日本のバッグメーカーであるエース株式会社の日本製ブランド・プロテカから、ブランド初の指紋認証機能を搭載したスーツケース「スタリア Vs TOUCH」が発売されました。

スーツケースも指紋認証の時代へ

「スーツケースの鍵を紛失してしまった…」、「ダイヤルロックのカギ番号を忘れてしまった…」

こんな旅行中のよくあるトラブルを防ぐために、セキュリティー性の高い生体認証(指紋認証ロック機構)がスーツケースに初搭載されました。

セキュリティー性を高めるだけでなく、鍵を取り出したり、番号を合わせたりといったこれまで当たり前だった作業が、指をタッチするだけでよくなり、旅が更にスムーズで快適になります。

最大5つの指紋まで対応

今回発売されたプロテカ「スタリア Vs TOUCH」には、5つの指紋まで登録が可能。

そのため家族でスーツケースを共有したり、片方の手で荷物を持っていたりしても、荷物を持ち替えたりする手間なくスムーズに解錠が可能です。

また、万が一電池が切れてしまった時にも利用できるキー式のロックも搭載しています。

指紋認証だけじゃない日本製プロテカ・スタリアの使いやすさ

目新しい機能だけがプロテカの魅力なわけではありません。

国内唯一の国産工場で生産されるプロテカのスーツケースには、旅行をより快適・安全にしてくれる日本ブランドならではのこだわりがぎっしりと詰まっています。

移動快適性を高める「サイレントキャスター®」

スーツケースの快適性を決める重要な部品の一つであるキャスター。

プロテカ「スタリア Vs TOUCH」には、プロテカ独自開発のベアロンホイールが搭載されています。

摩擦抵抗を極限まで減らした高耐久性クロム鋼ベアリングを採用することで、重い荷物を入れても、滑るようになめらかな走行を可能にしています。
「プロテカを一度使うと、他のブランドが使えなくなる」とよく言われる所以です。

安全性を高めるキャスターの「ストッパー機能」

手元のスイッチを押すだけで、車輪を固定できるストッパー機能が搭載されています。

揺れる電車の中や傾斜ののある場所でも、不用意な走行を防ぎます。

人間工学に基づいた「エルゴノミックハンドル」

スーツケースのハンドルには、安定した持ち心地で疲労も軽減する「エルゴノミックハンドル」を採用。

握った際に自然と手の形にフィットする設計です。
ラゲージレーンからスーツケースを下ろしたり、階段の上り下りなど、スーツケースを持った時に違いがわかる、日本ブランドのプロテカらしい気遣いです。

使い勝手に優れる「内装仕様」

プロテカ「スタリア Vs TOUCH」には、両面ファスナー仕切りの使い勝手の良い内装仕様が採用されています。

メッシュ仕様でファスナーを開けなくても中身を確認することができ、荷崩れも防ぎます。
最近のスーツケースはハイブランドでも軽量化を追求するあまり、内装が簡略化されたモデルが多いですが、内装の使いやすさはさすがのプロテカです。

3年間の無償製品保証「プロテカ プレミアムケア」

ラゲージ業界唯一の航空会社に預けている際の破損にも期間内何度でも無償保証対応する「プロテカ プレミアムケア」

プロテカのスーツケースは他ブランドと比較しても決して一番安いわけではありませんが、日本製の安心感は購入後も期間内何度でも3年間ずっと続きます。

プロテカ「スタリア Vs TOUCH」の詳細

  • ブランド名:プロテカ
  • シリーズ名:スタリアVsタッチ
  • カラー:2色展開(ブラック/ダークシルバー)
  • サイズ:3サイズ展開
サイズH50×W40×D25cm
(機内持ち込みサイズ)
H56×W45×D29cm  H69×W54×D33cm
重量 3.1Kg3.7Kg 5.1Kg
容量37ℓ53ℓ 98ℓ
本体価格66,000円69,000円 77,000円

プロテカのスタリア以外の人気スーツケースも確認したい方は、特集記事からどうぞ

特集記事:プロテカの特徴|口コミや評判のスーツケース&安く買う方法も!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう