外国での買い物は、普段日本ではなかなか手に入らない珍しいアイテムや、日本では発売されていないブランドアイテムを手に入れるチャンスです。「ショッピングが海外旅行の醍醐味」という方も多いのではないでしょうか?

英語があまり得意でなくても海外旅行でショッピングを満喫するには、シチュエーションに応じて使える英語フレーズを覚えておくと役立ちます。

そこで、“これだけ覚えればショッピングは大丈夫!”という厳選英語20フレーズをご紹介します。

無料のPDFダウンロードボタンもあるので、あらかじめダウンロードしておくと、目的地でインターネット環境がない場合でも安心です。

ショッピングで使える厳選英語フレーズ20選

海外での買い物は日本と習慣が異なることも多いです。値段交渉や日本と異なるサイズ表記などについても、簡単に英語で質問できるようにしておきましょう。

入店時の英語フレーズ

いよいよショッピングのスタートです。最初少し緊張しますが、基本的なフレーズを覚えておくと安心です。

1.May I help you?/何かお探しですか?

お店に入って商品を見ていると、店員から「May I help you?/何かお探しですか?」と話しかけられます。

  • I’m just looking./見ているだけです。
  • I’m looking for …./…を探しています。

探している物の英語名がわからなければ、「I’m looking for this./これを探しています。」と言いながらスマホで商品画像を見せたり、商品名を英語で書いたメモを見せたりもできます。

商品について質問したい時の英語フレーズ

探している商品のサイズや色について聞きたい場合の英語フレーズを確認しましょう。

2.これの赤色はありますか?

  • Do you have this in red?

特に探したい色がなく、カラーバリエーションの中から選びたい場合には、「Do you have this in another color?/これの他の色はありますか?」と聞くこともできます。

3.これよりも大きいサイズ(小さいサイズ)はありますか?

  • Do you have a bigger one/smaller one?

海外の場合、サイズ表記が日本と異なる場合が多いです。また同じS・M・L表記のような場合でも、海外のMは日本のMよりも大きい場合がほとんどです。そのため、サイズで聞くのではなく、大きい・小さいで聞くとピッタリサイズのものが見つけやすいです。

4.手にとって見てもいいですか?

  • Can I pick it up?

宝石や時計などの高級ブランド店では、日本と同じように必ず店員に声をかけてから触るようにしましょう。

5.値段はいくらですか?

  • Can you do a price check for me?

お店によっては、商品に値札が付いていなかったり、値引きについての表記がわかりにくかったりします。その場合は、購入する前に一度値段を確認するようにしましょう。

6.あれを見せてもらえますか?

  • Would you show me that?

手に届かないようなところにある商品を手にとって確認したい時に使えるフレーズです。

7.素材は何ですか?

  • What is this made of?

着心地や洗濯するのに洋服の素材を確認する時に使える英語フレーズです。

素材名
・綿   Cotton
・毛   Wool
・絹   Silk
・麻   Flax/Linen
・アクリル   Acrylic
・レーヨン   Viscose Rayon
・ナイロン   Nylon
・ポリエステル Polyester

試着したい時の英語フレーズ

気になる洋服が見つかったら、海外ではできれば試着することをおすすめします。サイズがピッタリなのかどうか、縫製がしっかりしているのかどうか、ラインは体に合っているのかどうか、実際に試着して確認してみましょう。

8.試着してもいいですか?

  • Can I try this on?

9.サイズが大きすぎ(小さすぎ)ました。

  • It was too big/small for me.

10.裾上げをお願いできますか?

  • Could you take a hem up?

海外でも大手のデパートやショップは、裾上げなど簡単な洋服のお直しは無料でやってくれるところも少なくありません。無料かどうか確認する時には、「Do you offer free alteration?/無料で裾上げしてくれますか?」と聞いてみましょう。

11.少し考えます。

  • I’ll think about it.

試着してみたものの、迷っている時に使いましょう。

お会計時の英語フレーズ

購入するものが決まったら、いよいよお会計です。個人経営の小さなショップなどでは、簡単なフレーズを覚えて値引き交渉にもチャレンジしてみましょう。海外で値段交渉ができるようになると、ショッピングがもっと楽しくなるはずです。

12.レジはどこにありますか?

  • Where’s the cash register?

13.これをください。

  • I’ll take this.

レジで言う必要はありませんが、お店のスタッフがずっと接客してくれていた場合などに使えます。

14.もう少し安くできませんか?

  • Can you give me a little discount?

海外での買い物の楽しみの一つとも言える“値切り交渉”。この英語フレーズは海外旅行でショッピングするのに必ず覚えておきましょう。

15.もし5個購入したら、値引きしてくれますか?

  • If I buy 5 of them, would you give me a discount?

もし1個購入するのに値引きを断られたら、購入する個数を増やしてもう一度値引き交渉してみましょう。お土産などある程度の量を購入する予定の時に有効な方法です。

16.プレゼント用に包装できますか?

  • Can you wrap it as a gift?

海外でも無料でラッピングしてくれるお店が増えています。お店によってはFree gift wrapping/無料ラッピングサービス」等と表記されたサービスカウンターがあるので、必要な場合は積極的に利用しましょう。

17.余分に紙袋をもらえますか?

  • Can I have some extra paper bags?

包装まではいらないけど、あとからお土産で渡すのに紙袋が必要な場合に使える表現です。

18.クレジットカードは使用できますか?

  • Can I use credit card?

ショッピングだけでなく、海外旅行のいろいろな場面で使える表現なので覚えておきましょう。

19.免税を利用できますか?

  • Can I use the tax-free service?

免税を利用するためには、パスポート番号と名前が必要になります。海外旅行中はパスポートのコピーを常に携帯するようにしましょう。

20.Did anybody help you today?/誰かがお手伝いしましたか?

これは主にブランド店などで質問される英語フレーズです。日本ではあまりありませんが、海外では接客したスタッフにコミッションが入る仕組みのお店もあります。そのため接客してくれたスタッフのサービスが良ければ、会計の前に名前を聞いておくと良いでしょう。

  • Yes, … did. /…がしてくれました。
  •  No, nobody helped me./いいえ。

とスムーズに答えられるようにしましょう。

PDFをダウンロードしておけば、海外でインターネット環境がなくてもすぐに確認できるので、必要な方はご自由にお使い下さい。

 

▼ワンコイン価格でCD付き!トラベル英会話はコレ1冊で大丈夫ですよ。▼

英語フレーズを覚えてもっとショッピングを楽しもう

ショッピングは海外旅行の醍醐味の一つです。ただ購入するだけでなく、英語を使ってコミュニケーションを取りながら“海外でショッピングをする”という経験を楽しめるようにしましょう。今回ご紹介した英語フレーズを覚えておくと、海外旅行がもっと楽しくなるはずなので、ぜひ活用してみて下さい。