おすすえの海外プリペイドカード比較

海外旅行から留学まで、日本円を外貨へ両替するのに便利でお得な“海外プリペイドカード”

条件や手数料がそれぞれ異なるので、「安心&お得な海外プリペイドカードはどれ?」とお悩み中の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、海外プリペイドカードの中でも人気の高い主要カード3種類を比較しながら、どの海外プリペイドカードが利用しやすいのかご紹介したいと思います。

筆者の紹介
海外ガイド歴12年。安心&便利な海外旅行を楽しんでいただける旅情報をお届けします。

海外プリペイドカードのメリット・デメリットとは?

3枚の海外プリペイドカード

日本円を外貨へ両替する方法はいくつもあります。

銀行で両替宅配両替空港で両替クレジットカードの海外キャッシング、そして海外プリペイドカードで現地通貨を引き出す方法などなど。

では、他の方法に比べて海外プリペイドカードのメリット・デメリットは何なのでしょうか?

海外プリペイドカードの4つのメリット

  1. 両替手数料がお得
    銀行や空港で日本円を外貨へ両替すると、「手数料0円!」と書かれていても、手数料を含めた上乗せレートが使われているため、かなり高額な手数料を払うことになります。
    海外プリペイドカードなら、銀行と比べて50%から90%ほど手数料を安く済ませられます
  2. 金利ゼロで現地通貨を引き出せる
    海外プリペイドカードを使うと、海外のATMで現地通貨を引き出せます。
    クレジットカードを使った後払い方式の海外キャッシングでも同様ですが、クレジットカードの場合は金利がかかってしまいます
  3. 海外ショッピングで使える
    海外プリペイドカードに付いているVISAやMasterCardなどの国際ブランドの加盟店では、カードを使って買い物もできるので、海外で大金を現金で持ち歩く必要もなく安心です。
  4. 留学中の子供への送金手段として使える
    海外プリペイドカードは未成年でも作成できるため、子供が留学中に親からの送金手段として利用できます。
    *本人以外がプリペイドカードに振り込む場合は、事前に登録が必要です。
  5. 日本国内で残金が使える
    使い切らなかった外貨を再び日本円に両替すると手数料が2倍でかかってしまいますが、海外プリペイドカードによってはカード内の残金を日本国内でも使えるので安心です。

海外プリペイドカードの2つのデメリット

  1. 振り込みするのが手間
    クレジットカードと比べると、海外プリペイドカードの場合指定の振込口座にチャージするのが手間かもしれません。
    ただし、コンビニ入金やインターネットバンクからの入金にも対応している海外プリペイドカードもあります。
  2. チャージ残高がないと使えない
    プリペイドカードなので、もちろんチャージ残高がなくなるとカードが使えなくなります
    未成年の留学など、お金の使いすぎ防止になるのは安心ですが、海外旅行でショッピングを楽しみたいという方はチャージ残高を確認しながら利用する必要があります。

海外プリペイドカードはこんな方におすすめ

海外プリペイドカードのメリット・デメリットを考えると、海外プリペイドカードは次のような方におすすめできます。

  • 「短期留学で海外のイングリッシュスクールに通う予定」
  • 「銀行や空港で両替するよりお得に現地通貨を手に入れたい!」
  • 「海外に行くのに現金を持ち歩くのは不安…」

以上のような方なら、海外プリペイドカードを出発前に作成しておくと、お得&安全に海外旅行や留学を楽しめます。

では実際にどの海外プリペイドカードを選ぶのがお得なのか、選び方のポイントも交えつつ見ていきましょう。

徹底比較!おすすめの海外プリペイドカード3選

3種類の海外プリペイドカード

海外プリペイドカードを選ぶときには、3つのポイントに注目すると自分に合ったカードが見つけやすくなります。

海外プリペイドカード|選び方のポイント
  • お得度に直結する「引き出し手数料の安さ」
  • 振り込み方法が充実した「カードの利用しやすさ」
  • 万が一の際に安心な「セキュリティ・サポート」

では、この3つのポイントに注目しながら、人気の高い主要3カードを比較してみましょう。

比較して一発確認!お得な海外プリペイドカードはコレ!

プリペイド
カード
ネオマネーマネパカードMoney T
Global
年会費無料無料無料
引き出し
手数料
4%+200円2%+2ドル5%+200円
払い戻し500円550円500円
対応国数200以上マスターカード対応国200以上
サポート24時間対応24時間対応
ショッピング保険
24時間対応
その他即日発行
日本国内利用
コンビニ入金
ショッピング1%還元  JTBトラベルデスク
無料国際電話サービス

結論先読み!

最初に旅ガイドとしての結論からご紹介すると…

  • 使いやすさで選ぶなら「ネオマネー」
  • 手数料の安さで選ぶなら「マネパカード」
  • 安心で選ぶなら「Money T Global」

と選ぶのがおすすめです。

使いやすさ重視の方なら「ネオマネー」


海外プリペイドカードにチャージするのにインターネットバンクやコンビニATMからの入金も利用できるのが最大の特徴

手数料の安さ重視の方なら「マネパカード」

引き出し手数料が2%&ショッピング1%還元と圧倒的なリーズナブルさが人気。

安心感を重視するなら「Money T Global」

 JTBトラベルデスクの利用や危険回避情報配信サービスなど、いつもの海外旅行に安心をプラス。

海外プリペイドカード3種のサービス比較

では早速おすすめの主要3カードの詳しい特徴を見ていきましょう。

1位:NEO MONEY/ネオマネー(セゾン)


ネオマネー/NEO MONEYはコンビニやネットからチャージできる抜群の利便性

ネオマネー/NEO MONEYは、セゾンが発行している海外プリペイドカード。

13歳以上から与信審査なしで発行できます。

NEO MONEYの3つのポイント
  1. コンビニATM・ネットバンクからチャージ可能
  2. 残った分は国内で利用可能
  3. 銀聯カードも発行可能で中国・香港に強い

ネオマネーの国際ブランドはVISA・銀聯の2種類から選ぶことができ、海外の加盟店でのショッピングやATMで現地通貨を引き出すことが可能です。

ネオマネーへのチャージ方法

ネオマネーのチャージ手数料は無料です。

ほとんどの主要海外プリペイドカードへのチャージ方法は指定口座への振り込みのみですが、ネオマネーは

  • お振込みによるチャージ
  • インターネットバンキングによるチャージ
  • コンビニATMによるチャージ

の3つの方法が選びます。

インターネットバンキングを使えば、金融機関のATMや窓口に出向くことなく自宅から簡単にネオマネーにチャージできます。

また、インターネットバンキングの利点を生かして、海外から「生活費が少なくなってきた…」「ウィンドウショッピングで欲しい物が見つかった!」など、必要に合わせてフレキシブルにチャージすることも可能です。

またATMは、ゆうちょATM、セブン銀行ATM、セブンATMが利用できるので、空港に到着してからチャージなんて方法が使えます。

*手数料が最安のマネパカードもコンビニチャージという機能があるのですが、マネパカードは事前の予約が必要です。

海外旅行や留学のスタイルに合わせて柔軟な使い方ができるのがネオマネーの大きな魅力の一つです。

ネオマネーの手数料・為替レート

ネオマネーの引き出し時にかかる手数料は4%+ATM手数料200円の固定です。

ネオマネーの為替レートは、VISAや銀聯が定める取引実施日のレートが適用されます。
海外の空港にあるATMで街中のATMでも変わらないので、場所を選ばずに使用が可能。

為替手数料は日本の外貨両替手数料と比べると大幅にお得です。

実際に成田空港の両替所とネオマネーを活用した時の差額を確認してみましょう。

マネパカードは特にアジアの通貨を引き出す時のお得率が高くなります。

【10万円を両替した場合のイメージ】
*レートは2019/10/14現在。

通貨ネオマネー
受け取れる現地通貨
成田空港両替所
受け取れる現地通貨
韓国ウォン₩ 104万230₩ 96万6,183
約8%(6,496円分)お得
タイバーツ26,68625,445
約5%(4,242円分)お得
中国元6,282元5,934元
約6%(5,115円分)お得

海外プリペイドカードを利用するだけで、銀行や空港両替所よりも5%以上お得な事がわかりますね。

日本円に換算すると10万円の両替で5,000円以上お得になります。

ネオマネーを利用するだけで、毎回ちょっとリッチなランチやディナー分くらいのお金が浮いてしまいます。

ネオマネーの補償制度

ネオマネーは万が一紛失・盗難の際にも、24時間対応のカスタマーサービスに連絡すれば、その時点からチャージ残高が補償されるので安心して使用できます。

ネオマネーの申込み方法

ネオマネーの申込み条件は一つだけです。

「13歳以上で日本国内にお住まいの方」ならどなたでも申し込む事ができます。

オンライン上からも簡単に申し込むことができ、大体申し込んでから受け取りまでは1週間ほどでした。

ネオマネーの利用までの流れ
  1. ネオマネーの申込み
    今日中にカードが必要な方なら、一部のセゾンカウンターでも即日発行を行っています。
  2. 海外へ出発する前にネオマネーにチャージする
    口座への振り込み、インターネットバンク、ゆうちょ・セブンATMからチャージできます。
  3. 海外のATMで外貨引き出し&ショッピング
    ネオマネーなら、世界全国のVISA・銀聯加盟店でショッピングが可能です。
  4. チャージ残高を払い戻す
    チャージ残高を本人名義の口座に払い戻すか、残った金額は日本国内のショッピングでも利用できます。
ネオマネーの国内利用

基本的に海外プリペイドカードは使い切らなかったお金を払い戻してもらうのに手数料が取られてしまいます。

ネオマネーも例外ではなく、払い戻しには500円の手数料がかかります。

ただ、「残金は少しなのに、手数料を払うのがもったいない」と感じる方も少なくありません。

そんな方はネオマネーがおすすめです。

というのも、日本国内のVISA加盟店でも、普通にプリペイドカードとして使用できるんです。

コンビニエンスストアでの買い物や、食事など小額の支払いやネットショッピング等、毎日の生活の中でのお支払いに、使って便利なVisaです。

日本国内なら、基本的にコンビニからスーパー、デパート、オンラインショッピングなど、どこでもVISAが使えるので海外旅行で残ったチャージ分は賢く使い切ることができます。
もちろん次回の旅行のためにカードにチャージしたままでも問題ありません。
ネオマネーなら銀聯カードが選べる

主に中国や香港へ旅行や出張で行かれる方に魅力なのがネオマネーの銀聯カードです。

「銀聯なんて聞いたことない」という方は普通にVISAを選んでくださいね。

中国に行くと、小さいお店だとVISAやMasterCardなどの国際ブランドは使えないことが多くて、ほとんどが銀聯カードなんです。

ただし、ネオマネーの銀聯カードは日本国内でショッピングに使用できないという大きなデメリットもあるので、ネオマネーの銀聯カードは頻繁に中国や香港へ行く方専用です。

「いつかは中国も旅行で行ってみたい」ぐらいであれば、世界の200カ国以上で使えるVISAがおすすめです。

ネオマネーはこんな方におすすめ
  • 「普段からネットバンクを使用している」
  • 「留学に使いやすい海外プリペイドカードを探している」
  • 「海外からも簡単にチャージしたい」
  • 「中国へ頻繁に旅行や出張ででかける」
ネオマネーの詳細
ネオマネーの詳細
与信審査無し
年会費無料
年齢制限13歳以上
チャージ通貨日本円
チャージ手数料無料
引き出し手数料4%+200円
ショッピング手数料4%
国内使用
24時間サポート

13歳以上で日本国内にお住まいの方ならどなたでもお申し込みいただける「NEO MONEY」。
ご旅行で、留学で、ビジネスシーンで、あらゆる場面で便利にご利用いただけます。
多くの種類の通貨で、国内の外貨両替よりお得にご利用いただけます。

さらに詳しくはコチラから

2位:Manepa Card/マネパカード(マネーパートナーズ)

手数料の安さで選ぶなら間違いなくマネパカード

おそらく多くの方が一番気になっているのが「どの海外プリペイドカードが一番お得なのか」だと思います。

“お得さ”という点で一番魅力があるのがマネーパートナーズが発行するマネパカードです。

マネパカードの3つのポイント
  1. 海外ATM引き出し手数料2%+2ドル
  2. 海外・国内ショッピング利用1%キャッシュバック
  3. カードショッピング保険で購入した商品を補償
マネパカードのチャージ方法

マネパカードのチャージは、振り込み入金とコンビニ予約入金の2つの方法があります。

  • 振り込み入金
    自宅から外出せずに入金が可能。
    海外にいる間もインターネットバンクを使ってチャージが可能
  • コンビニ予約入金
    土日・祝日・夜間など時間を問わず入金が可能。
    銀行に忙しくて行けない場合もコンビニからチャージが可能です。
    *ただし、手数料は金額によって500円前後かかるため銀行の振り込みが手数料より割高です。

日本円を入金したら、公式サイト上で米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドル・日本円の主要6通貨に両替してチャージできます。

日本円を入金して外貨でチャージする際には、1単位あたりドルなら2.5円、香港ドルなら0.35円など両替手数料が必要になりますが、引き出し手数料が非常に安いため、合わせても非常に割安な手数料です。

マネパカードの手数料・為替レート

マネパカードには“おまかせ両替”という機能があり、指定の口座にチャージすると、使用する時に自動で6つの主要口座に両替してくれるので、複数の通貨を利用する場合でもそれぞれ両替する手間が必要ありません。

また米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドル・日本円の6通貨以外もマスターカードの換算したレートで利用できます。

マネパカードの引き出し時にかかる手数料は2%+ATM手数料2ドル(米ドル)と他の海外プリペイドカードと比べるとかなり割安

さらに、余ってしまった外貨を日本円に再度両替する場合の手数料は無料です。

実際に銀行で両替した場合とマネパカードを使って両替した場合の手数料を比較してみましょう。

【1,000通貨を両替した場合の手数料のイメージ】

マネパカード銀行両替お得度
米ドル1,323円3,000円△56%
ユーロ1,685円4,000円△58%
ポンド2,447円11,000円△78%
豪ドル1,133円11,500円△90%
香港ドル212円2,430円△91%
マネパカードならショッピングで1%キャッシュバック

マネパカードだけの特典として、国内海外問わずショッピング利用でさらに1%分がキャッシュバックされます。

つまり手数料が2%なので、海外ショッピングに関しては手数料が実質1%になるという非常にお得な海外プリペイドカードです。

ポイント還元ではなく、キャッシュバックなので有効期限や使い残しの心配もなく、しっかり使い切れます。

マネパカードの補償制度

マネパカードは今回の主要3カードの中では唯一カードショッピング保険が付帯します。

国内海外問わず、マネパカードを使用して購入した商品が30日以内に破損・盗難した場合、自己負担金5,000円が必要になりますが、総額50万円までを補償します。

またネオマネーと同じように、万が一カードが紛失・盗難されて場合も、ネット上から届け出た時点での利用残高が補償されます。

マネパカードの申込み方法

マネパカードはインターネット上からの申し込みが可能

与信審査はなく、本人確認書類などもオンライフォームからアップロードできるので、大体申し込んでから1週間でカードを受け取りました。

マネパカードの利用までの流れ
  1. マネパカードの申込み
    インターネット上の公式ホームページから申し込む
  2. 1週間前後でカードを受け取りチャージ
    指定の銀行口座やコンビニの予約入金で日本円をチャージ
  3. おまかせ両替を活用して外貨引き出し&ショッピング
    おまかせ両替なら、旅行先の国で外貨をそのまま引き出せます。
  4. チャージ残高を払い戻す
    チャージ残高を本人名義の口座に払い戻すか、残った金額は日本国内のショッピングでも利用できます。
マネパカードの国内利用

