カナダの主要なコンセントはAタイプ、電圧は120Vです。

コンセント Aタイプ/電圧 120V

ロッキー山脈やナイアガラの滝、夜空に広がるオーロラなど、広大な自然の四季折々の魅力が楽しめるカナダ

海外旅行だけでなく、語学留学でも人気が高く、年間で30万人以上の日本人訪れています。

海外へ出かける前には、コンセントの形状と電圧の確認が必要ですが、カナダの場合日本と同じAタイプがメインのため、変換プラグは必要ありません

電圧は120Vと、日本の100Vよりも20Vほど高いですが、海外旅行で持っていくような電子機器の多くは、全世界の電圧に対応しているので、変圧器も必要ない方がほとんどです。

詳しくカナダのコンセント事情と電圧についてご紹介します。

カナダのコンセントは日本と同じAタイプ

コンセントの形状は国と地域によって異なります。

形状が違うコンセントはもちろん挿し込めないので変換プラグが必要なりますが、カナダの場合は日本と同じAタイプのため、変換プラグは用意しなくてもそのままコンセントプラグを挿し込むことができます。

画像を見ると、2本の並行した縦線の下に、もう一つ日本では見慣れない穴がありますが、これはアース用の穴です。

カナダでは消費電力の大きな家電などは、アースが付いた3つ又のプラグが使用されます。ただし、普通の電化製品や電子機器を使用するには関係ないので、そのまま日本のAタイプのプラグを挿し込んで問題ありません。

海外旅行はコレがあると便利!

カナダでは変換プラグは必要ありませんが、海外旅行を快適に過ごすためにあると便利なのが海外用タップ

ホテルや空港でよくあるのが…

  • スマートフォンやデジカメなど充電するものが多く、コンセントの口が足りない…
  • 共有スペースでコンセントが取り合いになっている…
  • コンセントの位置が悪くて不便…

といった不満。

実際、海外のホテルの中には、『なんでこんなところにコンセントが…』というような謎レイアウトも少なくありません。

そんな時に便利なのが海外用タップなんです。

 

『コンセントの位置が悪い…』『コンセントの口数が少ない…』といった、ホテルや空港でよくある問題をコレ1つで解決できます。

一度使うと手放せなくなる海外旅行アイテムです。

カナダに行くのに変圧器は必要?

日本の電圧は100Vなのに対して、カナダの電圧は120Vです。

20Vの差で電圧を調整するための変圧器は必要なのでしょうか?判断するためには、使用する予定の電化製品を確認する必要があります。

iPhoneや他の電子機器は変圧器の必要なし

iPhoneやその他のスマートフォン、ノートパソコンなどの電子機器の充電アダプターは、どの電圧でも使用できる“全世界対応”場合がほとんどです。

iPhoneを例に確認方法をご紹介します。

(画像出典:Apple)

充電アダプタの小さな文字の部分を確認します。以下のような表記が見つかるはずです。

Input: 100-240V 1A 50-60Hz

これは電圧が100Vから240Vであれば使用可能であることを意味しています。

普段使用している電子機器に上記のような表記があれば、カナダでも変圧器なしで使用することができます。

全世界対応の場合が多い電化製品
  • スマートフォン
  • ノートパソコン
  • デジタルカメラ
  • 電気シェーバー
  • 電動歯ブラシ

海外旅行で必要な電子機器や電化製品の多くは、全世界対応なので変圧器なしでも困らないでしょう。

ただし、中には『Input:100V』と表記されている電子機器もあります。これは日本の100V電源専用という意味なので、カナダで使用する場合には変圧器が必要になります。

電子機器と相性の良い万能変圧器

 

注意が必要なのがドライヤー!

ドライヤーは消費電力が大きいため、ほとんどが日本の100V電源専用です。そのまま使用すると20Vの差でも壊れます。最悪発火する可能性もあるので絶対に使わないようにしましょう。

またドライヤーの消費電力に対応できる変圧器は値段も安くない場合が多いです。

そのため、

  • ホテルのドライヤーだとパワーが足りない…
  • 安いホテルでドライヤーがあるかわからない…

という方は、海外旅行用の全世界対応のドライヤーを購入するほうがリーズナブルで、荷物もコンパクトにできます。

海外旅行好きの間でベストセラー

旅行にピッタリ

海外旅行で使用。変圧器内臓のため、200Vの地域でも変換プラグさえあれば使用できた。
大きさもコンパクトだが風量も十分で、旅行用として十分満足できる。
国内のホテルでもこれより風量の弱いドライヤーしか置いていないところも多いため、海外以外でも活躍するだろう。

 

カナダのコンセントはAタイプ|電圧は120V

海外旅行や語学留学でも人気の高いカナダ

コンセントは日本と同じAタイプで変換プラグは必要ないので、コンセントプラグを挿し込むのにも手間がかかりません。

電圧は120Vと日本より20Vほど高いですが、海外旅行で使用する電子機器の多くは全世界対応なので、ほとんどの方は変圧器も必要ないでしょう。

現地ツアーを日本から予約できるおすすめサービス

 

また、カナダは海外では治安の良い方ですが、日本と比べると犯罪発生率は約5倍の水準です。海外旅行や語学留学で出かける前には必ず外務省が用意している海外安全情報を確認するようにしましょう。

安全で楽しい海外旅行を!

▼ワンコイン価格でCD付き!トラベル英会話はコレ1冊で大丈夫ですよ。▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう