【24年4月】中国で今使えるVPNおすすめ9選!速度テスト結果公開!

VPNサービスの中には、規制が厳しい中国では利用できない、あるいは、中国では接続状況の悪いものがあります。

また、過去には中国で使えていたけど、今は使えなくなっているVPNがあるのも現状です。

この記事では毎月実際に中国で接続を行い、各VPNサービスの速度テスト結果を公開します。

24年4月の時点で使えるVPN使えないVPN、さらに、テスト結果を踏まえた上でのお勧めのVPNをご紹介します。

この記事
の筆者:マサル
上海在住、貿易会社勤務の会社員。VPNがないと仕事もプライベートもまわらなくなります。中国6年、海外生活16年で培ったライフハックをご紹介します。

中国のネット環境やVPNの選び方を飛ばして、今月の快適に使えるVPN一覧をすぐに確認したい方コチラをタップすると下までスキップできます。

中国でVPNサービスが必要な2つの理由

中国でVPNを使用

海外に滞在中でも、VPNがあれば日本にいる時と同じようにインターネットの閲覧が可能です。

特にネット規制の厳しい中国滞在者にとって、VPNはなくてはならないアイテム。

なぜならば・・・

  • 中国ではネット検閲システムによるアクセス遮断がある
  • ネットワーク上の情報保護の必要性が増している

この2つの理由で、中国に滞在予定の方には、VPNサービスの利用をおすすめします。

では、VPNはこれらの問題をどのように解決してくれるのでしょうか。

1.グレート・ファイアウォールによるアクセス遮断

中国のグレートファイアウォール

「グレート・ファイアウォール」とは、中国政府が採用しているインターネット通信を監視するネット検閲システムのことです。

インターネットの閲覧や通信が制限されるため、中国ではGoogle検索やYouTube、InstagramやLineなどのSNSも使えません。

このグレート・ファイアウォールのアクセス遮断を回避するのが、VPN(仮想プライベート・ネットワーク)

VPNを通して海外サーバーへ接続すると別の国のIPアドレスを使うことになるので、中国からのアクセスブロックを解除できるのです。

VPNは、中国で日本と同じネット環境を構築するためには欠かせないツールとなっています。

マサル

中国生活6年。日本の動画配信サービスも観れなくなるし、家族や友人とSNSで連絡が取れなくなるので、VPNなしの生活は考えられません・・・

2.ネットワーク上の情報保護の必要性

VPNのセキュリティ

VPNサービスでは、暗号化などのセキュリティ対策が取られているので、情報漏えいなどのリスクを減らすことができます。

中国に限らず、海外では空港やホテルでフリーWi-Fiを利用することがありますよね。

とても便利なのですが、フリーWi-Fiから名前や住所などの個人情報が盗まれたり、端末を乗っ取られて勝手に商品を購入されるといった被害が後を絶ちません。

今やVPNなしの通信は基本的に、第三者から見られていると考えた方がいい時代。

特に中国では、情報保護の必要性はますます高まっています。

プライバシーの保護や、より安全なネット環境を確保するためにも海外滞在中には特に、VPNを利用することをお勧めします。

マサル

端末の情報を盗むために、あえて店舗のフリーWi-Fiそっくりな名前に設定するというワナまであります。細心の注意を!

中国のVPNサービスの3つの選び方

3つのポイント

中国で使うVPNを選ぶ時に悩ましいのは、どのVPNでもいいから契約しておけば大丈夫、という単純な問題ではない所。

実は、検閲システムの監視が厳しいため、VPNサービスによっては中国では繋がらないという問題があるのです。

そこで、中国で利用するVPNサービスを選ぶ際に押さえておくべき、3つのポイントをご紹介しましょう。

  • リアルタイムで中国での接続状況に問題はないか?
  • サーバーの選択肢は自分のニーズに合っているか?
  • 実行速度の実際の状況は?

VPN選びに失敗しないために、契約前にこれらの点をチェックしておくことをお勧めします。

1.リアルタイムの中国からの接続状況

中国で使うVPN

中国で使うVPN選びの際に知っておくと良いのは、今、リアルタイムでそのVPNサービスが問題なく接続できているかどうかという事です。

VPNサービスを提供している会社は数多くありますが、その中には、そもそも中国では利用できない、あるいは、中国では接続状況が悪いというサービスも存在します。

また、中国ではVPNの規制が厳しく、VPN業者とのイタチごっこを繰り返しているので、過去に中国で使えていたVPNサービスが今も使えているとも限りません。

では、確実に中国で使えるVPNサービスを見つけるには、どうすればいいのでしょうか?

実際に中国で利用できているかどうか、現地でのリアルタイムの接続テストを確認するのがベストです。

マサル

中国で繋がると謳ってるVPNも、今現在、100%確実に接続できるとは限りません。

2.サーバーの選択肢がニーズに合っているか

VPNでストリーミングサービス視聴可能

VPN選びの際に確認しておきたい別の点として、サーバーの設置国と数がご自身のニーズに合っているかという事。

例えば、特定の国でしか視聴できないコンテンツを視聴したい場合、その国のVPNサーバーロケーションに接続できなければなりません。

また、アプリやサービスによっては、IPアドレスが「日本」でないと利用できない物がありますので、その場合、接続先は必ず「日本」サーバーである必要があります。

接続速度を重視したいという方であればサーバー数が多く、さらには、ご自身が滞在する場所に近いサーバーが選択できるサービスを選ぶことをお勧めします。

各VPNサービスのサーバーの設置国と数は異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

3.実行速度と遅延を比較

VPNの回線速度

中国で使えるVPNサービスを見分けるには、現地でのVPN接続時に出る実行速度と遅延を確認する事も大切です。

現地で各サービスからVPNを接続し、速度テストで計測してみなければ、本当に問題なく使えるVPNなのかどうかは分かりません。

チェックしておきたいのは、通信速度とPingの数値です。

ダウンロードは、Webページ閲覧には10Mbps、動画視聴には30Mbpsはあった方がいいでしょう。

アップロードは、通常の使用であれば1Mbpsあれば十分ですが、動画のアップロードなどは最低30Mbpsくらいは必要です。

また、2者間にどのぐらい遅延があるのかを数値化した、Ping値も確認しましょう。

SNSやWebサイトの閲覧など一般的な用途であれば、ping値は「150ms」以下、動画視聴やオンライン会議ではping値は「100ms」以下が目安です。

マサル

以上のように中国という特殊な利用環境のため、中国散歩では10以上のVPNの接続テスト、実行速度テストを実施し、リアルタイムで繋がるVPNサービスを紹介しています。

【24年4月】中国で使えるVPNサービス9選&速度テスト結果!

今月使えるVPN8選

2024年4月に実際に中国から行ったVPNの接続テストは、以下のような結果になりました。

今月の時点で、9社のVPNサービスが確実に中国で繋がるか、また必要とする速度が出ているかを確認できます。

さらに、各サービスを利用した際の1年間にかかる料金も記載しています。

速度と料金を比較することによって、ご自身のニーズに合った、コスパの良いVPNを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

マサル

順位は『繋がりやすさ×回線速度×月額料金』のバランスを見て調整しています。

VPNサービス 今月の速度 1年間の料金 クーポン
1位 かべねこVPN 47.46Mbps 5,760円
2位 良之助VPN 63.27Mbps 9,500円
3位 UCSS 78.51Mbps 108ドル(約14,040円)
4位 12VPN 52.94Mbps 119ドル(約15,470円)
5位 Surfshark 47.93Mbps 47.88ドル
6位 ExpressVPN 56.27Mbps 99.84ドル
7位 セカイVPN 21.89Mbps 13,200円
8位 MillenVPN 13.71Mbps 6480円
9位 スイカVPN 2.37Mbps 11,258円

*サービス名をタップすると公式サイトで詳細を確認できます。
クーポンコードは各サービス詳細をご確認ください。

1.かべネコVPN

通信速度も上々で、安定感抜群!コスパ最強中国用VPN!

今月の速度テスト結果

47.46Mbps

回線の契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

かべねこVPNの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが47.46Mbps、アップロードが6.64Mbps、Ping値は60msでした。

今月も調査した中国で使える国産VPNの中で、一番スピードが速かったのが、かべねこVPN。とにかく通信速度がかなり快適です。

急に接続できなくなる様なこともなく、毎月安定して使える安心感がありますので、今月も連続1位の王者を維持。

かべねこVPNはポイント制を採用していて、最大、契約したプランの1.5倍の期間、利用することが可能です。

契約期間中や無料お試し中にVPNを接続しない日があれば、その日のポイントが繰り越しされ、契約期間がその分延長となります。

また、1年契約で1ヶ月あたりの費用は480円と格安なので、VPNサービスの中でもコスパ面で最強と言えるでしょう。

マサル

かべネコさんは、他が繋がらない時にもいち早く復旧してくれるので信頼しています。

日本のVPNサービスなので、かべねこVPNのサポートは全て日本語対応。いざという時にも心強いと評判です。

接続は、専用アプリではなく「OpenConnect」を使用します。

料金 1ヶ月 880円
1年 5760円
2年 -
10%割引クーポン SANPO
安定性
サーバーロケーション 5カ国
同時接続可能台数 4台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 ✖ 2週間の無料お試しあり
10%OFFクーポンコード:SANPO

2.良之助VPN

 国産VPNで優れた通信速度!超短期利用にも対応

今月の速度テスト結果

63.27Mbps

回線の契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

良之助VPNの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが63.27Mbps、アップロードが16.88Mbps、Ping値は65msでした。

良之助VPNは、接続状況が不安定になりがちな中国でも、いつも安定して使えていますし、通信速度も優れています。

最初のつながりもスムーズで、動画も止まらずストレスフリーなので好印象です。

また、良之助VPNには専用アプリがあるので、接続も簡単なのもお勧めポイント。

ただ、他のVPNサービスと比べると、料金に対して同時に接続できる台数は少ないです。

一番安いプランだと同時接続台数は2台のみ、最高4台までは増やせるのですが、台数を増やすごとに料金が上がります。

良之助VPNの料金プランの特徴として他社にはない、3日間、1週間、2週間、3週間の超短期の料金プランが提供されています。

これらのプランは1000円以下で利用できるので、中国滞在がそれほど長くない方も気軽に使えるでしょう。

料金 1ヶ月 950円
1年  9500円
2年  ー
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 3カ国
同時接続可能台数 2台~4台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 ✖ 1週間の無料お試しあり

3.UCSS

 通信速度は断トツ1位!中国で安定して使えるVPN

今月の速度テスト結果

78.51Mbps

回線の契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

UCSSの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが78.51Mbps、アップロードが11.28Mbps、Ping値は364msでした。

今月も比較した9社の中で、スピードが圧倒的に優秀でした。

UCSSは、規制の厳しい中国でも非常に安定して高速なネット環境を楽しめるVPNサービスと言ってよいでしょう。

また、海外産VPNの中では珍しく、UCSSは日本人スタッフのサポートがあるのも、ありがたい所です。

UCSSの利用料金は、他サービス、特に国産VPNと比べると若干高め。

月間データ通信量を50GB~500GBの間から選ぶ必要があり、当然ながら使用量を増やすごとに料金もさらに上がります。

ちなみに中国向けの一番安いプランと言うと、1年契約で月間データ転送量50GBで1カ月あたり1,170円です。

ただ、データ転送量を消費しないフリーのアメリカロケーションも準備されているので、サーバーのロケーションがアメリカでも問題なければ安いプランで十分です。

通信スピードの快適さやサービスの良さを考えると、コスパは悪くないと思います。

マサル

とても快適ですが、かかる費用だったり、データ転送量を気にしないといけないシステムだったりと使う人を選ぶVPNサービスです。

料金 1ヶ月 ー
1年 108USドル
2年 ー
割引クーポン
安定性 高 
サーバーロケーション 16カ国
同時接続可能台数 3台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android・Linux・OpenWrt
専用アプリ
日本語サポート
返金保証