すでにご紹介済みですが、マネパカードはマスターカード加盟店なら日本国内どこでもショッピングに使えます

カスタムで日本円から外貨へチャージした場合でも、日本円に戻す手数料は無料なので無駄なく入金したお金を使えます。

マネパカードはこんな方におすすめ
  • 「両替手数料をしっかり節約して海外旅行を満喫したい」
  • 「海外旅行の楽しみはショッピング」
  • 「ショッピング保険が付いたカードを探している」
マネパカードの詳細
マネパカードの詳細
与信審査無し
年会費無料
年齢制限15歳以上
チャージ通貨6通貨
チャージ手数料無料
引き出し手数料2%+2ドル
ショッピング手数料2%(実質1%)
国内使用
24時間サポート
ショッピング保険

マネパカードは、国内でも海外でもとってもおトクなプリペイドカード。
国内・海外ショッピング利用額の1%が常時還元されます。
使い方はクレジットカードと全く同じですが、クレジットカードのような入会時の与信審査はありませんし、チャージ式なので、使いすぎの心配もありません。

さらに詳しくはコチラから

3位:Money T Global/マネーティグローバル(アプラス)

安心のサービスが充実のMoney T Global

海外旅行サイトの海外プリペイドカード特集ではよく1位で紹介されているので知名度の高さはダントツのMoney T Global/マネーティグローバル

Money T Globalの4つのポイント
  1. JTBトラベルデスクが24時間サポート
  2. 渡航先の危険情報をお届け
  3. ご利用内容&残高をメールでお知らせ
  4. 日本国内での使用も開始
Money T Globalへのチャージ方法

Money T Globalへのチャージ方法は振込のみです。

指定のアカウント口座へ、金融機関のATMやインターネットバンクから振り込むことでチャージが完了します。

Money T Globalの手数料・為替レート

Money T Globalの外貨引き出しにかかる手数料は5%+ATM手数料200円

利用当日のVISAの決済為替レートが適用されるため、手数料を含んだ銀行や空港よりリーズナブルに両替が可能です。

Money T Globalは手数料がネオマネーと比べると1%、マネパカードと比べると3%割高になってしまうのですが、安心感のあるサービスが大きな魅力です。

Money T Globalは安心感が魅力
  • 危険回避情報配信サービス
    海外旅行で訪れている土地の最新の治安情報や自然災害、デモなどの情報をダイレクトに24時間いつでもメールで配信してくれます。
    現地のTV放送よりも早く情報がキャッチできるので、早期の対応が可能です。
  • JTBトラベルデスクの利用
    Money T Globalの利用者は、世界40都市にあるJTBトラベルデスクが利用できます。
    旅行時のホテルやレストランの予約から、トラブル時に日本語が通じる医療施設の案内や現地警察への連絡取次など海外滞在を手厚くサポートしてくれます。
  • 24時間通話料無料のサポートセンター
    カードの紛失や盗難に対応するカスタマーセンターは24時間日本語での対応。
    ワールドフリーフォンといって、各国の固定電話からなら通話無料でコールセンターに連絡できるので安心です。
Money T Globalの国内利用

他の海外プリペイドカードについて紹介している情報サイトでは情報が古いところが多いですが、2019年10月18日現在でMoney T Globalは国内利用できます

これまでMoney T Globalは国内利用ができなかったのですが、2019年2月より国内ショッピングの利用が可能になったため、すべてのVISA加盟店にてMoney T Globalが使えるようになりました。

海外旅行で残ったチャージ金額なども無駄なく使い切れるので便利です。

Money T Globalの利用までの流れ
  1. Money T Globalの申込み
    インターネット上から無料で申し込みができます。
  2. カード受け取ったら指定の口座へチャージ
    カードは申込みから大体1週間くらいで受け取れます。
    アカウント用の専用口座へ銀行ATMやインターネットバンクから振り込んでチャージします。
  3. 海外でATMを使って引き出し&ショッピング
    Money T Global1枚で外貨の引き出しやショッピングは自由自在です。
  4. チャージ残高を払い戻し
    残ったチャージ残高はそのまま次回の海外旅行に残しておくこともできます。
    また国内ショッピングでも利用できるので、無駄なく使い切れます。
    口座への払い戻しの場合は1回500円の払い戻し手数料がかかりますのでご注意ください。
Money T Globalはこんな方におすすめ
  • 「安心して海外旅行にでかけたい」
  • 「あまり外国語には自信がない」
  • 「手厚いサポートの海外プリペイドカードを探している」
Money T Globalの詳細
Money T Globalの詳細
与信審査無し
年会費無料
年齢制限13歳
チャージ通貨日本円
チャージ手数料無料
引き出し手数料5%+200円
海外ショッピング手数料5%
国内使用
24時間サポート
JTBトラベルデスク
さらに詳しくはコチラから

海外プリペイドカードの申込み書類

海外プリペイドカードは、オンライン上で申し込みが完結でき、クレジットカードのように与信審査もないため手軽に取得できるのがメリットです。

申込みの際には以下の3点が必要になります。

  • 運転免許証、パスポートなどの本人確認書類
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードも可)
  • メールアドレス(スマホやPCのアドレスでOK)

ポイント
2016年1月以降は、お金を移動させる商品の申込みにマイナンバーを確認することが法律で義務付けられたため、海外プリペイドカードを取得する際もマイナンバーに関連した書類が必要になります。

海外プリペイドカードの使い方

海外のATM

実際に海外プリペイドカードを使ったATMの外貨引き出しショッピングの方法をご紹介します。

海外ATMで日本語表示がない場合の単語表もご紹介するのでお役立てください。

海外プリペイドカードで外貨を引き出し

  1. カードをATMに挿入して言語を選択
    一般的に現地語と英語の選択肢があります。
    一部韓国など、日本語表示にも対応したATMもあります。
  2. 暗証番号を入力
    海外プリペイドカードが送られてくると暗証番号も記載されているので確認しましょう。
  3. 取引の種類を選択
    “WITHDRAWAL(現金引き出し)”を選択します。
  4. 口座の種類を選択
    “SAVING(預金口座)”を選択します。
  5. 引き出し金額を入力する
    引き出したい現地通貨の金額を入力します。
    いくつかの選択肢の中から選ぶ場合もあります。
  6. 現金と利用明細、カードの返却
    カードが一番最後なのでカードの取り忘れにご注意ください。
海外ATM関連の単語帳
  • ACCOUNT 口座
  • AMOUNT 金額
  • Transaction Fee 手数料
  •  PIN 暗証番号

ポイント
海外は日本ほど治安が良くないので、屋外のATMは避けたほうが無難です。
ATMを選ぶ際には、銀行に併設してあるATMや施設内のATMなど、安全なところを探しましょう。

海外プリペイドカードでショッピング

海外プリペイドカードを使ったショッピングの方法は、日本のクレジットカードの使用方法とほとんど同じなので簡単です。

はじめての国だと、硬貨や紙幣の金額がよくわからず手間取ってしまうことも多いので、カードでスマートにショッピングが楽しめる海外プリペイドカードがあると重宝します。

  1. 海外プリペイドカードを提示する
    買い物の際に、現金の代わりに海外プリペイドカードを提示します。
  2. 売上票にサイン
    売上票で購入した金額が合っているかどうか確認して、正しければサインまたは暗証番号を入力します。
  3. お買い物完了
    売上票のお客様控えはトラブルの際に必要になることもあるので海外旅行期間中は大切にとっておきましょう。

直接ショッピングが一番お得!

