用に予備でリチウムボタン電池を単体で持っている場合は、スーツケースに入れて預け入れることはできません

必ず機内持ち込みの荷物に入れておかないと、検査で見つかって破棄される可能性が高いです。

乾電池は国内線/海外線問わず持ち込み&預け入れOK

乾電池の飛行機への持ち込みは基本OK

意外と聞かれることの多い「乾電池の飛行機への持ち込みや預け入れは大丈夫?」という質問。

ANAやJALのホームページにも記載はされているのですが、細かいページでわかりにくいので、ご紹介しました。

乾電池であれば、パナソニックのエボルタのような充電池でも国内線と国際線問わず、機内持ち込み&預け入れ両方が可能です。

海外では意外と電池が高かったり品質が悪かったりするので、長期で海外に行く方は参考にしていただければ幸いです。