ドイターのビジネスリュック特集

ドイツを代表するリュックサックブランドであるドイター/deuter

本格的なアルピニスト向けや、ロードバイクなどバイク向けのリュックサックに加えて、120年のノウハウが活かされたビジネスリュックも機能的で非常に魅力があります。

「ドイターのビジネスリュックってどんなモデルがあるの?」と気になっている方のために、ドイターのビジネスリュックに搭載される各システムの解説からおすすめのモデルまでご紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

この記事の筆者:ジンベエ
ガイド歴12年。初めて中米を旅行した時に使ったリュックがドイター/deuterのフューチュラでした。何よりドイターの通気性の高さは、日本特有のムシムシした通勤環境でも最高です。

deuter/ドイターとは

ドイターのリュックサック

ドイターは1898年に創業した120年を超える歴史を持つドイツを代表するバックパックブランドです。

創業当時から「冒険者のパフォーマンスを高める」をコンセプトとして貫き続け、背中で空気の流れを感じる通気性の高さ重量を感じさせないフィット性の良さでプロアルピニストからも高く評価されています。

ジンベエ
ちなみに“死の壁”と呼ばれるアイガー北壁を初攻略したアンデール・ヘックマイヤーが愛用していたのもドイターのリュックサックでした。

 

そして、過酷な環境で使われるリュックサック作りのノウハウがそのまま『ビジネスリュック』にも活かされています

ドイターのビジネスリュックはこんな方におすすめ
  • スーツで蒸れないビジネスリュックを探している
  • 自転車通勤にも対応できる機能性が欲しい
  • アウトドアブランドならではのビジネスリュックが良い

ドイターのビジネスリュックの3つの特徴

ドイターのビジネスリュックを語る上で外せない3つの特徴についてご紹介します。

搭載されている各システムの説明もあるので、どのビジネスリュックを選ぶのか決める時に参考にしてみて下さい。

1.背中の通気性の高さはドイターならでは

ドイターの背面システム

ドイターのリュックサックの代表的な特徴が「抜群の通気性の高さ」です。

山用モデルに採用されている歴史ある背面システムのノウハウがそのままビジネスリュックにも活用されています。

ドイターのビジネスリュックに採用される背面システムにはいくつか種類があって少しややこしいので、各機能を『通気性の高さ』の順でご紹介します。

  • コンタクト:◯
    人間工学に基づいたクッション配置で、重さを感じづらいシステム。ドイターのトラベルパックに主に採用される。通気性は他のシステムと比べると劣るが、荷物が多い方には頼りになるシステム。
    おすすめの対象:一般的なビジネスリュックを探している方
  • エアストライプ:◎
    縦に2本並んだウレタンパッドが煙突効果で熱を上方に排出する。ウレタン自体にも溝がありムレを軽減。左右の揺れに対する安定性も高い。
    おすすめの対象:夏などリュックを背負って通勤するとYシャツが汗で濡れてしまう方、自転車通勤の方
  • エアコンタクト:◎+
    ビジネスリュックシリーズで一番通気性に優れる。特殊なウレタンフォームで背中と接する面も通気する設計。クッション配置で重量による負荷を軽減しつつ、発汗を最大15%抑制。
    おすすめの対象:汗っかきで困っている方、とにかくドイターの通気性を体感してみたい方

2.ビジネスリュックにも山屋さんの背負い心地を

ドイターのビジネスリュックは、見た目こそビジネスリュックですが、背負った時の安定感は山リュック譲りです。

通気性に優れつつホールド感のしっかりしたショルダーハーネスや、胸の前でロックできるチェストストラップを使うと、ノートパソコンやタブレット端末、充電機器類、書類など、たくさんの荷物を収納したリュックもそこまで重く感じません。

これは数十kgもある荷物を担いで山を登るアルピニストとフィッティングを続けてきたドイターならではの背負い心地です。

3.品質を考えるとお求めやすい価格帯

ドイターのロゴ

*37年ぶりにロゴのデザインがリニューアルされました

ドイターのビジネスリュックとしてラインナップされているリュックサックは、すべてが1万円台です。

これだけの品質を考えると、非常にリーズナブルな印象です。

他のビジネスリュックブランドのメイン価格帯は2万円以上のところがほとんどなので、コストパフォーマンスは非常に高いです。

ジンベエ
実は、ドイターは本格的な山用リュックサックも、比較的手の届きやすい価格設定にしてくれています。

ドイターでおすすめのビジネスリュック5選

ドイターのリュックサック

では、早速ドイターのビジネスリュックでおすすめのモデルを見ていきましょう。

それぞれのビジネスリュックの特徴や、搭載されているシステムもわかりやすくご紹介しているので、ビジネスリュック選びの参考にしてみて下さい。

順位モデル名定価
1位スイッチバック3/SWITCHBACK Ⅲ16,500円
2位グラント/GRANT15,950円
3位メトロ20/METRO 2013,750円
4位ギガフラット/GIGA FLAT11,000円
5位ギガバイク/GIGA BIKE17,600円

1位:ドイター スイッチバック3/SWITCHBACK Ⅲ

イチオシ!

ドイターのスイッチバック

スッキリ3WAYでスマートなビジネスリュック

サイズ430×300×150mm
容量16+4L
重量 1,150g
素材420D ナイロン
機能
  • エアストライプシステム
  • PC用ポケット
  • 拡張機能
  • ドキュメントスリーブ
  • 3WAY
  • リフレクター
カラーブラック

ドイターのビジネスリュックで3WAYに対応したスイッチバック3
*肩掛けには別途ストラップを用意が必要

ユーザーの声をフィードバックしながら3代目となり、機能性の良さは成熟の域です。

いかにも“3WAY”という見た目ではなく、スッキリとしたシルエットで、不使用時にはショルダーハーネスは収納できます。通勤時にはビジネスリュックとして、営業先では手持ち鞄として使い分けられます

ジンベエ
ちなみに、トイレのフックなどに掛けるための小さな輪っかも付いています。駅のトイレで重宝します。

また、中の荷物が少なくてもしっかり自立してくれるので、名刺交換などの際にリュックを地面に置いても安心です。

ビジネスリュックなので当然ながらPCスリーブ搭載。15インチのノートパソコンまでなら収納可能です。

背面にはドイター独自の「エアストライプシステム」が搭載され、“煙突効果”で熱と蒸れを上方へと排出してくれるため、普段なら背中が濡れてしまうような夏の暑い時期の通勤にもおすすめです。

ジンベエ
唯一のデメリットはスーツケースへのセットアップ機能がないところ。スーツケースを常用する出張族の方は同じく3WAY仕様の「メトロ20」を選びましょう。

ドイター スイッチバック3/SWITCHBACK Ⅲの口コミ評判

良い品です

ノートPCと弁当箱を入れて、毎日の通勤に使用しています。
大きさもB4サイズのビジネス鞄とほぼ同等、マチ幅が調整できるので、一泊程度の出張にも十分対応します。
暑い季節にはショルダーと背中面のメッシュが威力を発揮、快適です。
流石、バックパック専門メーカの一品です。
楽天市場の口コミ

2位:ドイター グラント/GRANT

グラントのリュックサック

ガジェット類を持ち歩くためのビジネスリュックならコレ

サイズ470×310×220mm
容量24L
重量960g 
素材420D ナイロン
機能
  • エアコンタクトシステム
  • 15インチ対応PCポケット
  • タブレット用ポケット
  • ドキュメントコンパートメント
カラーブラック

グラントは、多様化するワークスタイルに応えるドイターのビジネスリュック。

15インチのノートパソコンまで対応するPCポケットとは別にタブレット端末のポケット、モバイルバッテリーなどを収納するのに便利なポケットなど、通勤で電子機器を持ち歩くのに高い収納性が魅力です。

また、ノートや書類などを収納するためのコンパートメントも搭載されているので、荷物が多くなりがちのビジネスリュックで書類が折れたり曲がったりするのも防げます。

フロント部分には文庫本サイズのポケットがあるので、電車通勤中にスマホや小物をサッと取り出すのに便利です。

ドイターのビジネスリュックシリーズの中で一番通気性に優れた「エアコンタクトシステム」が採用されています。

ドイター グラント/GRANTの口コミ評判

ドイター初めて買いました。

電車通勤を機にリュック購入へ。収納ソコソコ、軽い、紐じゃない持ち手がある(これ重要)という点から種々メーカーを見て、Somesoniteとどっちかなーと思いつつ新しい選択へ。見た目は落ち着いててビジネスでも十分イケるし、PC収納のガードも堅い、良品です。ただ、軽いという利点を採れば自立性は犠牲になるのか、どこかに立て掛ける必要が。底部にちょっと大きな本とか入れるので、当面は関係ないかな。
楽天市場の口コミ

3位:ドイター メトロ20/METRO 20

メトロのリュックサック

電車通勤から出張まで対応の3WAYビジネスリュック

サイズ460×310×120mm
容量20L
重量930g
素材600Dポリエステル
機能
  • コンタクトシステム
  • 15インチ対応PCポケット
  • ドキュメントコンパートメント
  • 3WAY
  • トローリーセットアップ
カラー
  • ネイビー
  • ブラック