海外プリペイドカードを利用するのに、お得に利用したい方は積極的に海外プリペイドカードを使って直接ショッピングするようにしましょう。

外貨をATMで引き出すのには、手数料の2%~5%に加えて200円のATM手数料が必要になります。

でも、海外プリペイドカードを使ったショッピングなら2%~5%の手数料のみなのでお得です

海外プリペイドカードを作ってみよう

申込み

海外プリペイドカードなら、銀行や空港で両替するよりもリーズナブルに現地通貨へと両替が可能です。

さらに大金を現金で持ち歩く必要もないので、不安なく観光を満喫できます。

クレジットカードのように使いすぎてしまう心配もないので、旅行や留学のために用意してみてはいかがでしょうか?

おすすめの海外プリペイドカードまとめ

3枚の海外プリペイドカード

今回ご紹介した海外プリペイドカードの主要3カードは、特徴がそれぞれ異なるため選ぶ際にはメリットデメリットを比較しながら選択することをおすすめします。

簡単にそれぞれの特徴をまとめると…

  • 使いやすさで選ぶなら「ネオマネー」
  • 手数料の安さで選ぶなら「マネパカード」
  • 安心で選ぶなら「Money T Global」

と選ぶと、自分に合った海外プリペイドカードが見つけられると思います。

使いやすさ重視の方なら「ネオマネー」


海外プリペイドカードにチャージするのにインターネットバンクやコンビニATMからの入金も利用できるのが最大の特徴

手数料の安さ重視の方なら「マネパカード」

引き出し手数料が2%&国内海外ショッピング1%還元で圧倒的なリーズナブルさが人気。

安心感を重視するなら「Money T Global」

 JTBトラベルデスクの利用や危険回避情報配信サービスなど、いつもの海外旅行に安心をプラス。

海外プリペイドカードのQ&A

Q&A

ここからは、海外プリペイドカードに関してよく寄せられる質問にQ&Aでお答えしたいと思います。

申込みからどれくらいで利用できますか?
大体1週間前後でカードを受け取れる場合が多いです。
ただし、それぞれの公式サイトでは「2週間程度」と記載されていることが多いので、カードの発行は余裕をもって手続きすることをおすすめします。
マイナンバーはどうやって提出したら良いでしょうか?
今回ご紹介した主要3海外プリペイドカードの場合は、画像データをアップロードして登録が完了できます。
スマホなどで撮影した画像で構いません。
本人以外でもチャージは可能ですか?
海外プリペイドカードは基本本人名義の口座からしか入金できませんが、事前に「振り込み委任状」を提出すれば、家族でもチャージが可能になります。
お店で「日本円」を選択した場合でも手数料はかかりますか?
日本円を選択した場合でも手数料がかかります。
また、“日本円”を選択すると、お店が用意した為替レートで換算されるため、実際のVISAやMasterCardのレートよりも割高になることがあるので注意して下さい。
利用残高はどうやって確認したらいいですか?
利用残高は海外プリペイドカードの公式サイト上にて確認できます。
また、利用のたびに利用額の連絡がメールで届くサービスを設定しているところもあります。
海外ATMで残高照会をすると手数料がかかりますのでご注意ください。
海外プリペイドカードは解約できるの?
海外プリペイドカードのカスタマーセンターへ問い合わせると解約が可能です。
特に解約に費用は必要ありません。

海外プリペイドカードでお得に海外旅行

蘭州中川空港のターミナルの様子

トラベラーズチェックでもなく、外貨両替でもないあたらしいカタチとして注目される海外プリペイドカード。

両替にかかる費用も銀行や空港で両替するよりリーズナブルで、外貨を現金で持ち歩く必要もないので安心して観光が楽しめます。

次回の旅行や留学のために、自分に合った海外プリペイドカードを用意してみてはいかがでしょうか?

使いやすさ重視の方なら「ネオマネー」


海外プリペイドカードにチャージするのにインターネットバンクやコンビニATMからの入金も利用できるのが最大の特徴。

手数料の安さ重視の方なら「マネパカード」

引き出し手数料が2%と圧倒的なリーズナブルさが人気。

 

安心感を重視するなら「Money T Global」

 JTBトラベルデスクの利用や危険回避情報配信サービスなど、いつもの海外旅行に安心をプラス。