4.12VPN(12VPX)

専用アプリを使えば接続台数無制限!通信速度もかなり優秀

今月の速度テスト結果

52.94Mbps

回線の契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

12VPNの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが52.94Mbps、アップロードが10.84Mbps、Ping値は114msでした。

先月は12VPNが意外にも17.06Mbpsと、かなりスピードを落としましたが、今月は見事に回復。

やはり、速度の低下は一時的な問題だったようで安心しました。

12VPNの1つのメリットは、同時接続台数が多い所です。アカウントあたり最大6台まで同時に接続して利用できるので便利。

ご家族で共有したい場合や複数のデバイスで利用したい方には、ありがたいサービスですね。

12VPNは、QRコードを読み込むだけで設定が完了するので、使い方もとにかく簡単です。

料金は、1年の長期契約でも1カ月、約1300円。今回ご紹介しているVPNサービス9社の中では最も高い設定。

とはいえ、中国での接続速度や安定性、同時接続台数を求める方は少し高くても12VPNを使いたいと思われるかもしれません。

ちなみに、12VPNは海外産VPNなので、日本語でのカスタマーサポートはしていません。

マサル

月額料金が高くつくのが残念ポイントですが、クーポンコード「sanpo」を入力すると、最初の1年間だけは30%OFFで利用できます。

料金 1ヶ月 12.95ドル
1年 83.4ドル
2年 ー
40%割引クーポン sanpo
安定性
サーバーロケーション 47ヶ所以上
同時接続可能台数 6台(iPhoneなど無制限)
対応OS Windows・Mac・iOS・Android・Linux・Chrome・ルーターなど
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 14日間返金保証

5.Surfshark

しばらく中国では接続不安定だったのが復活!しかもかなりのスピード

今月の速度テスト結果

47.93Mbps

回線に契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

Surfsharkの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが47.93Mbps、アップロードが0.64MbpsPing値は852msでした。

先月のテストでは規制が厳しい時期と重なったのか、Surfsharkは接続できませんでしたが、今月は無事に回復してスピードもかなり優秀な結果に。

ただ、時々つながりにくくなる事やロケーションを日本にすると極端にスピードが落ちてしまう点など、安定性に不安材料が見られます。

そのため、ランキングでは上位にランクインできませんでした。

Surfshark同時に接続できる台数が無制限な所が魅力的ですし、デバイス毎に専用アプリがあるから接続も簡単

また、Kill Switch機能」を搭載しているので、セキュリティ面にも安心感があります。

料金 1ヶ月 10.99ドル
1年 47.88ドル
2年 55.72ドル
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 100カ国
同時接続可能台数 無制限
対応OS Windows・Mac・iOS・Android・Linux
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 30日無料返金保証

6.ExpressVPN

中国でも接続が安定傾向に。今後が期待される大手プロバイダ

今月の速度テスト結果

56.27Mbps

回線に契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

ExpressVPNの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが56.27Mbps、アップロードが4.00MbpsPing値は360msでした。

先月は接続できなかったExpressVPNでしたが、今月は目を見張るほどの回復を見せたので、正直驚きです。

ただ、ロケーションを日本にすると速度が1.09Mbpsとかなり遅く、日本の動画視聴コンテンツを観るのは不可能と思われますので、上位には上がりませんでした。

中国では、これまで問題なく使えていたVPNサービスが全く使えなくなってしまうことや、今使っているVPNが一時的につながりにくくなる、という事は日常茶飯事。

ですから、VPNを選ぶ際にはサービス各社の過去の情報ではなく、今現在、問題なく使えるかどうかの確認が重要になってきます。

ExpressVPNは海外産VPNですが、ライブチャットとメールで24時間、日本語での手厚いサポートもありますし、専用アプリも使いやすい良いサービスです。

料金 1ヶ月 12.95ドル
1年  99.84ドル
2年  ー
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 94カ国
同時接続可能台数 5台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android・Linux・OpenWrt・ルーター
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 30日間返金保証

7.セカイVPN

世界VPNのロゴ

無料お試し最大2か月間!電子機器が苦手な人にも使いやすいVPN

今月の速度テスト結果

21.89Mbps

回線に契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

セカイVPNの今月の速度テストは、ダウンロードが21.89Mbps、アップロードが8.91Mbps、Ping値は86msでした。

一時期は接続もままならなかったセカイVPNでしたが、今月も、スピードが先月の20.39Mbpsとそれほど変わらず、安定感の回復を感じさせます。

これからも中国で安定して使えるサービスとして、さらなる向上を期待したいところですね。

セカイVPNの最大の特徴は、他のVPNサービスにはない最大2カ月間の無料お試しができるという所。

無料期間を設けているVPNサービスはありますが、2カ月という長期に及ぶのはセカイVPN以外にありません。

また、日本のVPNならではの手厚いサービスもあり、マニュアルから手続き全般、カスタマーサポートまで、全て日本語なので、電子機器が苦手な方でも安心です。

料金 1ヶ月 1100円
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 10カ国
同時接続可能台数 3台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android
専用アプリ
日本語サポート
返金保証 ✖ 2カ月間の無料お試しあり
【公式】セカイVPN
インターリンク株式会社

8.MillenVPN

国産VPNでありながら格安な価格帯!今月は接続不安定

今月の速度テスト結果

13.71Mbps

回線に契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

MillenVPNの今月の速度テスト結果は、ダウンロードが13.71Mbps、アップロードが8.77MbpsPing値は77msでした。

先月は接続ができませんでしたが、今月のテストでは回復を見せてくれました。

ただ、回線速度はまだまだ十分とは言えないレベルですので、今後の中国対策に期待したいところです。

MillenVPNは速度面では平均的なのですが、やはりMillenVPNの強みはコスパの良さ。

特に長期利用の2年プランにすると月額396円と格安で、他社と比べて群を抜いて安いです。

サーバーロケーションの数が多いので、中国滞在中でも日本や海外の動画が幅広く自由に楽しめます。

また、国産VPNですから、手続きは全て日本語対応。きめ細やかなサポートを受けられるので安心です。

同時接続台数も10台と多いので、複数端末で使ったりご家族と共有して使うこともできます。

中国では専用アプリが使えませんのでOpenConnect」を使用しての接続となります。

マサル

2年契約だと安いので、VPNの保険としての2つ持ちにもおすすめです。

料金 1ヶ月 1580円
1年  6480円
2年  8640円
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 72カ国
同時接続可能台数 10台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android
専用アプリ 〇(中国では使用不可)
日本語サポート
返金保証 30日無料返金保証あり

9.スイカVPN

同時接続50台まで可能!家族と一緒に使いたい放題

今月の速度テスト結果

2.37Mbps

回線に契約速度:100Mbps
計測地:上海
回線契約:電信

スイカVPNの今月の速度テストは、ダウンロードが2.37Mbps、アップロードが3.60Mbps、Ping値は308msでした。

今月もスピードテストはクリアできたものの速度が遅すぎるので、今の所、スイカVPNは中国では快適に使えるレベルとは言えません。

インターネットの規制が厳しい中国では、これが現実なんですよね。中国でのスイカVPNの利用状況については、引き続き進展を見守りたいと思います。

スイカVPNの強みは、デバイスが50台まで同時接続が可能という所。家族が複数デバイスを持っていても、全てVPNにつなげることが可能です。

また、スイカVPNは日本企業が提供するVPNサービスなので、マニュアルやサポートも完全に日本語で対応してくれます。

電子機器を使うのがあまり得意でない方には、国産VPNのスイカVPNだと安心かもしれません。

1カ月、3カ月、6カ月の短期プランの料金が他サービスと比べて安いので、中国の滞在期間が1年以下の方に、スイカVPNはお勧めです。

料金 1ヶ月 1097円
1年  11258円
2年  21094円
割引クーポン
安定性
サーバーロケーション 24カ国
同時接続可能台数 50台
対応OS Windows・Mac・iOS・Android
専用アプリ ◯※Androidのみ
日本語サポート
返金保証 ✖ 30日間の無料お試しあり

【24年4月】テストして使えなかったVPN

使えなかったVPN

ネット上では中国でも繋がると書いてあっても、実際には使えないという事があるので、信用できる情報の必要性を感じます。

そこで、ここからは接続テストを中国で行い、24年4月現在、使えないことが明らかとなったVPNサービスをご紹介します。

中国に着いてから、契約しておいたVPNが使えないことが発覚。なんて事になったら、本当に困りますよね。

近いうちに中国に滞在予定のある方は特に、下記に挙げる使えなかったサービスもご確認ください。

NordVPN

今月の速度テストでは、NordVPNは接続そのものができませんでした。今のところ中国では使用できないのが現状です。

NordVPNは、できれば中国で使えるようになってもらいたいVPNの1つ。

高度なセキュリティ機能を複数採用しているので、特に安全性を重視するユーザーにはお勧めです。

また、専用アプリも便利ですし、コスパも割と良いサービスなので、使えないのは残念すぎます。

これから毎月速度テストを続け、NordVPNの動向を見守りたいと思います。

VPNに関するQ&A

よくある質問

中国で使用できる接続方式(プロトコル)は?

中国で実際に使ってみて、安定した接続ができると個人的に感じるプロトコルは、以下の通りです。

  • IKEv2
  • OpenConnect
  • Shadowsocks
  • Ryo VPNアプリ(独自システム)

PPTP、OpenVPNは、中国でつながりにくい印象があります。

契約する前に各VPNサービスで使えるプロトコルの種類を確認しておきましょう。

中国でVPNの使用は合法?違法?

結論から言いますと、中国ではVPNの個人利用を全面的に禁止しているわけではありません。

日本人の感覚からは理解しがたいのですが、「違法だけれども、犯罪とは判断しない」というスタンスのようです。

そのため、中国で外国人の多くはVPNを利用していますが、VPNを使用したという理由で摘発されたケースはありません。

ただし、VPNで違法な書き込みや中国政府に対する批判など、問題のある行動を行った場合は「犯罪」とみなされますので、注意しましょう。

https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/041100064/061300006/

VPNサービスは一つで大丈夫?

VPNサービスは、メインとサブの2つ持ちをしておくと、より安心です。

なぜなら、規制が強化される時期には特にですが、一時的にVPNの接続が切れたり、速度が不安定になる事があるからです。

中国ではVPNに接続しないと利用できないアプリやウェブサイトなどのサービスを、常に使える状態に保ちたいなら、VPNの2つ持ちをお勧めします。

無料のVPNは中国で使えないの?

中国で無料のVPNを使うことは可能ですが、セキュリティ面の安全性にかなりのリスクがあります。

無料のVPNはノーログを保証していませんので、悪用しようと思えばいくらでもできる状態です。

端末のマルウェアの感染や個人情報の転売、詐欺やクレジットカードの不正利用などの被害にあう可能性がありますので、無料のVPNはお勧めできません。

中国からVPNのサイトにアクセスできないけどどうしたら良い?

中国渡航前にVPNサービスを契約、ダウンロードしておくのがベストです。

中国からアクセスできるように対策しているVPNサービスもありますが、手続きが若干面倒です。

ほとんどのVPNサービスが提供している、無料お試し期間や無料返金保証を活用しましょう。

あらかじめ幾つかのVPNを契約しておき、中国渡航後にご自身に合った、最適のサービスを選ぶことができます。

VPNを使って中国でも快適なネットライフを!

中国散歩

今回、24年4月に行った、中国で今使えるVPNの速度テスト、さらには、中国で今は使えないVPNをご紹介してきました。

中国渡航前にVPNを契約しておく必要があるのに、中国で使えるかどうかは現地に到着しないと確認する事ができません。

そこで、本サイトでは、中国からVPNサービスの速度テストを行い、リアルタイムの結果を毎月更新してまいります。

今月の1位

かべねこVPN

必要十分な速度に、安心して使える安定感、そして月額料金の安さと、今月選ぶなら、かべねこVPNをおすすめします。

 

よく読まれている記事
おすすめの記事