ドイターメトロ20はビジネスパーソンが求める機能性を追求した3WAYリュック。
*肩掛けには別途ストラップを用意が必要

20Lサイズとビジネス用途でしっかりとした容量を確保しつつも、電車通勤で周りに迷惑をかけない12cmの薄マチスタイルです。

15インチPCにも対応したPCポケットと、ファイルや文書をきれいな状態で持ち運べるドキュメントコンパートメントがそれぞれ独立して搭載されています。

ショルダーハーネスは背面部に収納して手持ちかばんスタイルにできるので、通勤時はビジネスリュックとして、営業先ではビジネスバッグとして使えます

また、ドイターのビジネスリュックシリーズでは唯一スーツケースに取り付けられるセットアップ機能が採用されているため、出張用にスーツケースとセットにできるビジネスリュックを探している方には一番おすすめできるモデルです。

ドイター メトロ20/METRO 20の口コミ評判

以前からこのメーカーの製品は利用していましたが、今回通勤用バックを買い替える事にして、今のバックが少し大きかったので、サイズを厳選して選択しました。 ポケットも多くて使いやすいサイズで満足しています。
Yahooショッピングの口コミ

4位:ドイター ギガフラット/GIGA FLAT

ギガフラットのリュックサック

ギガシリーズの収納力をスリムに絞った使いやすさ

サイズ480×320×120mm
容量22L
重量800g
素材210D リップストップナイロン
機能
  • エアストライプシステム
  • 15インチ対応PCポケット
  • タブレット用ポケット
  • ドキュメントコンパートメント
カラー
  • グラファイト
  • ブラック

収納力と使い勝手の良さからユーザー評価の高いギガシリーズですが、ギガフラットは使いやすさはそのままに通勤・通学のニーズに合わせて幅12cmのスリムボディに仕上げられています。

15インチPC対応ポケットタブレット端末用ポケットドキュメントコンパートメントがそれぞれ独立して搭載されているため、電子機器やガジェット類を持ち運ぶ場合にも重宝します。

ビジネスリュックでは比較的珍しい両サイドポケットが搭載されているので、ペットボトルや折りたたみ傘を収納するのに便利です。

ドイター ギガフラット/GIGA FLATの口コミ評判

夏場のビジネスリュックとして利用。

夏の暑さと夕立に備えて購入しました。
背中の通気性と表面の撥水性は期待通りで大満足です。
PCが入る部分は四角い形を維持したクッション材が入っていて、
そのクッションの形のおかげで、書類やファイルが入っていなくても形を維持してくれます。
仕事中は両手を書き物のためにフリーにしておかなくてはいけないのでリュックを選択しますが、これからはこのリュックで乗り切れそうです。
楽天市場の口コミ

5位:ドイター ギガバイク/GIGA BIKE

自転車通勤のアクティブ派は迷わずギガバイク

サイズ480×320×180mm
重量1150g
容量28L
素材300D ポリエステル リップストップ, 600D ポリエステル
機能
  • エアストライプシステム
  • レインカバー
  • ヘルメットホルダー
  • 15インチPC対応ポケット
  • タブレット用ポケット
  • ヒップフィンガレージ
カラー
  • スチール×ネイビー
  • ブラック

バイクユーザーから絶大な支持を受けるドイターの機能性がビジネスリュックでも味わえるのがドイター・ギガバイクです。

ヒップフィンガレージがあるので、前傾姿勢でペダルを漕いでもリュックが身体にフィットして左右に揺れにくく、安定したライティングが可能。また、自転車に乗らない時には収納できます。

ドイター独自の「エアストライプシステム」採用で、背中に背負っても熱を効率的に上部から排気してくれるので、リュックスタイルの自転車通勤にありがちな「会社につくとワイシャツがびしょびしょ」というのも大幅に軽減されます。

ヘルメットホルダーなどギガバイクならでの機能に加えて、PCやタブレットポケット、ドキュメントコンパートメントなど、ドイターのビジネスリュックシリーズに搭載されている基本機能はしっかり採用されています。

自転車通勤を考えている方は、迷わずギガバイクを選びましょう。

ドイター ギガバイク/GIGA BIKEの口コミ評判

これまで、RaceX12を使っていましたが、カッパを入れるとパンパンになるので、通勤用に買い換えました。A4ファイルサイズが楽々入るので、荷造りがとても楽になりました。
楽天市場の口コミ

「本当の快適さ」を体現したドイターのビジネスリュックを!

スイッチバックのリュックサック

ドイターのビジネスリュックでおすすめのモデルをご紹介しました。

山屋さんブランドであるドイターならではの「通気性の高さ」が活かされたビジネスリュックは、特に日本のジメジメとした環境では非常に頼りになります

通勤用のビジネスリュックの場合、背中に汗をかいてしまうと会社に到着してから周りの目も気になるので、通気性の高いビジネスリュックが重要になります。

快適なビジネスリュックをお探しの方は、プロのアルピニストから選ばれるドイターのリュックを愛用してみるのはいかがでしょうか?

迷ったらコレ

ドイター SWITCHBACK III

ドイターならではの通気性の高さに加えて、3代目になり機能性の高さも成熟された使いやすさ。
アウトドアブランドのビジネスリュックとしては一つの“完成形”です。