中国4,000年の歴史を感じられる街・西安。

「西安への旅行を計画している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ツアーなどでは北京や上海などの経由便を利用することも多い西安旅行ですが、実は直行便もあります

経由便だと丸一日を移動で使ってしまうのでもったいないですよね。
*特に上海経由などは遅延が多く、予定が狂ってしまうことも多いです…。

2019年の最新版の西安への直行便情報をご紹介するので、旅行計画にお役立てください。

2019年最新版の西安への直行便

2019年5月現在で、日本から西安(咸陽国際空港)への直行便は、成田・大阪・名古屋・沖縄の4つの空港から直行便が出ています。

区間航空会社所要時間
成田⇔西安海南航空約5時間
大阪⇔西安四川航空・春秋航空約4時間30分
名古屋⇔西安中国東方航空約4時間30分
沖縄⇔西安中国東方航空約4時間

成田⇔西安の直行便

  • 航空会社:海南航空
  • 所要時間:約5時間
  • フライト:月曜・水曜・土曜

成田から西安までは、中国の海南航空の直行便のフライトがあります。

「海南航空って聞いたことない航空会社…」という方もおられるかもしれません。
スターアライアンスやワンワールドといったアライアンスに加盟していないので、知名度はそこまでですが、海南航空は世界最高品質と認められた航空会社だけに与えられるスカイトラックス「5つ星」を3年連続で取得しています。「5つ星」を持つ航空会社は全世界でも11社しかありません。

*ちなみにANAは7年連続、JALは2018年に初めて取得に成功しています。

「直行便で西安に行きたい」という方には一番おすすめの航空会社と言えます。

 

大阪⇔西安の直行便

  • 航空会社:四川航空・春秋航空
  • 所要時間:約4時間30分
  • フライト:月曜~日曜

大阪(関西国際空港)⇔西安は四川航空と春秋航空の2つの航空会社の直行便があります。

春秋航空は日本から中国各地へのフライトを設定しているLCC(格安航空会社)です。
サービスは必要最低限で、重量制限も厳しく、フライト時間も深夜が多いのがネックですが、「できるだけリーズナブルに西安へ」という方にはおすすめです。

四川航空は、四川省に本社を置く航空会社で、メインのハブ空港は成都の空港なのですが、大阪からは西安への直行便が最近スタートしました。
機内食もサービスもしっかりしていますが、航空券はLCC並にリーズナブルなことが多く、「大阪から西安への旅行を計画している」という方にはおすすめの航空会社です。

名古屋⇔西安の直行便

  • 航空会社:中国東方航空
  • 所要時間:約4時間30分
  • フライト:月曜・火曜・木曜・金曜

名古屋(中部国際セントレア空港)から西安までは中国東方航空の直行便のフライトがあります。

中国東方航空は中国の民間の航空会社でも大手で、世界最大規模の航空会社であるデルタ航空が加盟しているスカイチームに加盟しています。
大手航空会社のフルサービスで安心して利用できます。

沖縄⇔西安の直行便

  • 航空会社:中国東方航空
  • 所要時間:約4時間
  • フライト:月曜・金曜

実は沖縄(那覇空港)からの直行便も中国東方航空から出ています

日本国内からなら、沖縄へのフライトはいくらでもあるので、沖縄観光もついでに楽しみつつ西安旅行を計画してみるのはいかがでしょうか。

 

直行便で西安旅行を満喫しよう!

出典:Tripadviser

西安へ旅行なら、時間を無駄にしない直行便の利用がおすすめです。

時間と体力をしっかり温存して、西安観光をぜひ満喫してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう