【コールマン特集】評判の人気リュック5選!失敗しない選び方紹介!

日本でも「アウトドアと言えばコールマン」と言われるほど圧倒的な知名度のコールマン

アウトドアブランドらしい耐久性防水性能などにこだわった高機能性リュックもメンズ・レディース問わず人気が高いです。

今回の特集では、コールマンの特徴から人気の高い評判のおすすめリュックまでわかりやすくご紹介します。

この記事の筆者:ジンベエ
元バックパッカー。これまでに使用したリュックは40種類以上。現在は旅の経験を活かして中国で現地コーディネーターをしています。トラベルからビジネスまで目的に応じたおすすめのリュックをご紹介します。

コールマン/Colemanとは

コールマンの歴史

コールマンはアメリカを代表する老舗のアウトドアブランドです。

ライト兄弟が有人飛行に成功するよりも前の1901年にカンザス州にてウィリアム・C・コールマンによって創業。
創業当時は屋外で使用できるガソリン式ランプが主な事業でした。

粗悪品が多い市場の中で壊れにくい耐久性の高い製品を生産していたコールマンは、第一次世界大戦では米軍にガソリン式ランタンを納入。知名度を広めていきます。

そして1923年には現在でもツーバーナーとして販売されているキャンプストーブを開発して人気を博し、全米にてブランド力を一気に高めます。

第二次世界大戦後からはアウトドアストーブだけでなく、アウトドア製品全般を扱うようになり、不動の地位を得ます。

日本では1990年からコールマン製品の本格的な販売が始まり、日本のユーザーのニーズに応えたオリジナル製品も開発されていきます。

ジンベエ
コールマンがリュックを販売するようになったのも1990年代からで、日本市場にてリュックを作り続けて約30年と歴史もあります。
コールマンのリュックはこんな方におすすめ
  • 機能性に優れたリュックが欲しい
  • リュックには防水性能が絶対必要
  • コスパに優れたリュックを探している

コールマンのリュックの3つの特徴

コールマンのリュックの特徴

コールマンのリュックには共通する3つの特徴があります。どの製品にするか選ぶ際にも参考にしましょう。

1.アウトドアブランドらしい機能性

コールマンのバッグ作りの歴史は元々キャンプなどアウトドアに適したリュックを開発するところからスタートしています。

そのためコールマンのリュックはビジネスやシティーユースで使いやすいモデルもラインナップされていますが、どのモデルを選んでも高い機能性が備わっているのが特徴です。

しっかりした収納力やガジェット類を整理しながら収納できる充実したポケットは、使い手のライフスタイルにしっかりとマッチしてくれる懐の広さがあります。

2.自転車通勤・通学にも安心な防水性

コールマンのリュックはどのモデルを選んでも撥水性能が備わっています。

そのため多少の小雨くらいであれば、中の荷物が濡れる心配なく使用できます。

特に「SHIELDシリーズ」は、撥水性能ではなく、防水性能があるため水の内部への侵入をしっかりと防いでくれます。

自転車通学・通勤する学生さんやビジネスマンから選ばれています。

3.圧倒的なコストパフォーマンス

コールマンのリュックの大きな魅力がコストパフォーマンスです。

今回のランキングで2位にランクインしているコールマンのフラッグシップリュック「AITHRIA」でも実勢価格は1万円以下からと非常にリーズナブルなんです。

アウトドアブランドらしいしっかりとした作りのリュックがお安く手に入るのもコールマンの大きな特徴です。

コールマンでおすすめの人気リュック5選

では早速コールマンで人気の高い評判のリュックを確認してみましょう。

コールマンのリュックは同じシリーズから複数のサイズがラインナップされているので、一番人気のサイズも併せてご紹介します。

ジンベエ
コールマンのリュックはモデル名横の数字が「容量」です。自分の欲しいサイズ選びのためにご参考までに。
順位モデル名実勢価格
1位ウォーカー/WALKER4,780円~
2位エスリア/AITHRIA8,250円~
3位シールド/SHIELD10,800円~
4位ジャーニー/JOURNEY8,580円~
5位アトラス/ATLAS6,463円~

*価格は2022年1月現在

1位:コールマン/Coleman WALKER

メンズ・レディースどちらにも人気のコールマンを代表するリュック

お手頃な価格でコールマンのリュックの中でも圧倒的な人気No.1のWALKER/ウォーカー

アウトドアからシティーユースまでマルチに活躍してくれるニュースタンダードなモデルです。

内部にはスマホやモバイルバッテリー、筆記具などを収納するのに便利なオーガナイザーポケットが搭載されているので、リュックの中で小物をスマートに整理整頓できます。

ショルダーハーネスにはチェストストラップも取り付けられていて、光を反射するリフレクターも付いているので学生やビジネスマンの自転車通学・通勤にも安心です。

サイズは約33LのWALKER33と25LのWALKER25、15LのWALKER15の3種類がメインで、バランスに優れた25Lサイズがメンズ・レディース問わず一番人気。

ベーシックなブラックからデニム生地を使ったデニムブルーまで全10カラーがラインナップされており、お気に入りのデザインが見つかるはずです。

  • WALKER33:33Lサイズ 33.0×51.0×22.0cm 680g
  • WALKER25:25Lサイズ 32.0×45.0×18.0cm 580g人気サイズ!
  • WALKER15:15Lサイズ 28.0×41.0×17.0cm 365g

コールマンWALKERの口コミ評判

とっても満足です!

コールマンのバックパックは収納部分も沢山あって、撥水加工もされているので雨の時も使えるので購入しました!
これから愛用したいと思います!

2位:コールマン/Coleman AITHRIA

高機能性にこだわったフラッグシップシリーズ

コールマンのラインナップの中で最高峰のフラッグシップモデルとして2021年2月に新たに登場したAITHRIA/エスリア

アウトドアからビジネスや通学でも使えるような落ち着いたデザイン性に。高い機能性と収納性を融合させたオールラウンドな使い方ができるマルチユースリュックです。

耐久性に優れたCorduraバリスティックナイロンをメイン素材に使用。他モデルよりも優れた高撥水加工が施されているため多少の雨なら安心して使えます。

トレッキングやアウトドアで重宝するウエストベルトは取り外しも可能で通勤や通学など普段使いにも使いやすくなっています。

PCスリープメッシュポケットなどインナーポケットが充実しているので、持ち歩く小物類も整理整頓しながら収納可能。

ショルダーハーネスは厚みのある仕様で長時間背負っても疲れにくく、立体的な背面システムで蒸れも効果的に排出します。

ジンベエ
コールマン製品の中で最も“アウトドアブランドであるコールマンの品質と高機能性”を体感できるモデルです。
  • AITHRIA30:30Lサイズ 34.0×50.0×28.0cm 995g人気サイズ!
  • AITHRIA25:25Lサイズ 30.0×46.0×15.5cm 880g

コールマンAITHRIAの口コミ評判

登山用ザックとして購入。
ポケットの多さと撥水に惹かれました。
画像では少し大きいかなと思いましたが、実物を見たら収納力がありつつ、使わない分はコンパクトにもなり、軽量だし、丁度いいです。
パッキングが楽しみです。

3位:コールマン/Coleman SHIELD

防水機能で自転車通勤・通学に最適

コールマンのリュックのラインナップの中でも格段に雨に強いSHIELD/シールド

本体素材には水を強く弾く防水加工生地が使われ、外面ファスナーにも撥水ファスナーを採用することで水の侵入を防ぎます。

通学用や荷物の多い部活動用として人気の高いスクエア型のリュックなのでお弁当やシューズ、着替えなどかさばる荷物にも対応できます。左右にはメイン収納にアクセスできるファスナーを搭載しているので、荷物の出し入れもスムーズです。

ショルダーハーネスにはチェストストラップが付いていて、自転車通学や通勤にもおすすめです。

ジンベエ
シューズや着用済みの体操着などを分けて収納するのに便利な2層式タイプの2レイヤーモデルもあります。

コールマンSHIELDの口コミ評判

ひとつ持ってますがとにかく丈夫な商品なのでもう1人の子供の通学用に同じ物を購入しました。35Lサイズでたくさん教科書やノートが入ります。体操ジャージも入ります。重さにたえれてます。よいです。

4位:コールマン/Coleman JOURNEY

女子から支持されるネオヴィンテージ

親しみやすい60'sデザインにアウトドアブランドらしい機能性をプラスしたネオヴィンテージモデルのJOURNEY/ジャーニー

女子の通学カバンとして人気が高く、近年のニーズに応えて全サイズにPCスリープを設置。教科書からガジェット類まで整理しやすいインナーポケットメッシュポケットが搭載されています。

またジャーニーの特別装備として、チェック柄のレインカバーが付いているので、急な雨などにもしっかり対応できます。

25パックはファスナータイプ、スカウトマスターはスクエアタイプのリュックになっています。

コールマンJOURNEYの口コミ評判

ずっとさがしていて巡り会えたリュック

たくさんのリュックのなかで、丈夫で長持ち、そして形もよく気に入って毎日使いたくなるようなものをさがしていました。 ようやく巡り会えました。色はピンクと迷ったのですが、ブラックにしました。形も筒型で、普段使いもできます。一泊二日の幼児との旅行グッズは全部入りました。レインカバーもついているし、とにかくすごいです。
大切につかいます。

5位:コールマン/Coleman ATLAS

シティユースからアウトドアまで頼れるバックパック

荷物の多くなりがちなアウトドアからスマートに移動したいシティーユースまで使いやすいATLAS/アトラス

サイドコンプレッションストラップでマチ幅を自在に調整できるため、使用シーンに合わせた収納力・サイズへ調整可能です。

メイン収納へはサイドファスナーからもアクセス可能なため、バッグを背負ったままで中の荷物を取り出せます。

15インチまで対応したクッション付きのPCスリープや高密度メッシュポケットが搭載されているので、電子機器やガジェット類をしっかり収納でき、通学や通勤にも最適です。

スタンダードなパックタイプと、荷物の量に合わせて高さを調整できるロールトップタイプの2種類がラインナップされています。

コールマンATLASの口コミ評判

コールマン良い素材なのに安価で素晴らしい

素材でバリスティックナイロンとコーデュラを使いながらこの価格は素晴らしい。チャック式の30Lタイプかこのロールトップ33Lか悩んだがこれにして正解。機能的にもシンプルでロールトップの開け閉めも簡単。かなりの荷物が入るし荷物が少ない時はサイドのベルトで厚みを薄くできる。縫製もしっかりしてそうなので長くガンガン使えそうです。コールマンのロゴが控えめなのも良い。リボンは外して使います。

コスパ抜群の高機能リュックならコールマン!

防水に優れたコールマン

今回の特集ではアウトドアブランドとして不動の地位を築いているコールマンの人気リュック5選をご紹介しました。

アウトドアブランドらしい機能性の高さに加えて、1万円以下から購入できる高いコストパフォーマンスがコールマンの大きな魅力です。

「リーズナブルでしっかり使えるタフなリュックが欲しい」という方は、ビジネスから旅行、アウトドアまで活躍してくれるコールマンのリュックを選んでみてはいかがでしょうか?

迷ったらコレ

コールマン AITHRIA/エスリア

コーデュラバリスティックナイロンで耐久性に優れた本体にコールマンこだわりの機能性をプラスしたフラッグシップモデル。それでいて実勢価格は約1万円からと非常にコスパ◎です。

コメントを残す

CAPTCHA